◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒不感症の改善の事例

【前編】性的不感症の改善 - ある女性の初めてのオーガズムの経験『枯れた身体じゃないから』

 「イケない」とか「性交痛がある」とか「不感症と言われる」とか、セックスに様々な悩みがある女性と多く関わってきました。
 
 その26歳の彼女は仮にJさんとしましょう。
 Jさんには、5年間付き合っているカレがいます。
 カレのセックスが独りよがりの適当で、彼女は濡れる事は無く、ほとんど濡れないままカレは挿入するのです。
 
 Jさんの男性経験はカレも含め3人、どの男性でも彼女はイクという絶頂感(オーガズム)を経験することはありませんでした。彼女はクリトリスでイクことも出来ません。
 Jさんは、イクという感覚をまったく知らないのですね。オナニーでも、イクことは無いのです。
 ですが、Jさんのカレの、Jさんより前のカノジョ達は、どの女性もカレのセックスで膣イキして満足していたそうで、カレは自分のセックスに自信があるので、
 Jさんに向かって「お前はイカない体質なんだから、俺ががんばっても無駄」と言い。適当なセックスだけをする様になって行ったのです。
 一方的にフェラチオをさせられ、あって無いような前戯で挿入、さっさと射精。射精すれば睡眠。そんなセックスの連続です。
 Jさんとしては、セックス以外の関係はカレとうまくいっていて、情もあり、カレとは別れられない、でも、女としてイクという喜び、セックスの喜びを知ってみたいと、私に頼んできたのです。
[ 2011/06/14 06:30 ] ⇒不感症の改善の事例 | TB(0) | CM(-)

【中編】性的不感症の改善 - ある女性の初めてのオーガズムの経験『枯れた身体じゃないから』

 【前編】からの続きです。
 
 性器には、まだ一切触っていないのですが
「指が入っている時、そうでない時の差が・・・スゴイ」と彼女は言います。
「今日は、まだ、一回もソコには触ってないし、指も何も入れてないぞ」と私が言うと、
「嘘!? 嘘でしょう? なら、なんで、なんで、そんな感じなの・・・なんで・・・」
 私の骨盤周辺のマッサージは、膣に何も入っていないのに、何かが挿入され、動いている感覚がするのです。
 それによって、内部が開発されるわけです。
 その後も、イキ続ける彼女。
「やっぱり、なんか入っている・・・。 入れたでしょ?」
「だから入れてないって(笑)」と私。
[ 2011/06/14 07:00 ] ⇒不感症の改善の事例 | TB(-) | CM(-)

【後編】性的不感症の改善 - ある女性の初めてのオーガズムの経験『枯れた身体じゃないから』

 【中編】からの続きです。
 
 短い休憩の後。 
 コンドームを装着して、彼女に挿入します。
 ゆっくりと奥まで挿入し、私はいっさい動かないでいます。
 ですが、彼女は、
「ああああ!!!」「スゴイ! スゴイ!」「何でえええ!」「うううう!」「あああ! おかしくなる!」と絶叫しながら、何度も何度もイキ続けます。
 

[ 2011/06/14 07:30 ] ⇒不感症の改善の事例 | TB(-) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。