◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒膣イキしやすい体位について

膣イキしやすい体位について - 膣イキ(中イキ)しやすいには理由がある

 ◆膣イキしやすいとされる体位とその理由

 セックスの挿入体位の数々を、俗に「四十八手」とまとめて呼んだりします。
 その中のいくつかの体位は、女性に膣イキをさせやすいとされます。
 
 それら体位と理由とやり方を紹介します。

膣イキしやすい体位・伸長位(伸展位)について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【膣イキしやすいされる体位とその理由】からの続きです。

 ◆伸長位(伸展位)で膣イキするための解説
 
 『伸長位(伸展位)』は、女性があお向けで脚を伸ばしたままの姿勢で挿入される体位の総称です。
 伸長位には、男女の体勢の違いで「しがらみ(志がらみ)」「しめ小股」「唐竹割り」「浜千鳥」などと呼ばれるバリエーションがあります。
 
 膣イキしやすいされる『伸長位(伸展位)』の長所と短所を見てみましょう。

膣イキしやすい体位・寝バックについて - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【膣イキしやすい体位・伸長位(伸展位)の解説】からの続きです。
 
 ◆寝バックで膣イキするための解説
 
 俗に膣イキしやすいと言われるセックスの体位はいくつかあり、「寝バック」もその一つです。
 女性が四つんばいになり男性が背後から挿入するバック(後背位)と違い、
 女性はうつぶせになり、男性が背後から挿入するのが寝バックです。
 体位の四十八手では「敷き小股」という名前が付いています。

膣イキしやすい体位・屈曲位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

前の章【寝バックの解説】からの続きです。

 ◆『屈曲位』で膣イキ(中イキ)するための解説

 『屈曲位』は、膣イキしやすいと言われるいくつかの体位の一つです。
 正常位のバリエーションで、折り曲げた女性の身体に男性が覆いかぶさるように挿入し、女性の脚を男性の肩に乗せます。
 セックスの日本式の体位の四十八手では「深山本手」という名称で呼ばれています。

膣イキしやすい体位・対面座位について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【屈曲位の解説】からの続きです。

 ◆対面座位で膣イキ(中イキ)するための解説。女性の動き方

 『対面座位』は、膣イキしやすいと言われるいくつかの体位の一つです。
 座った男性の下腹部に女性がまたがって挿入する体位です。

膣イキしやすい体位・『松葉くずし(松葉崩し)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【対面座位の解説】からの続きです。
 
 ◆『松葉くずし(松葉崩し)』で膣イキ(中イキ)するための解説
 
 『松葉くずし(松葉崩し)』、男女の脚を交差させるように挿入する体位です。
 『松葉くずし』は、俗に「膣イキしやすい」と言われる体位です。

膣イキしやすい体位・『背面側位(横臥位)』について - やり方と膣イキ(中イキ)しやすい理由の解説

 前の章【松葉くずしの解説】からの続きです。
 
 ◆『背面側位(横臥位)』で膣イキ(中イキ)するための解説
 
 『背面側位(横臥位)』は、男女は身体の側面が床に接するように寝て、男性が女性の背後から挿入する体位です。
 『背面側位(横臥位)』は、一般的に「膣イキしやすい」と言われることがある体位です。
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。