◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒イクまでの手順の個人差

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イクまでの手順の個人差があることを理解する - 自分の快感の癖を知る

 ◆セックスにも癖があり、それがイケなくさせることがあることを理解する
 
 男性の性的な興奮は『視覚』に影響されやすい事は良く知られています。
 女性の胸や背中、腰、尻、脚などを見ただけですぐに性的に興奮を始める男性は多くいます。男性は視覚からの情報で性欲の高まりを覚えやすいのです。
 しかし、女性は視覚からの情報で性的に興奮する事は少ないとされています。
 
 脳科学から見る脳の働きの男女差には諸説ありますが、
 男性は右脳が優位に働くので視覚情報処理や空間認識などが得意。女性は左脳が優位なので、論理的思考や言語認識を得意とされています。
 そんな男女の脳機能の差も性的な興奮のツボの違いを作っていると言われます。 

 性欲にはテストステロンなどの男性ホルモンが関わっています。
 男性に比べ、女性には、その男性ホルモンが少ないわけですから性的な興奮を起こし難く出来ています。
 
 裸や濡れ場を見るというわかりやすい性的な情報に興奮する男性に対して、女性はそれに至るまでのプロセス(行程、手順、段取り)が重要なのです。それに至るまでの期待感やムード、言葉などが興奮させるのです。
 
 脳の違いや身体の違いは「男女の心の違い」を作ります。
 それが「簡単に興奮して簡単に抱ける。理由なくセックスが出来る男性」と「簡単には興奮出来ないし、簡単には抱かれない。理由の無いセックスが出来ない女性」という違いも作っているのです。
 
 さて、
 オナニーではイクことが出来るのに、本番のセックスではイクことが出来ないという女性は良くいます。
 
 知ってか知らずか、普段の生活では、様々な自分の癖に影響されながら行動しているものですが、
 セックスについても人には癖があるものです。
 そして、自分の癖を理解していて簡単にイケる女性もいれば、癖のせいでイケない女性もいます。
[ 2011/06/21 19:00 ] ⇒イクまでの手順の個人差 | TB(0) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。