◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆
カテゴリ  【 ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆ 】

膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ - 性交痛を防ぎ、膣奥を性的開発するとは

◆痛み無く膣奥を性的に開発する動き方

 「膣イキできるようになるため」や「性交痛をなくすため」には、
 男性器を挿入した後の動かし方が大事な要素である場合が良くあります。
 性交痛がなく、さらに膣で快感を得られる動き方とはどのような動き方でしょう。
[ 2011/06/13 00:30 ] ⇒挿入後の男性の動き方 | TB(0) | CM(-)

膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ - 膣奥の痛みの軽減。膣内の性的開発。ポルチオ開発の為にも

 前の章【痛み無く膣奥を性的に開発する動き方】からの続きです。

◆膣奥の刺激を快感に変える動き方

 『膣奥を性的開発する方法』、『痛み無く、膣奥で感じられるようにする方法』を紹介します。
 膣奥で起こる刺激や揺れを快感だと受けとめられる段階まで性的に開発する方法です。

[ 2011/06/13 01:00 ] ⇒挿入後の男性の動き方 | TB(0) | CM(-)

膣イキ(中イキ)に恥骨を起点とする動き - 膣が動く、子宮が動く、ポルチオ開発の為にも

◆膣イキのために、男性器のサイズよりも重要な事

 「イケない」とか「性交痛がある」とか「不感症だ」とか、様々な性行為の悩みがある女性がいます。
 セックスで、俗に「膣イキ」あるいは「中イキ」と言われる絶頂感を得ることが出来ない女性は多くいます。
 
 女性がイケなくても、自分にとっての「良いセックス」は誰にでも出来るはずなのですが、イクという「身体の満足」を求めるとなかなか手に入れるのが難しくなります。
 
 イケないと、
 女性の中には、自分の身体が悪いと考える人もいれば、
 男性側に問題があると考える人もいます。
[ 2011/06/13 07:00 ] ⇒恥骨を起点とする動き方 | TB(0) | CM(-)

膣イキ(中イキ)に恥骨を起点とする動き - 恥骨が起点の動きとは

 前の章【膣イキのために、男性器のサイズよりも重要な事】からの続きです。

◆恥骨が起点の動きとは

 セックスで男性器の挿入による膣イキをするには、
 男性と女性の「恥骨」が常に接触している様にしながら動く事が有効です。

 「恥骨」とは、左右の骨盤が体の前部で合わさっている部分。いわゆる股間のあたりの事です
 
 男性は女性の恥骨から自分の恥骨が離れない様に腰を動かしてください。
 そうすると、恥骨と恥骨がこすれる様な動きになったり、恥骨に押しつける様な動きや、抜き刺しの動きも恥骨を軸にした様な動きになるはずです。

[ 2011/06/13 08:00 ] ⇒恥骨を起点とする動き方 | TB(0) | CM(-)

女性の騎乗位での動きについて - 膣イキ(中イキ)するための騎乗位の利点、女性の動き方

◆騎乗位の利点

 セックスの男女が結合する体位に「騎乗位」があります。
 男性があお向けに寝て、女性がその身体にまたがって結合する体位です。
 
 セックスには、俗に「イク」と言われる絶頂感があります。
 その絶頂感の中でも、膣イキ(中イキ)が出来ない女性は多くいますが、
 この騎乗位は、女性が膣イキを得やすい体位の一つだと私(筆者)は考えます(ただし、女性にとって、相手の男性の性器の大きさや形状が、充分に挿入感を得られる物であった場合)。
[ 2011/06/13 18:00 ] ⇒騎乗位の女性の動き方 | TB(0) | CM(-)

女性の騎乗位の動き方について - 膣イキ(中イキ)するための体勢の選択と効果的な動き方

 前の章【騎乗位の利点】からの続きです。

◆体勢の選択と効果的な動き方
 
 以下の説明は、男性の性器の大きさや形状が、女性にとって充分に挿入感を得られる形状で、その女性にとって大きすぎないサイズ、あるいは小さすぎないサイズの男性器であるという前提で書きます。
[ 2011/06/13 19:00 ] ⇒騎乗位の女性の動き方 | TB(0) | CM(-)

