◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒イケる身体を作る筋トレの方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』腰をあげおろしする運動 -快感を強め、イケるようになる自己開発【1】

◆筋力と性的快感の関係。腰をあげおろしする運動

 性行為の快感と筋力には関係があります。
 
 イクという表現をされる、性行為の絶頂感を得るためにも基本的には筋力が必要です。
 性行為の絶頂感にもいろんな種類があり、その中には筋力をほとんど必要としないイキかたもあるのですが、
 基本的には、全身の筋肉の緊張、特に、腹筋や下半身の筋肉の緊張が必要です。
 
 さらには、絶頂感を得るには快感への一定の集中が必要ですが、筋肉が緊張することが快感へ集中しやすくさせます。
 また、絶頂感を得るまで時間がかかる女性であれば、性行為をやり続けるためにも集中の持続と体力の持続が必要です。
 
 身体を使って楽しむことには、どんなことにも体力や筋力がいるということですね。
 ただ、子作りの為の性行為であれば、体力はほとんどいらないと思います。

 この記事では、性行為のための筋トレとストレッチを紹介したいと思います。
 筋トレとストレッチの効果によって、主に膣で、性的快感が増えたり、絶頂感を得やすくなったり、絶頂感が強くなったり、濡れにくい女性であれば濡れやすくなるのを目指します。

かかとをあげおろしする運動『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』 - 快感を強め、イケるようになる自己開発【2】

 【筋力と性的快感の関係、腰をあげおろしする運動】からの続きです。

◆かかとをあげおろしする運動をしてみましょう。

 主にふくらはぎの筋トレになります。

    manzokunosusume_ashi_agesage.jpg

 
 壁の前で壁に向かって直立します。
 脚は肩幅くらいに開きます。
 
 壁に両手をあてます。
 壁に体重をあずけてはいけません。あくまでバランスをとりやすくするためです。
 壁に手をあてなくてもバランスが取れる人は、手をあてる必要はありません。
 
 バランスを取りながら、
 両脚のかかとをあげます。
 
 息を吐きながら、真上にあげます。
 
 これ以上あげられないという自分の限界まであげます。
 限界までしっかりとあげたら、
 息を吸いながら、かかとを床に着くギリギリまでおろします。
 
 かかとは床には着きません。
  
 床に着くギリギリまでおろしたら、
 また、真上にあげます。
 
 ギリギリというのが無理な人は床に着いてもかまいません。
 
 あげおろしの動作はゆっくりなほうが負荷が高いです。

 この、かかとのあげおろしを、
 あげておろすで1回。20回~50回を1セットとして、1日に2,3セット行います。
 
 次のに、脚を開いて、腰を落とす運動に続きます。
 次の章へ⇒【脚を開いて、腰を落とす運動】
 

脚を開いて、腰を落とす運動『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』 - 快感を強め、イケるようになる自己開発【3】

 【かかとをあげおろしする運動】から続きです。

 ◆脚を開いて、腰を落とす運動をしてみましょう。

    manzokunosusume_koshiwari.jpg
 【↓解説の動画;観られない場合は⇒https://www.youtube.com/watch?v=Zq5PEdCFLNA
    
 
 「腰割り」とも呼ばれている運動です。

 性感を増やすほかに、
 『濡れない女性が「濡れやすくなる方法」』
 の記事にあるような、膣が濡れる量を増やす効果も狙っています。


 脚を肩幅以上に開きます。
 両足の先はハの字を逆さにした状態、つま先を身体の外側に開きます。
 

 ヒザはつま先と同じ方向を向くようにしながら、
 腰をおろしていきます。
 ヒザの高さと同じになるまでおろします。
 おろしすぎると身体を痛めます。
 ヒザの高さまでおろせない人は途中まででも良いです。
 
 この時、尻は後方に突き出さず、上体が前に倒れないで背筋は伸びた姿勢です。
 ヒザがつま先より内側に入らないようにします。
 
 5秒から10秒かけてあげさげを行います。
 
 あげておろしてで1回。これを10回で1セット。1日に1セットから3セットを行います。
 
 ちなみにこの運動は、腰痛の緩和、予防の効果があります。
 
 次の章では、セックスへの影響の多い腸腰筋のトレーニング法を紹介します
 次の章へ【腸腰筋のトレーニング法】
 

腸腰筋を鍛える方法 『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』 - 快感を強め、イケるようになる自己開発【4】

 前の章【脚を開いて、腰を落とす運動】からの続きです。

 ◆セックスのために腸腰筋を鍛えるトレーニング法

 腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えるトレーニング法を紹介します。
 
 『濡れない女性が「濡れやすくなる方法」』の記事でも紹介しているように、
 腸腰筋は、子宮からのリンパ管がたくさんあったり、
 腸腰筋をストレッチすれば骨盤内の血流を良くする効果が期待できたりと、
 セックスへの影響が多く考えられます。

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。