「性交痛」の意外な原因 - 想定外なことが痛みを作ることがある。

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆女性の性交痛について◆◆  >  ⇒意外な性交痛の原因 >  「性交痛」の意外な原因 - 想定外なことが痛みを作ることがある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「性交痛」の意外な原因 - 想定外なことが痛みを作ることがある。

 「性交痛」とは、女性がセックスの時に感じる痛みのことです。
 女性器の外部、内部に起きる痛みです。
 女性器に「触れる事」や「挿入すること」で起きる痛みが主なものです。
 
 この痛みのせいでセックスがままならない女性は多くいます。
 
 
 「性交痛」の原因には様々なものがあります。
 
 子宮内膜症などの病気が原因のものから、
 生まれつきに性器の形成が不全のためのものや、
 アレルギーが原因のもの、
 女性の潤滑液が不足することが原因のもの、
 男女の性器のサイズが合わないためのもの、などなど。
 
 「女性の心」が原因の場合もあります。
 トラウマや恐怖心、緊張という女性の精神状態が性器の筋肉を収縮させてしまい。
 その収縮が挿入を妨げるので痛みを起こすのです。
 「ワギニスムス」と呼ばれる現象です。
 
 他にも「痛いかも・・・」というような女性の考えが痛みを作り出すことがあります。
 思い込みの力ですね。
 
 精神状態が痛みを起こすのですから、
 男性は精一杯に優しくしていても、
 女性の(無意識であれ)精神状態のせいで痛みが起こることがあるのです。
 
 精神状態が痛みを作るというのはなかなか考えないことです。
 
 
 他にも意外な痛みの原因があります。
 
 それは「毛」です。
 「陰毛」のことです。
 
 性器周辺の陰毛の量が多かったり、毛が長かったり、毛の質が硬かったりする場合に起こりやすいのですが、
 女性の性器周辺の陰毛が膣内に入り込んで、挿入中の男性器と一緒にこすれる事で痛みを起こすのです。
 膣内に入り込むのが男性側の陰毛の場合もあります。
 
 たとえば、毛の質が硬い人だと細いワイヤーが膣内に入り込んだのと同じ状態になります。
 
 以前に、性交痛についてある女性から相談を受けた時に、
 その女性の話を聞いて、私は「陰毛をハサミでカットして短くするように」とアドバイスしました。
 
 女性は、ハサミで短くするのではなく、性器周辺の毛をカミソリで剃ってみたところ、
「性交痛がまったくなくなった」そうです。
 
 私の予想通りに女性の長くて硬い陰毛が痛みを作り出す原因だったようです。
 
 
 性交痛の状態は様々ですが、必ず「原因」があります。
 その原因に対して適切に対処できれば、性交痛を無くしたり、軽くしたりすることが出来ると思います。
 (終)
 
 【関連記事】
 『性交痛の原因と対策』
 『「外陰炎」が起こす性交痛 - 触れられるだけで痛い性交痛の原因』
 『「性交痛」の意外な原因 - 想定外なことが痛みを作ることがある。』
 『後背位の痛みについて』
 『濡れない女性が「濡れやすくなる方法」』
 『「優しくしてね」は魔法の言葉?』
 『初体験の痛みを緩和する』
 『性器の形状と位置を考慮する』
関連記事
[ 2011/07/26 19:11 ] ⇒意外な性交痛の原因 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。