女性の騎乗位の動き方について - 膣イキ(中イキ)するための騎乗位のバリエーションと注意点

 前の章【体勢の選択と効果的な動き方】からの続きです。

◆その他の体勢と男性も動くべきかどうか、注意点
 
 前の章で「膣内の形状と男性器の形状との相性によって、またがっている女性の体勢も変わります」と書いた様に、性器同士の相性によっては、
 女性が男性に「背を向けてまたいで挿入した体勢」の騎乗位の方が良い場合もあります。
[ 2011/06/13 20:00 ] ⇒騎乗位の女性の動き方 | TB(-) | CM(-)

イッているとは?イッている事に気づく - 女性がイッているかを判断する基準。セックスフラッシュ、バルーン現象など

 ◆女性がイッているかを判断する基準 - セックスフラッシュ、バルーン現象、その他

 オーガズムとも言われる、女性の「イク」という絶頂感とはどんな事なのかを簡単に説明すれば
 「イクは、快感の頂点で、その頂点の時に身体に起こった事が、頂点を過ぎた後もしばらく継続する状態」だと言えると思います。
 
 そして、女性のオーガズムには、全身の筋肉の緊張とその緊張からの開放が基本として必要です。
 ただ、筋肉の緊張を必要としないでイクことが出来る女性もいますが、
 多くの女性はイクことに筋肉の緊張が必要とされます。
 そして、セックス中にイクために筋肉の緊張をするには、適切な性的刺激と性的興奮と、セックスの最中の「精神的な没頭と意識の集中」がいるのです。

 オーガズムが起こる前兆としての女性の身体の変化は、
 「俗に「ビラビラ」と言われる小陰唇が左右に開きはじめ膣口が広がる」
 「膣内部や女性器全体が赤みを増して、ふっくらと充血してくる」
 などが見られると言われます。
 そして「イク」がやってきます。
 
 クリトリスを刺激してイク「クリイキ」の場合。
 イケているのであれば、それは女性自身がハッキリとわかります。
 身体に力が入り、意識が普通ではいられないような状態になります。
 「イケているのか良く分からない」という気分であれば、それはイケていません。
 (まれに、クリイキで身体(筋肉の緊張)の反応が弱い女性もいますが、それでも意識でわかるはずです)
 
 さて、
 セックス中の女性の「イクー!」という言葉を信じてはいけない、と昔から良く言われます。
 セックス中に演技をする女性は多くて、「イクー!」という言葉でイッたフリをするから、
 男性はその言葉で女性が絶頂感を得たかどうかを判断してはいけないと言うわけです。
 
 だから、「イクー!」という言葉を信じないで、女性の身体の反応を見なさいというのも昔からの教えです。

イッているとは?イッている事に気づく - 膣イキ(中イキ)していることに気づかない女性とは

 前の章【女性がイッているかを判断する基準】の続きです。

◆膣でイッていることに気づかない女性
 
 性行為で絶頂感を得られない女性は多くいます。
 「オナニーならイケるがセックスだとイケない」
 「オナニーもセックスも、まったくイケない」
 「クリトリスならイケるが、膣ではイケない」などなど、絶頂感が得られない状態は人によって様々です。
 
 クリイキは、「今、私はイッている」とハッキリわかる意識と身体の緊張が出るのに対して、
 膣イキ(中イキ)の場合は、クリイキの時とは違う意識と身体の反応が出ると人がほとんどです。

 その違いのために、膣イキが出来ない女性の中には「イッていることに気づけない人」がいます。
 絶頂状態にあるのに本人がそれに気づかないのです。
 
 「クリトリスの絶頂感(クリイキ)」と「膣での絶頂感(膣イキ)」は違うものなのですが、
 クリトリスの絶頂感しかしらないので膣でも同じ絶頂感来るものだと思い込んでいると、
 膣で絶頂感が起こっていてもそれを感じられないという現象が起きるのです。
 メガネをかけているのにメガネを探す人に似ているかもしれません。

