◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ⇒イクきっかけを見つける事例

【1】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

 「イケない」とか「性交痛がある」とか「不感症だ」とか、様々な理由で性行為に悩みがある女性がいます。
 そんな悩みの「イケない」という状態も、どの様にイケないかは人によってまったく違うものです。
 
 オナニーならクリトリスでイケる(クリイキ)けれどセックスではクリイキが出来ない状態や、
 クリイキは出来るが膣イキは出来ないとか、逆に膣イキは出来るがクリイキは出来ない場合もあります。
 一般的にはクリイキは出来るが膣イキは出来ないと言う女性が一番多いでしょう。
 さらには、クリイキも膣イキも出来ないという、イクことをまったく知らない状態。
 イケるけどボンヤリとしかイケないと言う様な女性もいます。
 
 セックスやオナニーで、疲れるくらいにとっても気持ちが良いけれどもナゼかイケないという女性には、身体はイクという反応を見せているけれども、それを頭(脳)で認識出来ない状態という場合が多くあります。
 そんな女性は、自分がイケている事に気づいた途端に絶頂感を得られるようになる場合があります。
 男性側からすれば、相手の女性にイク感覚、イッていることに気づかせる(体験させる)きっかけを作るのも、その女性にごとに何をきっかけに気づくかわかりませんから、きっかけ作りに試行錯誤するものです。
 気づくきっかけになる事は、身体への刺激だけでなく、言葉であったり、音であったりと様々です。
 
 そんな「気づくきっかけ」の例として、ある女性の事例を書きます。

【2】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

 【1】からの続きです。
 
 互いにシャワーを浴びます。
 裸にホテルのガウンでベッドにうつ伏せになるMさん。
 指圧のようなマッサージを肩から足先までしていきます。
 これで彼女の身体の情報をさぐります。
 腰回りと骨盤の様子から「これはポルチオがまーまー効きやすそうだな」と推測しました。

【3】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

 【2】からの続きです。
 
 指でクリトリスを触っていきます。軽い刺激です。
 それなりにMさんの全身の感度を上げてあるはずですが、それでもクリトリスへの指の刺激はやはりそこそこ気持ちが良い程度の様子のMさん。
 指から感じる様子とMさんの反応を見ていて「なるほど、やはりか」と思った私は、指の刺激を強くします。
 他の女性には絶対にしない、ありえない程の強さです。
 強いですが動きを早くはしません。

【4】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

 【3】からの続きです。
 
 しかし、やはり恐れていたとおり「痛くなりそう。痛いかも」とMさんが言ったので、刺激を止めて、指を抜きます。
「何で痛くなるんだろ?」とMさんが言うので、私はまた彼女の膣内に指を挿れ。
「ココに、筋肉のスジというか、神経の束というかがある。露出しているのかな・・・こうすると痛いだろ?」と、私はMさんの膣内にある、子宮口の横から恥骨の裏辺りまで伸びている硬いスジを触ります。
 一ミリ程の太さの釣り糸がピンと張っていて、それに皮膚が伸びて覆っているような感じです。
 痛がるMさん。「普通の人には無いんですか?」とMさんは尋ねます。
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。