◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒自分だけの『正しいセックス』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分だけの『正しいセックス』の追求 - 「良い経験」をするススメと「前向きなあきらめ」のススメ

 自分が何歳までセックスしているか想像してみてください。
 その年齢までに何回のセックスをするでしょうか。
 女性の場合は妊娠や生理などもありますから、男性より少ないかもしれませんね。
 パートナーが決まっている人なら、そのパートナーの年齢や健康、精力も影響するでしょう。
 指折り数えてみると、普通の生活をしている人なら、自分が人生でするセックスの回数は意外に少ないなと思う人も多いと思います。
 残りは後何回なのか・・・。
 意外に少ないと考えると、一回一回のセックスが大事になってくるかもしれません。
 
 10年以上前から、ネット上でセックスに関する記事を書いている私(筆者)は、
 セックスには、『心の満足のあるゼックス』、『身体の満足のあるセックス』、『心と身体の満足のあるセックス』
 があると考えます。
 
 『心の満足』というのは、性行為から得られる充足感の事です。セックスそのものだけでなく、それに付随するあらゆる事柄からの充足感です。
 『身体の満足』は、イクこと(絶頂感)を含めた多くの快感を得られる事です。
 『心と身体の満足』は充足感と絶頂感や多くの快感の両方が得られる事です。
 
 『身体の満足』はあるが『心の満足』が無いセックスがあったり、
『心の満足』はあるが『身体の満足』は無いセックスもあります。
 『身体の満足』ばかりを追求する男性とのセックスでは女性は「心の満足」を得られない、と言われます。
 セックスのハウツー物には、
 「女性は『心の満足』を大事にするものだから、挿入などの「本番」よりも「前戯」や「後戯」に時間をかけましょう」と良く書かれています。
 「前戯」「本番」「後戯」の時間配分は3:1:6にしましょう、とか、セックスそのものよりも抱き合うとか腕枕などの「後戯」の時間が長い方が女性は喜ぶというのも良く書かれています。
 
 『心の満足』を重視する女性が多いのは、私も確かにそうだと思いますが、
 『心の満足だけ』あれば良いという女性は、強い性交痛があるとか性的不感症だとか性行為に恐怖感がある等の場合でもない限りは、本当は少ないはずです。
 多くの女性は『心の満足』は大事だけど、男性と同じようにたくさんの快感が欲しいしイキたいと考えている。
 すなわち『心と身体の満足』のあるセックスを求めている女性が多いと思います。
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。