 事例集でもクリイキと膣イキを混同している女性の実例を紹介していますが⇒『クリトリスとは違うんだね』
 自分がイッていても、自分が絶頂中であることを実感出来ないのです。
 知らない事は認知出来ない、という状態です。
 
 イク時には、脳の腹側被蓋野(VTA)という部位とA10神経からドーパミンが放出された領域の活動が活発になります。
 さらに、脳の左腹内側皮質と眼窩前頭皮質の活動が低下します。
 これが低下することで、イッている間は、論理的な思考を行いにくくなったり、自分を制御できなくなったりします。
 
 クリトリスでイクのも、膣でイクのも、脳の中の活性化する部位は同じですが、
 身体と意識の反応の出方が違うので、絶頂感が異なってきます。
 例えるなら、同じ料理でも、料理人が違うので味付けが違うということです。
 
 次の章では、膣でイケていることがわからない女性が、イッていることを自覚するには、どうすれば良いかについて書きます
 次の章へ⇒【膣でイッていることを自覚するには】
 

イッているとは?イッている事に気づく - イッていることを自覚するには

 前の章【イッていることに気づかない女性】の続きです。

◆膣でイッていることを自覚するには
 
 女性のイクという反応には、クリトリスでイク「クリイキ」の他に、膣内快感でイク「膣イキ(中イキ)」があります。
 
 この膣イキが出来ない女性はとても多くいて、
 性について記事を書いていると「私はイケているんでしょうか?」という質問は良くされます。
 「なんとなくイケている気がする。けど、わからない」とか、
 「自分がイケているのかどうか疑問だ」という女性は良くいます。

性的開発の段階 - 膣奥の開発。浅い膣イキ、深い膣イキの違い。

 ◆イクための開発段階

 俗に、女性の性器周辺の性的開発は、「クリトリス」→「大陰唇、小陰唇、膣口入り口付近」→「膣内」という順番に進むと言われます。
 他にも「クリトリス」→「Gスポット」→「ポルチオ」という順番だとも言われます。
 これらの考えによると、クリトリスでイクこと(オーガズム)を覚えてから膣イキを知る女性が多いという理屈になります。
[ 2011/06/27 11:00 ] ⇒浅い膣イキ、深い膣イキ | TB(0) | CM(-)

性的開発の段階 - 深い膣イキを得るための膣奥の開発

 前の章【深イキをするための開発段階】からの続きです。

 ◆深い膣イキをするために膣奥を開発する方法
 
 多くの男性は、女性の膣奥を感じさせようと思うと男性器を挿入してガンガンと膣奥を突きたがるものです。
 が、ガンガンと突かれるのは気持ち良いどころか痛みしかないという女性は多くいます。
 
 膣奥が開発されている女性でなければ、男性は突くのは止めておくべきだと思います。
 
 では、女性の膣奥の政敵開発すすめるために、男性はどのように動けば良いのか。
[ 2011/06/27 12:00 ] ⇒浅い膣イキ、深い膣イキ | TB(0) | CM(-)

セックスで膣イキ(中イキ)をするためのテクニック『ブリッジ法』 - クリトリスから膣への橋渡し

 セックスで、絶頂感を得られないことに悩んでいる女性は良くいます。
 特に「膣イキ」が出来ない女性はとても多くいます。
 
 女性を膣イキに導く方法として「ブリッジ法」といわれるものがあります。
 
 「ブリッジ法」は、簡単に言えば、セックスで挿入しながらクリトリスを刺激するという方法です。
 
 男性は自分の性器を膣に挿入したまま女性のクリトリスを刺激します。
 あるいは、男性に挿入されたまま女性自身がクリトリスの刺激します。

 男性が刺激するのか女性が刺激するのかはより効果がありそうなほう選択すれば良いです。

 そのまま、膣の挿入と一緒にクリトリスへの刺激を続ける。

 あるいは、
 そのクリトリスの刺激によってクリトリスでイキそうになったら、イク直前にクリトリスへの刺激をやめて、その高まりのまま、男性器を挿入されている膣によってイク(膣イキする)
というわけです。
 クリトリスを刺激している間も、男性は腰を動かし続けます。
 腰の動きはゆっくりで良いです。早く動く必要はありません。
 クリトリスへの刺激を止めた後に膣イキ出来なくても、またクリトリスへの刺激を始めます。あせらず、何度もトライするのです。
 
