◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】不感症の改善や性交痛の改善などの事例集◆◆

【前編】話すことで消える性交痛 - ある女性の性交痛の解消。初めてのオーガズムの経験

 「ワギニスムス」という現象があります。「膣けいれん」のことで、腟の筋肉が無意識に強く収縮するために起こります。
 性行為に対する記憶や心の何かが「ワギニスムス(膣けいれん)」を起こさせて、それで性交痛になっている女性は良くいます。
 膣が硬く緊張しているところに、(男性はそう思っていなくても)無理に男性器や指を挿入されるものですから痛みを起こすのです。
 女性にとっては、痛みが起きるのでますます性行為に恐怖心が増して、それがさらに膣の収縮を強くするのです。

 「性交痛」とは、性行為の際に女性器に感じる痛みの事です。

【後編】話すことで消える性交痛 - ある女性の性交痛の解消。初めてのオーガズムの経験

 【前編】からの続きです。
 
 さらにMさんは、はじめての膣イキも経験しました。
 『』内はMさんからのメールの言葉です。
 
 『「イク」とどうなるか、ずっと人生の疑問だったけど、あんなに深くて内から熱いモノが湧き出るような感覚は初めてだった。
さらに驚いたのは、そんな感覚が波になって何度も襲ってきたこと。
嬉しいやら戸惑いやらで頭の中がパニックになった。
でもその間はずっと幸福感に包まれてた。』
[ 2011/06/04 20:00 ] ⇒話すことで消えた性交痛の事例 | TB(-) | CM(-)

【1】ある女性の性交痛の克服 - ホルモン(プロラクチン)と精神状態がセックスに影響する

 「イケない」とか「不感症と言われる」とか、セックスに様々な悩みがある女性と、私は多く関わってきました。 その頃の経験と知識から記事を書いています。
 
 その女性の悩みは『性交痛』で、
 「セックスの際の挿入時に痛みがあり、挿入後は痛みよりも圧迫感を感じるのみで一度も気持ち良いと感じたことが無く。男性器で膣奥まで突かれると痛い」ということでした。

【2】ある女性の性交痛の克服 - ホルモン(プロラクチン)と精神状態がセックスに影響する

 【1】からの続きです。
 
 互いにシャワーを浴びます。
 ホテルのガウンを着たSさんがベッドにうつ伏せになります。
 軽いマッサージに骨盤を矯正するストレッチをしてから、ホテルに来る途中に購入したベビー・パウダーを使って彼女の身体を触って行きますが、それをくすぐったがるSさん。
 どうやら彼女には「セックスのルール」がある様子。
 ここで言う「セックスのルール」とは、「××してからでないと気持ち良くならない」とか「ワタシの性感帯は~~だけ」と言う様な、個人個人に刷り込まれているパターンのことです。そのルールを本人が認識している場合もあれば、気付かないでいる場合もあいます。彼女の場合は気付いていないようです。
 そのルールにのっとっていないので、まだベビーパウダーを使って触ってもは効果が薄いようです。
[ 2011/06/12 19:00 ] ⇒ワギニスムス(膣痙攣)の事例 | TB(-) | CM(-)

【3】ある女性の性交痛の克服 - ホルモン(プロラクチン)と精神状態がセックスに影響する

 【2】からの続きです。
 
 彼女のアエギが続くにしたがって膣内の様子が一変していきます。トゲが無くなって行きます。
 彼女が「こんなに濡れたのは初めてかも」と言うほどにあふれて行きます。
 
 彼女が「オシッコしたい」と言うので、ここで休憩。
 
「中で気持ち良くなれたね」と彼女に言うと、
「ホントだね」と笑う彼女。
[ 2011/06/12 19:30 ] ⇒ワギニスムス(膣痙攣)の事例 | TB(-) | CM(-)

【4】ある女性の性交痛の克服 - ホルモン(プロラクチン)と精神状態がセックスに影響する

 【3】からの続きです。
 
 ベッドに横になるSさんは、イキ過ぎた後の女性の様に、乳首や身体を少し触るだけでビクつきます。「やめて~(笑)」と懇願します。
 寝そうになるほど、まったりするSさんに、
「不感症だと思っていただろ?」と私は尋ねます。頷く彼女。
「もともとは感度は良い方だと思う。気持ち良くなう為の扉を開かない様に自分でクサリを巻きつけていた状態だっただけ。初体験の影響が原因だろうと思う」と私は良い、
「最後は普通に(男性器を膣に)出し入れ出来て、気持ち良くもなれてたわけだから、今日で初体験から10年分位を取り戻したということ。むしろプラス。セックスを楽しむのはこれから」と彼女に言いました。
[ 2011/06/12 20:00 ] ⇒ワギニスムス(膣痙攣)の事例 | TB(-) | CM(-)

