◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒女性がイッている自分に気づく事

イッているとは?イッている事に気づく - 女性がイッているかを判断する基準。セックスフラッシュ、バルーン現象など

 ◆女性がイッているかを判断する基準 - セックスフラッシュ、バルーン現象、その他

 オーガズムとも言われる、女性の「イク」という絶頂感とはどんな事なのかを簡単に説明すれば
 「イクは、快感の頂点で、その頂点の時に身体に起こった事が、頂点を過ぎた後もしばらく継続する状態」だと言えると思います。
 
 そして、女性のオーガズムには、全身の筋肉の緊張とその緊張からの開放が基本として必要です。
 ただ、筋肉の緊張を必要としないでイクことが出来る女性もいますが、
 多くの女性はイクことに筋肉の緊張が必要とされます。
 そして、セックス中にイクために筋肉の緊張をするには、適切な性的刺激と性的興奮と、セックスの最中の「精神的な没頭と意識の集中」がいるのです。

 オーガズムが起こる前兆としての女性の身体の変化は、
 「俗に「ビラビラ」と言われる小陰唇が左右に開きはじめ膣口が広がる」
 「膣内部や女性器全体が赤みを増して、ふっくらと充血してくる」
 などが見られると言われます。
 そして「イク」がやってきます。
 
 クリトリスを刺激してイク「クリイキ」の場合。
 イケているのであれば、それは女性自身がハッキリとわかります。
 身体に力が入り、意識が普通ではいられないような状態になります。
 「イケているのか良く分からない」という気分であれば、それはイケていません。
 (まれに、クリイキで身体(筋肉の緊張)の反応が弱い女性もいますが、それでも意識でわかるはずです)
 
 さて、
 セックス中の女性の「イクー!」という言葉を信じてはいけない、と昔から良く言われます。
 セックス中に演技をする女性は多くて、「イクー!」という言葉でイッたフリをするから、
 男性はその言葉で女性が絶頂感を得たかどうかを判断してはいけないと言うわけです。
 
 だから、「イクー!」という言葉を信じないで、女性の身体の反応を見なさいというのも昔からの教えです。

イッているとは?イッている事に気づく - 膣イキ(中イキ)していることに気づかない女性とは

 前の章【女性がイッているかを判断する基準】の続きです。

◆膣でイッていることに気づかない女性
 
 性行為で絶頂感を得られない女性は多くいます。
 「オナニーならイケるがセックスだとイケない」
 「オナニーもセックスも、まったくイケない」
 「クリトリスならイケるが、膣ではイケない」などなど、絶頂感が得られない状態は人によって様々です。
 
 クリイキは、「今、私はイッている」とハッキリわかる意識と身体の緊張が出るのに対して、
 膣イキ(中イキ)の場合は、クリイキの時とは違う意識と身体の反応が出ると人がほとんどです。

 その違いのために、膣イキが出来ない女性の中には「イッていることに気づけない人」がいます。
 絶頂状態にあるのに本人がそれに気づかないのです。
 
 「クリトリスの絶頂感(クリイキ)」と「膣での絶頂感(膣イキ)」は違うものなのですが、
 クリトリスの絶頂感しかしらないので膣でも同じ絶頂感来るものだと思い込んでいると、
 膣で絶頂感が起こっていてもそれを感じられないという現象が起きるのです。
 メガネをかけているのにメガネを探す人に似ているかもしれません。

 自分がイッていても、自分が絶頂中であることを実感出来ないのです。
 知らない事は認知出来ない、という状態です。
 
 イク時には、脳の腹側被蓋野(VTA)という部位とA10神経からドーパミンが放出された領域の活動が活発になります。
 さらに、脳の左腹内側皮質と眼窩前頭皮質の活動が低下します。
 これが低下することで、イッている間は、論理的な思考を行いにくくなったり、自分を制御できなくなったりします。
 
 クリトリスでイクのも、膣でイクのも、脳の中の活性化する部位は同じですが、
 身体と意識の反応の出方が違うので、絶頂感が異なってきます。
 例えるなら、同じ料理でも、料理人が違うので味付けが違うということです。
 
 次の章では、膣でイケていることがわからない女性が、イッていることを自覚するには、どうすれば良いかについて書きます
 次の章へ⇒【膣でイッていることを自覚するには】
 

イッているとは?イッている事に気づく - イッていることを自覚するには

 前の章【イッていることに気づかない女性】の続きです。

◆膣でイッていることを自覚するには
 
 女性のイクという反応には、クリトリスでイク「クリイキ」の他に、膣内快感でイク「膣イキ(中イキ)」があります。
 
 この膣イキが出来ない女性はとても多くいて、
 性について記事を書いていると「私はイケているんでしょうか?」という質問は良くされます。
 「なんとなくイケている気がする。けど、わからない」とか、
 「自分がイケているのかどうか疑問だ」という女性は良くいます。
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。