◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒手マンで膣イキする方法

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - Gスポットやポルチオなど、 膣内の「どこ」を適切に刺激するべきか。性感帯を見つける。

 ◆膣内の「どこ」を適切に刺激するべきか、「膣口」「恥骨裏(Gスポットなど)」「膣奥(ポルチオなど)」
 
 膣内を刺激する一般的な方法は、「指」か「男性器を挿入する」ことです。
 指で膣内を刺激する事を、俗に「手マン」などとも言われます。
 
 指を挿入し、膣内を刺激して、より多くの快感を与え、膣イキに導くにはどうすれば良いのか。
 一番、気を使うべきは「どの様に刺激を伝えるか」です。
 次に、「どこ」を刺激するか。
 次に、「リズム」です。

 
 この【手の刺激(手マン)のやり方】のカテゴリでは、どこ、触り方、リズム、強さ、女性の体勢によるやり方の違い、手マンをする時の注意点を、各章に分けて解説していきます。
[ 2013/05/28 09:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 手を使って膣内の刺激の伝え方

 前の章【膣内の「どこ」を適切に刺激するべきか】からの続きです。
 
 ◆手を使って膣内刺激するやり方 - 膣口やGスポットなどに、どの様に刺激を伝えるか
 
 前の章でも書いたように、
 指を挿入し、膣内を刺激して、より多くの快感を与え、膣イキに導く時に、一番、気を使うべきは、
 「どの様に刺激を伝えるか」です。
 次に、「どこ」を刺激するか。
 次に、「リズム」です。
 
 Gスポットなどの○○スポットを探すより、「どの様に刺激を伝えるか」の方が大事です。
 ナゼ、「どこ」より「どの様に刺激を伝えるか」の方が大事なのか。
[ 2013/06/02 07:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 手を使って膣奥(ポルチオ)を刺激するやり方

 【膣口やGスポットなどに、どの様に刺激を伝えるか】からの続きです。
 
 ◆手を使って膣内刺激するやり方 - ポルチオなどがある膣奥に、どの様に刺激を伝えるか
 
 
●「膣奥のゾーン」への刺激のやり方ですが、
 このゾーンにはポルチオ(子宮頚部)もあります。

[ 2013/06/02 12:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 膣イキにむけて、刺激のリズムの作り方について

 前の章【手を使って膣内刺激するやり方 - 刺激の伝え方】からの続きです。

 ◆刺激のリズムの作り方について

 前の章でも、すでに書いているように、
 指を挿入し、膣内を刺激して、より多くの快感を与え、膣イキに導く時に、一番、気を使うべきは、
 「どの様に刺激を伝えるか」。
 次に「どこ」を刺激するか。
 そして、次に「リズム」です。

 どの様なリズムを作る刺激が良いのか。
[ 2013/06/03 11:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 女性の体勢の違いに合わせた刺激のやり方について

 前の章【刺激のリズムについて】からの続きです。

 ◆刺激する時の女性の体勢に合わせた刺激の方法ついて
 
 ポルチオの開発方法の記事などでも書いているとおり、
 女性をどのような体勢にして刺激を与えるかは大事な要素です。
 
 同じ事をするのでも、体勢の違いで効果は違ってきます。
 
[ 2013/07/11 07:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 手マンをする時に注意したいこと。バルーン現象と子宮後屈への対応

 前の章【女性の体勢について】からの続きです。

 ◆バルーン現象への対応

 膣内を刺激していると、
 「バルーン現象」あるいは「テンティング」と呼ばれる状態になることがあります。
[ 2013/07/11 12:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。