◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒膣イキに必要なクリトリス快感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膣イキのためのクリトリスの快感 - 膣イキしやすい膣口付近の快感

 ◆膣イキしやすい膣口付近の快感

 セックスで、
 クリトリスでイケる女性に比べて、膣イキが出来る女性の数は極端に少なくなります。
 
 同じものだと思っている女性が良くいるのですが、
 クリトリスでイクことと、膣でイクのでは、違う絶頂感が起きます。
 
 クリトリスは、性的な快感を得るためだけにある部位だと言っても過言ではありません。
 たくさんの神経が集まっているクリトリスは快感を得やすいので、クリトリスならばイケるという女性は比較的に多く、
 鈍感に出来ている膣では、快感を得られない女性もいるくらいですので、イケる女性は少ないのも当然といえるでしょう。
 
 ですから、膣イキが出来なくてもそれはそれで普通なのですが、
 膣イキを求める女性は多くいます。
 男性側も、女性に膣イキさせたいと思っている人が多くいます。
 そのように男女が互いに求めるので、膣イキ出来ないことに悩む方が多くいます。
 
 私(筆者)にも、「どうすれば膣イキが出来ますか?」という質問は多く届きます。
 
 そんな「膣イキ」には、クリトリスで快感を得られるかが大きく関わっています。

膣イキ(中イキ)するためのクリトリスの快感 - ブリッジ法と女性の自己開発

 前の章【膣イキ(中イキ)しやすい膣口付近の快感】の続きです。

◆ブリッジ法と女性の自己開発

 男性が男性器を膣に挿入したまま、女性のクリトリスを刺激するのも膣イキ(中イキ)を起こしやすくする方法です。
 あるいは、男性に挿入されたまま女性自身がクリトリスの刺激します。
 これは、他の記事で『ブリッジ法』として紹介しいます。

 男性が刺激するのか女性が刺激するのかは、
 やりやすいかどうか、どちらがより気持ち良いか、で選択します。
 
 クリトリスを刺激している間も、男性は腰を動かし続けます。
 
 男性が腰を動かしながらクリトリスを刺激し続ける。
 あるいは、
 そのクリトリスの刺激によってクリトリスでイキそうになったら、イク直前にクリトリスへの刺激をやめて、その高まりのまま膣イキするという方法です。

 
 もし、クリトリスへの刺激を止めた後に膣イキ出来なくても、またクリトリスへの刺激を始めます。あせらず、何度も繰り返すのです。
 これが「ブリッジ法」です。 
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。