◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の性感帯と性的快感、性的不感症について◆◆

自分(女性)のアエギ声が快感を起こす - 行動が心を変え、快感を増やし絶頂を得る

 ◆自分のアエギ声が快感を起こす

 ツマラない事や苦痛な労働でも、わざと笑顔を作ってそれをすると能率が上がる事が知られています
 楽しい事をしている時、人の脳からはドーパミンという快感物質が出ています。気づかないうちに快感を得ているから、なおさらその楽しい事をしたくなるのです。
 無理にでも笑顔を作ると、人の脳は「楽しい事をしているのだ」と勘違いしてドーパミンを出します。
 ですから、ツマラない労働や家事も、それを笑顔ですると、脳は楽しい事なのだと騙されるので効率が上がっていくのです

 
 「心(脳)が行動を変える」のでは無く「行動によって心(脳)を変え、それがまた行動を変えていく」わけです
  
 セックスで「充分に快感を得られない」とか「イケない」と言う悩みを持つ女性は多くいます。 その悩みをアエギ声を出す事で解決できる場合があります。

 性行為の最中、「アエギ声」を出す女性は多いですよね。
 自然に声が出る女性が多数だと思いますが、演技で出している女性もいますし、まったく声が出ないと言う女性もいます。
 
  「アエギ声」が出ること(出すこと)の意味や効果とは何でしょう?
[ 2011/06/11 20:00 ] ⇒アエギ声で快感を増やす | TB(0) | CM(-)

自分(女性)のアエギ声がイカせる - アエギ声を出すことでイケる状態になる

 前の章【アエギ声が快感を起こす】からの続きです。

 ◆アエギ声がイカせる

 さらには、絶頂感(オーガズム)を得られない(得にくい)女性であれば、あえて「イク! イク!」とか「イッちゃう!」などとなるべく大きな声に出すことで(叫んでも良いです)、実際に絶頂感を得られる(得やすくする)事が出来ます。
 『自分が出しているアエギ声を聞いて興奮し快感が増す』、
 『自分が言った卑猥な言葉の内容に興奮する』、
 『イクと言ったからイク』、という様に、自分が発した言葉の状態に自分がなっていくのです
[ 2011/06/11 21:00 ] ⇒アエギ声で快感を増やす | TB(0) | CM(-)

自分が作る限界が不感症にする - 性的不感症の改善

 『性感帯』という言葉は良く聞きますよね。
 『性感帯』とは、刺激を受けると性的な快感を受けやすい身体の部位のことです。
 
 その性感帯ですが、いくつかのタイプに分けられます。
 まず、女性器、クリトリス、乳首、といった、刺激を生理的に性的快感としやすい身体の部位の性感帯。
 そして、肛門、会陰、といった性器に近いために、そこを刺激すると性器に刺激が与えられていると錯覚が起きる部位の性感帯。
 さらには、首筋や背中、脇腹、太股、膝、足の裏、耳、などなどの、普段はくすぐったいと感じる事が多い部位の性感帯です。

 上記の「性器、クリトリス、乳首、刺激を生理的に性的快感としやすい身体の部位」が一般的に性感帯と言われる部位です。
 その他の性感帯は、その部位で脳が快感を得るようにしてくれた時に、はじめて性感帯に変わる身体の部位です。

 セックスのハウツー本を書いている医師の中には、一般的な性感帯以外は性感帯ではないという人もいます。

 実際には、これ以外にも、ニオイや声や音に快感を得たりする場合もありますから、『脳(心)』そのものが性感帯とも言えるでしょう
 そして、性感帯は個人差があります。誰かにとって性感帯である部位が自分でもそうだとは限りません。
 自分が気持ち良く感じる部位でも、他の誰もがそうだとは限らないのです。
[ 2011/06/12 13:00 ] ⇒不感症の改善の方法 | TB(0) | CM(-)

恐怖感を減らす引き算のセックス、ゼロのセックス - 刺激をおさえる事の利点

 自分が知らない世界。自分が知らない感覚。
 それを知る事を楽しいと思う人もいれば、知らない事に触れるのは怖いという人もいます。

 女性の中にはイキそうになると、その迫ってくる感覚が怖くてその感覚から逃げてしまう人がいます
 イキたいけど、怖くてイケない・・・。拒絶してしまう。
 快感の高まって来る事で、その未知なる感覚に恐怖を覚えたり、快感の高まりとともに呼吸がしにくくなることで恐怖を感じるという女性もいるようです。

 恐い事への対処として、
 恐い事からは逃げようとするのは普通の行動です。
 恐い事に立ち向かって克服するという考えあるでしょうし、もっともっと怖い事を体験させて、思考をショートさせることで恐さを感じなくさせてしまうなんて考えもあるでしょう。
 ですが、やはり恐い事からは逃げたいと思うのは普通の行動です。特に恐がりの女性ならばなおさら。
[ 2011/06/14 21:55 ] ⇒恐怖感を減らす刺激の方法 | TB(0) | CM(-)

