◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒自分の壁を乗り越える事例

【前編】アトピーの悩みがある女性の初めてのオーガズム経験 - 『イッて泣いて変わるもの』

 身体的な悩みやコンプレックスは、日々の生活や仕事にも影響がありますし、セックスにも影を落とす事があります。
 
 「イケない」とか「性交痛がある」とか、セックスに悩みがある女性と多く関わってきた私ですが、
 アトピー性皮膚炎の影響で肌にコンプレックスのある女性から「膣イキを経験させてほしい」と頼まれた時のことを書きたいと思います。
 その女性は関東に住む37歳の女性でした。
 結婚していたのですが、アトピーの問題も原因の一つとして性の不一致となり、それも理由となって離婚。子どもは無し。
 彼女としては、自由にイケるようになれば、もう一度、女性として自信を持てるようになると考えているのです。
[ 2011/06/08 19:00 ] ⇒自分の壁を乗り越える事例 | TB(0) | CM(-)

【中編】アトピーの悩みがある女性の初めてのオーガズム経験 - 『イッて泣いて変わるもの』

 【前編】からの続きです。
 
 彼女の膣に指を挿れてみることにします。
 挿れてみてすぐに「ああ、やはりさっき膣イキしてたんだな」とわかりました。
 これならペニスの挿入ですぐに膣イキをハッキリ認識してくれそうだと思ったのですが、まだしばらく中を触ってみる事に。
 膣内を触っていると、
「え!そこなんですか? そんなところ、触られたこと無い。・・・・そこも、触られたこと無い。そこどこ?」と彼女が尋ねて来ます。
 膣内の指の刺激でも、身体は膣イキの反応を示しめします。ポルチオでイッている反応です。
 それでもRさんにはハッキリとは感じ取れない様子。
[ 2011/06/08 19:30 ] ⇒自分の壁を乗り越える事例 | TB(-) | CM(-)

【後編】アトピーの悩みがある女性の初めてのオーガズム経験 - 『イッて泣いて変わるもの』

 【中編】からの続きです。
 
 帰りの駅のホームで、ベンチに座り、Rさんは、
「私ってどうなんでしょう?」と尋ねてきました。
「どうなんでしょう、ってのは?」と私。
「年齢的にも、この肌の事も、どんな風に思われるのかなって」とRさん。
[ 2011/06/08 20:00 ] ⇒自分の壁を乗り越える事例 | TB(-) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。