◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒セックスで意識を集中するとは

セックスに集中するということ - 自分の内面に意識を向けることが出来れば大きな快感になる

◆イクために、自分の内面に集中する

 イク(オーガズム)とは、どの様なことなのでしょうか。
 
 大まかに言えば、
 「性的な刺激に対して、快感が徐々に増加し、その極点に到達する事と、その頂点を抜けた後もその時の身体の状態がしばらく続くこと」です。
 
 そんな女性のオーガズムは、全身の筋肉の緊張とその緊張からの開放が基本として必要です。
 ただ、筋肉の緊張を必要としないでイクことが出来る女性もいますが、
 多くの女性はイクことに筋肉の緊張が必要とされます。
 そして、セックス中に筋肉の緊張するには、適切な性的刺激と興奮に、セックスの最中の「精神的な没頭と意識の集中」がいるのです。

セックスに集中するということ - セックスに集中できない女性について

 前の章【イクために、自分の内面に集中する】からの続きです。
 
◆セックスに集中できない女性について
 
 前の章で、イクために、快感に集中することの必要性について書きました。
 
 「セックスに集中出来ない」という女性は良くいます。
 セックス中に理性的に色んな事が気になるというのは「顕在意識」が優位に働き過ぎているのです。
 
 人には「顕在意識」と「潜在意識」があると言われます。
「顕在意識」は理性的なもので、識別したり判断したりと自分をコントロールしていると感じ、
「潜在意識」は本能的なもので、無意識にしてしまうクセなども「潜在意識」によるものです
 
 アブノーマルな行為や多人数でのセックスなどの「普通では無いセックス」でしか性的に興奮出来ないと言う女性も良くいます。
 普通では無い世界が、理性のブレーキをはずし「潜在意識」が優位になるのです。
 「潜在意識」に眠っていた快楽への本能が表へ出るのです。

セックスに集中するということ - セックスで意識を内面に集中する方法と練習

 前の章【セックスに集中できない女性について】からの続きです。
 
◆セックスで意識を内面に集中する方法と練習
 
 私(筆者)は「イケない」「膣イキが出来ない」という女性と性行為をする時には、
 その女性が、意識を内側に向けやすい人なのかどうかを、会話をする中で確かめるようにしていました。
 そして、内側に意識を向けられるように誘導していきます。
 私は催眠が出来ますから、催眠もその一つの方法です。 
  
 セックスで、本格的な愛撫を始める前にマッサージをしたり、
 スローセックスが流行していた頃は、「サワサワ」と触るようなフェザータッチの愛撫をする男性も良くいました。
 そういったマッサージやフェザータッチの効果には、女性のリラックスを引き出すことがあります、
 リラックス状態は「潜在意識」が優位な状態を作り出しやすいのです。
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。