性感帯を増やすのに必要なことは

 セックスのハウツー物に良く、
 「くすぐったいのは快感の一歩手前である。くすぐったい身体の場所はそれだけ敏感ということだから、くすぐったいのが快感になればとても良い性感帯になる」
 という様な事が書かれています。

 理屈を聞けば「そうかもな~」という気になりますが
 足の裏やわき腹など、くすぐったいと感じる場所を触り続けていても快感にはなりません。
 当然に性感帯になることもありません。
[ 2011/06/17 19:00 ] ⇒性感帯を増やす方法 | TB(0) | CM(-)

恋愛もセックスも「ありのままの自分」では楽しめない - より良いセックスをするための精神状態について

 人の精神状態はセックスに影響します。
 セックスをするのにふさわしい精神状態があります。

感じない身体なら脳をダマして快感を呼びだす - 快感を得られる部位を広げることで性的不感症を改善していく

 「膣の不感症」や、全身および身体の一部の「不感症、不感症気味」を改善する方法として、
 「脳をダマす方法」が効果的な場合があります。
 
 その実例を、以前にある男性から相談のメッセージをもらったやり取りを通して紹介したいと思います。
 その男性がセックスをした女性に関する相談でした。
[ 2011/08/07 19:45 ] ⇒脳をダマして不感症の改善 | TB(0) | CM(-)

ジラすと快感はアップするのか? - 万人に有効なテクニックなど存在しないということ

 セックスのハウツー物や自称・達人が書いている事に、

『ジラすと快感がアップする』

 と言う類の内容があります。

 女性が求めている部位に触れるようで触れないでいるとイザ触れた時に大きな快感になるとか、
 触れるようで触れない、入れるようで入れない、をしていると女性の方から求めてきて、
 ジラされている間に女性の興奮が高まっているから快感が大きくなると言う理屈です。
 
 この理論は多くの女性に当てはまる効果ですよね。
 ジラシは男性に対しても有効だと思います。
 確かに、ジラシによって興奮が高まる。快感が増すという人は大勢います。
 
 ただ、人の好みが十人十色であるように「ジラシ」がまったく有効では無い人。逆効果な人もいます。
 
 特に『セックスに集中できない』タイプの人には効果が少ない人が多いと思います。
 集中できないから、快感が持続しない、絶頂感が得られないというタイプの人です。
 セックスの最中に、集中しなければと思うのだけれど、ついつい余計なことを考えしまうとか、相手の男性がどうしているか考えてしまう、どう動いたらいいのか気になる。手をどこに置いたら良いのか気になって集中出来ない。
 もう一の自分がいる様な感じに「客観視」してしまう為に集中出来ない女性もいます。
 
 「ジラシ」が効果ある人にとっては、
 「ジラシ」をされている間は、ジラされていることで快感に対していつもより集中しているのですね。
 ジラされ続けて集中が高まっている段階で肝心な部位に触れられるから大きな快感になるのです。
 もともとある程度以上の快感が得られる人、もともとセックスにある程度は集中出来る人には「ジラシ」はとても有効な方法なのですが、
 
 『集中出来ない人』にとっては、ジラしの動きが「あ~あ、なんかやってるな~。ジラシてるつもりだろうけどさ~」と、ただ客観的に考えせるだけになったり、
 ジラシの動きがますます快感に集中出来なくなる人もいます。
 ジラされると無駄なことをやられているようでイライラしてくる人もいます。
 
 『集中出来ない人』でも、前段階で快感に集中出来る状態に導いてあれば「ジラシ」が効果を出す事もあると思いますが、
 そうでもなければジラされても白々しい空気が流れて、ジラしている方がマヌケになるだけです。
 
  
 セックスに絶対有効なテクニックはありません。
 世の中で良く知られている性行為のテクニックの多くは、何の苦もなく快感をある程度は得られる女性を前提に考えられています。
 しかし、実際はアダルトビデオに登場する様な分かりやすい反応をする女性ばかりではありません。
 
 セックスでは、相手が教えてくれないことに気づけるコミュニケーション能力が必要だと思います。
 ジラしているつもりがジラされていたではカッコ悪すぎると思います。 
 
 (終)
 
[ 2011/08/17 11:00 ] ⇒ジラシの効果について | TB(0) | CM(-)

『セックスが上手い男性』とは - 「正しい」は無いから違いを意識する

 『セックスが上手い男性』とは、どの様な男性のことを言うのでしょう。
 上手いか下手かを比較で決めるなら、複数の男性経験がある女性でなければ比べようが無いですね。
 誰にでも当てはまる「上手い」の明確な基準はなかなか無いと思います。
 女性の求めていることは千差万別ですから、女性が100人いれば百通りの「上手い」の基準があるはずです。

女性のオナニーと健康・美容との関係 - 女性のオナニーは頭が悪くなるのか?