 これが「ブリッジ法」です。
 
 ただ私の経験からの解釈ですが、
 ブリッジ法には応用しだいで他にもバリエーションがあると思います。

 上記した方法よりも他のバリエーションの方が有効な場合があります。 
 たとえば、クリトリスへの刺激でイク寸前で止めずに、
 あえてクリトリスでイカせてしまう方法です。
 女性の中には、膣の刺激を受けながらクリトリスでイッていると、いつのまにか膣でもイケるようになる人がいたり、
 
 また、何度もクリトリスでイカせてしまう方法もあるでしょう。
 どうしても膣よりクリトリスで快感を得るのが優先になってしまう女性には、
 「もうこれ以上はクリトリスでイケない」となった後に膣で感じられるようになる人がいます。
 
 どんなバリエーションであれ、「ブリッジ法」は、得意な部位から不得意な部位にスイッチさせて不得意を得意に変えていくという、人の脳をチョッとだます方法だと言えるでしょう。
 
 膣イキできなくて悩んでいる女性でクリトリスでは充分に快感を得られる人であれば、「ブリッジ法」を試してみるのも良いと思います。
 
 (終)
 

『潮吹き』をすると膣イキ(中イキ)しやすくなるという説は本当か? - 潮吹きのガマンと尿意のガマンについて

 「『潮吹き』をした後のほうが、膣イキをしやすくなる」という意見を良く聞きます。
 自称・指技師の男性に多い意見のようです。
 
 ゴールドフィンガーで有名な某AV男優が世に広め、
 アダルトビデオに良く登場する『潮吹き』ですが、
 「潮を吹くこと」と「膣イキ」は別物です
 
 潮を吹きながら膣イキする女性はいますが、それぞれ別な現象なのです。
 
 「潮を吹いたほうが膣イキしやすくなる」というのは本当でしょうか。
 「潮ならいくらでも吹けるけど膣イキは出来ない」と言う女性は多くいますから、「潮を吹いたほうが・・・」というのは正しいとは言えません。
 
 膣内への刺激で「潮が出そう」という感覚や「オシッコ出そう」という尿意が起こるせいで、
 膣内の快感がうまく得られなくなっている女性がいます。

「素」では無い自分になることが性的興奮を高める - 絶頂感への変身

 ◆イクために素ではない自分に変身する

 『セックスに集中するということ』という題名の記事の中で、
 女性がセックスでイク(オーガズム)には自分の内面に意識を向けて集中することが大事だという内容を書きました。
 
 性的な事には良く「興奮」という言葉が登場します。
 「興奮する」「興奮させる」「興奮した」「興奮しそう」。
 男女共に、性的に興奮している時は、それが身体の反応に現れます。
 もちろん身体だけでなく意識(脳、心)にも現れます。
 
 興奮している状態は日常の自分の「素」の状態では無いです。
 ニュートラルでは無い自分。 

 私は、女性がセックスで快感を増やす為には、この「素」では無い状態にする(なる)ことが必要だと考えます。
 例えば「興奮」していない様に見える時でも、
 好きな男性に抱かれて幸せいっぱいという「多幸感」な状態も「素」では無い状態です。
 「素」では無い状態とはリラックスしているということではありません。
 マッサージでリラックスしている時も、リラックスしているという「素」では無い状態なのです。
[ 2012/06/15 11:00 ] ⇒絶頂感のための拘束とは | TB(0) | CM(-)

