◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒イケていたのがイケなくなる理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イケていたのに「イケなくなる理由」 。セックスレスの原因 - 女性の身体と精神の状態の影響

 セックスで絶頂感を得られないことに悩む女性は多いのですが、
 なかには、イケていたのがある日を境にイケなくなるという女性もいます。
 
 
 女性は、ほぼ一生を通じて「肉体の変化」と「精神の変化」を常に経験していきます。
 極端に言えば、女性の精神は常に不安定であり、
 生理があるように肉体の変化も常に起こっています。
 生理があることで毎月毎月生まれ変わっている言っても良いかもしれません。
 
 女性の肉体的な変化、精神的な変化にはホルモンが大きく関わっています。
 
 例えば、子供を産んだことをきっかけにセックスレスになるという話は良く聞きますが、
 出産後のセックスレスの原因の一つになるものに「プロラクチン」というホルモンがあります。
 
 「授乳ホルモン」とも呼ばれる「プロラクチン」には、女性の母性本能を働かせる作用があり、育児という困難を母親が耐えることができるのは、このホルモンの働きのおかげだとも言われます。
 
 出産後、女性の身体からは女性ホルモンが減り、「プロラクチン」が増えていることで母性が優先している状態になります。
 この状態だと「性欲が湧かない」と言う女性も珍しくないのです。
 さらには母性が強い状態なので、セックスをするより育児が優先、優先にしている育児で疲れているからセックスするより「寝たい、休みたい」となり、自然とセックスレスになっていくのです。
 
 プロラクチンは男性にも分泌されます。
 男性も性欲が減退し、これが出産後のセックスレスの原因にもなっています。

女性の飲む「肩こり薬」がイケなくさせる 【セックスでイケない原因】

 女性がセックスやオナニーでイクには基本的に身体を力ませることが必要です。
 力むというのは、筋肉を硬く緊張させるということです。
 この力みがうまく出来なかったり、力みが弱いと、
 イケなかったり、イッても絶頂感が弱かったりします。

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。