性交痛を消すために「言葉」を使う

 セックスの際に女性器の内部や外部に痛みを感じる事を「性交痛」と言います。
 
 痛みの原因は、子宮内膜症などの病気のせいだったり、分泌液が足りない(出ない)ことだったり、更年期症状だったり、膣内の傷があったり、膣内外の形成の問題だったり、心因性の問題、セックス経験の不足、アレルギー、快感を感じるはずが痛みしか感じられない状態の為、などなどです。
 
 心因性の場合、痛みを我慢しつづけるせいで、無意識にますます腟の筋肉が収縮させるのでますます痛みが増すということも良くあります。
 
 心因性のというのは、男性に対するトラウマやセックスに対するトラウマ、緊張や恐怖などの精神状態が筋肉を緊張させるので挿入に対して痛みを作り出すのです。 
 また、そういった精神状態が快感を痛みとして認識させる場合もあります。
 
 
 心因性の「性交痛」を取り除く方法はトラウマを取り除くとか安心感を与えるなどいろいろと考えられますが、
 
 『言葉』も有効だと思います。

【前編】初体験への恐怖心を取り除く - ある女性の初めての性行為の痛みを軽減する。

 「イケない」とか「性交痛がある」とか「不感症と言われる」とか、セックスに様々な悩みがある女性と関わって来た経験と知識から記事を書いています。
 
 その女性は東京に住む21歳の大学生。
 カタカナの名前の有名な女子大に通っていると言っていました。
 
 彼女は処女で、怖くてどうしても初体験が出来ないということでした。
 男性と何度かセックスをするような場面になったことがあるそうですが、その度に、初体験の痛みが怖くて逃げてきたのだそうです。
 女友達から、「気が変になるくらい痛くて<ブチ!>という処女膜が裂けるような音がした」という初体験の経験談を聞いてから、ずっと恐怖でセックスすることが出来ないという事でした。
[ 2011/08/12 07:00 ] ⇒初体験への恐怖心の事例 | TB(0) | CM(-)

【後編】初体験への恐怖心を取り除く - ある女性の初めての性行為の痛みを軽減する。

 【前編】からの続きです。
 
 さて、暗示によってRさんの初体験への恐怖心や緊張感を取り除き、痛みを感じなくさせる事が出来る様にしたところで、コンドームをして正常位で挿入することに。
 
 彼女は私の腕と肩をつかんでいます。
 
「そうやって腕に触れている限り痛くない」と私は言います。
 これも暗示の言葉です。
[ 2011/08/12 11:00 ] ⇒初体験への恐怖心の事例 | TB(-) | CM(-)

【前編】潮吹きは膣イキの敵? - 潮吹きの感覚が膣イキを邪魔している女性の事例

 アダルトビデオに良く出てきますが、性行為に「潮吹き」という現象があります。
 女性の尿道口から液体が出てくる現象です。
 大量に液体が出る女性もいれば、わずかにしか出ない女性もいます。

 潮吹きが気持ちが良いという女性もいますが、液体が出るだけで快感はないと言う女性の方が多いです。
 
 何度か記事に書いていますが、潮を吹く感覚と膣イキの感覚は違うものです。
 潮を吹きながら膣イキする女性もいますが、潮を吹く事と膣イキはイコールでは無いのです。

 さらに、膣内や身体の反応はイッているのに、それが脳で感じられないせいでイッた感覚が味わえない(イッていることに気付かない)女性がいることも記事に書きました。
 イッていることに気がつけない女性がいるのです。
 

 さて、この記事では「潮吹き」と「膣イキに気づかない」ことに絡む、ある女性の事例を紹介したいと思います。

【後編】潮吹きは膣イキの敵? - 潮吹きの感覚が膣イキを邪魔している女性の事例

 【前編】からの続きです。

 アダルトビデオで潮吹きをさせている指の動きの影響からか、
 多くの男性は潮吹きさせようという時に指を大きく動かします。
 同様に、膣内を普通に感じさせようとする時にも指の動きを大きくする男性は多いです。
 
 Hさんは潮吹きのポイントと膣イキのポイントとが近いために、今までの男性の潮を吹かせる為の指の大きな動きが、膣イキも同時に起こしていたのです。
 ところが、その時に、身体は膣イキしているが、頭の方は潮吹きでスッキリするという異なった状態を覚えてしまったのです。
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。