「素」では無い自分になることが性的興奮を高める - 抱きしめる事の効果

 前の章【イクために素ではない自分に変身する】からの続きです。

 ◆女性を抱きしめる事の効果

 「抱きしめる」ということは、そうするだけで女性に大きな影響を与えます。
 どんな時でも、女性にとって「抱きしめられる」という事は、心にも身体にも影響を与えるのだと考えられます。
[ 2012/06/15 12:00 ] ⇒絶頂感のための拘束とは | TB(0) | CM(-)

括約筋で膣イキ(中イキ)出来るようにする - 括約筋の開発方法

 快感を得るためだけにあると言っても過言では無いクリトリスと違って、
 膣内は、特に膣奥は快感を得るためには出来ていない鈍感な作りになっているので、膣奥で快感を得るには脳が「膣奥に快感がある」という働きをしてくれなければなりません。
 そう働いてくれない女性の場合は、いつまでたっても膣奥の快感はないし、膣イキも出来ないわけです。

 「括約筋」も膣内の快感に重要な部位です。 
 セックスで膣内快感と膣イキを得るのには、括約筋で快感を得られるようにしておくのが必要です。
 鈍感である膣奥で快感を得られるのは、括約筋などからの快感がきっかけになります。
『セックスでイク為の筋肉の緊張と膣圧の改善』の記事や
『性行為のための筋トレ』
 などの記事を参考に、
 女性は膣周辺の筋肉、骨盤内の筋肉を鍛えながら、
 膣内から「括約筋」を刺激して快感を得て、膣での快感を増やし、膣イキ出来る様にしてみましょう。
 この記事では、その方法を紹介します。
[ 2012/08/27 10:00 ] ⇒括約筋の性的開発の方法 | TB(0) | CM(-)

膣イキの為の動き。膣内開発の為の動き - 一定のリズムの効果と変化のあるリズムの効果の違い

 『セックスの極意』と言われるような文献や研究のアレコレは、大昔から存在します。
 インドの『カーマ・スートラ』や中国の『房中術』。アメリカの『キンゼイ・レポート』。などなどです。
 
 古くから日本で言われる事に『三浅一深』や『九浅一深』や、
 『「の」の字を書いて、こねまわす』、『「8」の字を書く』というものがあります。
 
 いずれも、セックスで、男性が性器を膣に挿入した後の男性の腰の動かし方を表したもので、
 男性が、その様に腰を動かせば女性が喜ぶということです。
 
 『三浅一深』は、3回浅く出し入れした後に1回深く挿入するというサイクルを繰り返すという意味のことで、
 『九浅一深』は9回浅く出し入れした後に1回深く挿入するというサイクルを繰り返すという意味です。
 『「の」の字を書く』、『「8」の字を書く』は、挿入後、腰の動きで男性器の先が膣内で「の」や「8」の字を書くように動くということです。
 『「の」の字を書く』は腰を押す引く動きで「の」を書くという解釈もあります。
 
 どれも古くから言われている事ですが、
 現在では、言葉の解釈を変えて、これら動きをすれば女性が膣イキしやすくなると言っている人もいます。
  
 「単調な腰の動きよりも、複雑な動きや変化を加えた動きの方が女性は膣イキしやすい」と言う人は良くいます。
 それを言う人の経験の中では、それでうまくいっていたという事ですし、
 私(筆者)も、その女性に適した腰の動きさえ出来れば、どんな動きでも女性は膣イキをすると思います。
 ですが、
 比較的に多くの女性が膣イキしやすいのは『単調な腰の動きの繰り返し』です。

膣イキのためのクリトリスの快感 - 膣イキしやすい膣口付近の快感

 ◆膣イキしやすい膣口付近の快感

 セックスで、
 クリトリスでイケる女性に比べて、膣イキが出来る女性の数は極端に少なくなります。
 
 同じものだと思っている女性が良くいるのですが、
 クリトリスでイクことと、膣でイクのでは、違う絶頂感が起きます。
 
 クリトリスは、性的な快感を得るためだけにある部位だと言っても過言ではありません。
 たくさんの神経が集まっているクリトリスは快感を得やすいので、クリトリスならばイケるという女性は比較的に多く、
 鈍感に出来ている膣では、快感を得られない女性もいるくらいですので、イケる女性は少ないのも当然といえるでしょう。
 