 「オナニーは身体に良く無いんでしょうか?」という質問を受けることがあります。
 
 女性にとって、オナニーとセックスが美容や健康に良い点があるかどうかは、医師や研究者の間でも意見がわかれます。
 オナニーもセックスも、それをしてもホルモンの分泌がされることはないし、美容に良い効果はない。
 効果があるとすれば良く眠れるくらいで、それが美容に良いくらいだと言う専門家もいます。
 
 女性のオナニーとセックスに美容や健康に良い点が「ある」とする専門家は、
 女性はイクと、脳から女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されると言っています。
 
 エストロゲンは美容効果があり、これが豊胸、女性らしい丸みのある身体を作り、皮膚のコラーゲンの合成を進め、皮膚の柔軟性、ツヤのある肌を保ちます。
 いわゆるオナニーとセックスにアンチエイジングの効果があるという説です。
 
 そして、エストロゲンは、自律神経を整え、悪玉コレステロールを抑え善玉コレステロールを増やす、アルツハイマーの予防、骨量のバランスを保って骨粗しょう症の予防、心筋梗塞の予防などに効果があるとされています。
 
 となると、オナニーとセックスの健康・美容効果を信じたいところですが、
 しかし、
 オナニーもセックスも、それをしてもホルモンの分泌がされることは「ない」というのが医学的に有力です。
 
 この様に健康・美容効果があるかないかハッキリしないところもありますが、
 オナニーをすることで得られる効果でわかっている事は、
 ストレス発散できたり、良く眠れるということです。
 これだけでも、それは少なからず健康効果はあるでしょう。
 さらに、一部の人は頭痛がおさまるという効果があります。
 
 ちなみに、女性のオナニーで良くある誤解が、オナニーをたくさんしてもバカにはなりません。 

 さらに、
 イク時(オーガズム)に脳の一部が低酸素状態になるので、脳に良くないという説がありますが。
 最新の研究では、イッている時、脳には酸素や栄養が行きわたって脳活性化されることがわかっています。
 頭が良くなるかはわかりませんが、少なくとも、脳に悪い事ではないのです。
 (終)

 【関連記事】
 ⇒『してはいけないオナニーの方法』
 

クリトリスの包茎が起こす性感不足や痛みについて、その問題の対処法

◆クリトリス包茎とは。その問題点と対処法

 女性の中には、「クリトリスが包茎」のせいで性的不感症になっている場合があります。

 通常、クリトリスは包皮に覆われています。
 セックスやオナニーの際には、その包皮に指を押し当て、押し当てたまま腹部の方に指をスライドすると包皮が移動しクリトリスが露出するので、指や舌などで露出したクリトリスを刺激します。

 この時、包皮の量が過剰に多いと、わずかしかクリトリスが露出しなかったり、まったく姿を見せない場合があります。
 主に、この様な状態が「クリトリスの包茎」と言われます。

[ 2013/02/20 08:00 ] ⇒クリトリスの包茎について | TB(0) | CM(-)

クリトリスの包茎が起こす、その他の問題

 前の章【クリトリス包茎とは。その問題点と対処法】からの続きです。

◆クリトリス包茎のその他の問題

 クリトリスの包茎の問題に「臭い」があります。
 クリトリスの包茎の人の中には、包皮で隠れているところに分泌物やアカが溜まり、それが臭いを発する原因となることがあるのです。


[ 2013/02/20 09:00 ] ⇒クリトリスの包茎について | TB(0) | CM(-)

SMとセックス - Mになれば膣イキできるは本当か?

 ◆「Mになれば膣イキ出来る」は本当か

 「Mになれば、イケるようになりますか?」
 「Mになれば、膣イキできるようになると言われました。本当でしょうか?」

 という質問を何度か受けた事があります。
 
 「膣イキできるようになる最短の方法はMになること」
 という説があるのだそうです。
 
 「M」というのはSMプレーのMのことですね。
 サドの「S」、マゾの「M」です。
 
 「S」は、相手に苦痛を与えることで快楽を得る性的趣向の「サディズム」の事。
 「M」は、苦痛を受ける事で興奮を得る性的趣向の「マゾヒズム」の事です。

SMとセックス - ナゼ、苦痛が快感になるのか?

 前の章【「Mになれば膣イキ出来る」は本当か】からの続きです。
 
 ◆ナゼ、苦痛が快感になるのか?
 
 苦痛が快感になるのはMの人ばかりではありません。
 性的嗜好が普通の人でも、苦痛が快感になることはあります。
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。