◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒イカせる挿入後の運動のリズム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膣イキの為の動き。膣内開発の為の動き - 一定のリズムの効果と変化のあるリズムの効果の違い

 『セックスの極意』と言われるような文献や研究のアレコレは、大昔から存在します。
 インドの『カーマ・スートラ』や中国の『房中術』。アメリカの『キンゼイ・レポート』。などなどです。
 
 古くから日本で言われる事に『三浅一深』や『九浅一深』や、
 『「の」の字を書いて、こねまわす』、『「8」の字を書く』というものがあります。
 
 いずれも、セックスで、男性が性器を膣に挿入した後の男性の腰の動かし方を表したもので、
 男性が、その様に腰を動かせば女性が喜ぶということです。
 
 『三浅一深』は、3回浅く出し入れした後に1回深く挿入するというサイクルを繰り返すという意味のことで、
 『九浅一深』は9回浅く出し入れした後に1回深く挿入するというサイクルを繰り返すという意味です。
 『「の」の字を書く』、『「8」の字を書く』は、挿入後、腰の動きで男性器の先が膣内で「の」や「8」の字を書くように動くということです。
 『「の」の字を書く』は腰を押す引く動きで「の」を書くという解釈もあります。
 
 どれも古くから言われている事ですが、
 現在では、言葉の解釈を変えて、これら動きをすれば女性が膣イキしやすくなると言っている人もいます。
  
 「単調な腰の動きよりも、複雑な動きや変化を加えた動きの方が女性は膣イキしやすい」と言う人は良くいます。
 それを言う人の経験の中では、それでうまくいっていたという事ですし、
 私(筆者)も、その女性に適した腰の動きさえ出来れば、どんな動きでも女性は膣イキをすると思います。
 ですが、
 比較的に多くの女性が膣イキしやすいのは『単調な腰の動きの繰り返し』です。
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。