 ですから、膣イキが出来なくてもそれはそれで普通なのですが、
 膣イキを求める女性は多くいます。
 男性側も、女性に膣イキさせたいと思っている人が多くいます。
 そのように男女が互いに求めるので、膣イキ出来ないことに悩む方が多くいます。
 
 私(筆者)にも、「どうすれば膣イキが出来ますか?」という質問は多く届きます。
 
 そんな「膣イキ」には、クリトリスで快感を得られるかが大きく関わっています。

膣イキ(中イキ)するためのクリトリスの快感 - ブリッジ法と女性の自己開発

 前の章【膣イキ(中イキ)しやすい膣口付近の快感】の続きです。

◆ブリッジ法と女性の自己開発

 男性が男性器を膣に挿入したまま、女性のクリトリスを刺激するのも膣イキ(中イキ)を起こしやすくする方法です。
 あるいは、男性に挿入されたまま女性自身がクリトリスの刺激します。
 これは、他の記事で『ブリッジ法』として紹介しいます。

 男性が刺激するのか女性が刺激するのかは、
 やりやすいかどうか、どちらがより気持ち良いか、で選択します。
 
 クリトリスを刺激している間も、男性は腰を動かし続けます。
 
 男性が腰を動かしながらクリトリスを刺激し続ける。
 あるいは、
 そのクリトリスの刺激によってクリトリスでイキそうになったら、イク直前にクリトリスへの刺激をやめて、その高まりのまま膣イキするという方法です。

 
 もし、クリトリスへの刺激を止めた後に膣イキ出来なくても、またクリトリスへの刺激を始めます。あせらず、何度も繰り返すのです。
 これが「ブリッジ法」です。 

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - Gスポットやポルチオなど、 膣内の「どこ」を適切に刺激するべきか。性感帯を見つける。

 ◆膣内の「どこ」を適切に刺激するべきか、「膣口」「恥骨裏(Gスポットなど)」「膣奥(ポルチオなど)」
 
 膣内を刺激する一般的な方法は、「指」か「男性器を挿入する」ことです。
 指で膣内を刺激する事を、俗に「手マン」などとも言われます。
 
 指を挿入し、膣内を刺激して、より多くの快感を与え、膣イキに導くにはどうすれば良いのか。
 一番、気を使うべきは「どの様に刺激を伝えるか」です。
 次に、「どこ」を刺激するか。
 次に、「リズム」です。

 
 この【手の刺激(手マン)のやり方】のカテゴリでは、どこ、触り方、リズム、強さ、女性の体勢によるやり方の違い、手マンをする時の注意点を、各章に分けて解説していきます。
[ 2013/05/28 09:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 手を使って膣内の刺激の伝え方

 前の章【膣内の「どこ」を適切に刺激するべきか】からの続きです。
 
 ◆手を使って膣内刺激するやり方 - 膣口やGスポットなどに、どの様に刺激を伝えるか
 
 前の章でも書いたように、
 指を挿入し、膣内を刺激して、より多くの快感を与え、膣イキに導く時に、一番、気を使うべきは、
 「どの様に刺激を伝えるか」です。
 次に、「どこ」を刺激するか。
 次に、「リズム」です。
 
 Gスポットなどの○○スポットを探すより、「どの様に刺激を伝えるか」の方が大事です。
 ナゼ、「どこ」より「どの様に刺激を伝えるか」の方が大事なのか。
[ 2013/06/02 07:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 手を使って膣奥(ポルチオ)を刺激するやり方

 【膣口やGスポットなどに、どの様に刺激を伝えるか】からの続きです。
 
 ◆手を使って膣内刺激するやり方 - ポルチオなどがある膣奥に、どの様に刺激を伝えるか
 
 
●「膣奥のゾーン」への刺激のやり方ですが、
 このゾーンにはポルチオ(子宮頚部)もあります。

[ 2013/06/02 12:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 膣イキにむけて、刺激のリズムの作り方について

 前の章【手を使って膣内刺激するやり方 - 刺激の伝え方】からの続きです。

 ◆刺激のリズムの作り方について

 前の章でも、すでに書いているように、
 指を挿入し、膣内を刺激して、より多くの快感を与え、膣イキに導く時に、一番、気を使うべきは、
 「どの様に刺激を伝えるか」。
 次に「どこ」を刺激するか。
 そして、次に「リズム」です。

 どの様なリズムを作る刺激が良いのか。
[ 2013/06/03 11:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 女性の体勢の違いに合わせた刺激のやり方について

 前の章【刺激のリズムについて】からの続きです。

 ◆刺激する時の女性の体勢に合わせた刺激の方法ついて
 
 ポルチオの開発方法の記事などでも書いているとおり、
 女性をどのような体勢にして刺激を与えるかは大事な要素です。
 
 同じ事をするのでも、体勢の違いで効果は違ってきます。
 
[ 2013/07/11 07:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 手マンをする時に注意したいこと。バルーン現象と子宮後屈への対応

 前の章【女性の体勢について】からの続きです。

 ◆バルーン現象への対応

 膣内を刺激していると、
 「バルーン現象」あるいは「テンティング」と呼ばれる状態になることがあります。
[ 2013/07/11 12:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

潮吹きのせいで膣イキ(中イキ)が出来なくなる理由

 潮吹きはするけど膣イキをしないという女性は多くいます。
 私(筆者)のところに届く質問にも「潮吹きはするけど膣イキは出来ない」と言うのが、とても多くあります。
 
 膣イキできない理由に、
 潮吹きが膣イキをするジャマをしている場合があります。

イケない女性を膣イキ(中イキ)させるために、男性器の根元の使い方

 ◆男性器の根元をうまく使って膣イキさせる

 膣イキの経験の無い女性を、男性器の挿入で膣イキに導くためには、男性器を使って膣口を付近を刺激する事が必要な要素の一つになります。

イケない女性が膣イキするために、膣快感と膣イキのきっかけになる快感と興奮

 前の章【男性器の根元をうまく使って膣イキさせる】からの続きです。

 ◆膣快感と膣イキのきっかけになる快感と興奮

 前の章でも書いた様に、膣内は、特に膣奥は、本来はほとんど無感覚な部位ですから、
 膣内で起こっている振動や摩擦や、膣内からの振動が伝わってクリトリスで感じた刺激を、「これは膣内の快感だ」と脳が処理してくれなければなりません。

女性が腰を振る騎乗位が膣イキ(中イキ)しやすい理由を解説

 『女性の騎乗位での動きについて』の記事で、騎乗位は、挿入されている男性器を、女性が快感を得やすい位置に調整が出来て、女性の好みの動きが出来るのが利点なので膣イキしやすい体位の一つと書きました。

 そして、『騎乗位の体勢の選択と効果的な動き方』という記事で、女性は「腰だけを前後する動きをしましょう」と書きました。
 ナゼ、この動きが良いのか解説します。
[ 2013/09/26 08:00 ] ⇒騎乗位の女性の動き方 | TB(0) | CM(-)

膣イキしやすい体位について - 膣イキ(中イキ)しやすいには理由がある

 ◆膣イキしやすいとされる体位とその理由

 セックスの挿入体位の数々を、俗に「四十八手」とまとめて呼んだりします。
 その中のいくつかの体位は、女性に膣イキをさせやすいとされます。
 
 それら体位と理由とやり方を紹介します。

膣イキしやすい体位・伸長位(伸展位)について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【膣イキしやすいされる体位とその理由】からの続きです。

 ◆伸長位(伸展位)で膣イキするための解説
 
 『伸長位(伸展位)』は、女性があお向けで脚を伸ばしたままの姿勢で挿入される体位の総称です。
 伸長位には、男女の体勢の違いで「しがらみ(志がらみ)」「しめ小股」「唐竹割り」「浜千鳥」などと呼ばれるバリエーションがあります。
 
 膣イキしやすいされる『伸長位(伸展位)』の長所と短所を見てみましょう。

Gスポットの見つけ方。正しい位置とその刺激のやり方 - Gスポット性感帯の真実と快感の正体

 『Gスポット』は、それが本当に存在するのかどうかを、医学者や科学者が真剣に議論している世界的に有名な膣内の性感帯です。
 
 Gスポットは本当にあるのか。膣のどこにあるのか。そして、その快感の正体は何なんのか解説していきます。

膣イキしやすい体位・寝バックについて - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【膣イキしやすい体位・伸長位(伸展位)の解説】からの続きです。
 
 ◆寝バックで膣イキするための解説
 
 俗に膣イキしやすいと言われるセックスの体位はいくつかあり、「寝バック」もその一つです。
 女性が四つんばいになり男性が背後から挿入するバック(後背位)と違い、
 女性はうつぶせになり、男性が背後から挿入するのが寝バックです。
 体位の四十八手では「敷き小股」という名前が付いています。

男性の腰のピストン運動で膣イキ(中イキ)できない理由。 - 突く動きは、ポルチオや膣でイケるようになった後にする。

 ◆ピストン運動でイケないのは膣内が開発されていないから
 
 私(筆者)は記事の中で、膣イキのための「男性器を膣に挿入した後の腰の動かし方」は、
 男性の恥骨と女性の恥骨がなるべく離れない様に動かすことを推奨しています。
 
 しかし、多くの男女のセックスの場合。
 男性の腰の動きは、膣から男性器を「途中まで抜いて、挿す、途中まで抜いて、挿す」を繰り返す『ピストン運動』になっているのがほとんどです。
 しかし、男性が一生懸命にピストン運動しても、女性が膣イキしないのは、その女性の膣内が開発されていないからです。

膣イキしやすい体位・屈曲位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

前の章【寝バックの解説】からの続きです。

 ◆『屈曲位』で膣イキ(中イキ)するための解説

 『屈曲位』は、膣イキしやすいと言われるいくつかの体位の一つです。
 正常位のバリエーションで、折り曲げた女性の身体に男性が覆いかぶさるように挿入し、女性の脚を男性の肩に乗せます。
 セックスの日本式の体位の四十八手では「深山本手」という名称で呼ばれています。

膣イキしやすい体位・対面座位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【屈曲位の解説】からの続きです。

 ◆対面座位で膣イキ(中イキ)するための解説。女性の動き方

 『対面座位』は、膣イキしやすいと言われるいくつかの体位の一つです。
 座った男性の下腹部に女性がまたがって挿入する体位です。

膣イキ(中イキ)と膣開発する「静」の動き方 - 膣奥への細かな刺激が膣内開発とポルチオ開発をすすめる

 膣イキと膣開発のための男性器の挿入後の動きを『膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ』という記事で紹介しました。
 
 上記の記事では「動的な動き」を紹介しましたが、「静的な動き方」を紹介します。


「男性が喜ぶ名器の作り方」女性が名器になる方法 - 女性の「名器の条件」と「名器の秘密」

 女性の性器の中で、男性を特別に喜ばせる性器のことを「名器」と言ったりします。
 昔から、ミミズ千匹、カズノコ天井、タコツボ、俵締め、と言うように名器も種類がわけられて名称がついています。
 
 名器には、「トレーニングでなれる名器」があります。
[ 2013/12/21 09:00 ] ⇒女性が名器になる方法 | TB(0) | CM(-)

膣イキしやすい体位・『松葉くずし(松葉崩し)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【対面座位の解説】からの続きです。
 
 ◆『松葉くずし(松葉崩し)』で膣イキ(中イキ)するための解説
 
 『松葉くずし(松葉崩し)』、男女の脚を交差させるように挿入する体位です。
 『松葉くずし』は、俗に「膣イキしやすい」と言われる体位です。
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。