【後編】膣イキの練習で違いを知る - ある女性の初めての膣イキ。クリイキと膣イキを同じと思っているとイケない。

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒身体の使い方で膣イキする事例 >  【後編】膣イキの練習で違いを知る - ある女性の初めての膣イキ。クリイキと膣イキを同じと思っているとイケない。

【後編】膣イキの練習で違いを知る - ある女性の初めての膣イキ。クリイキと膣イキを同じと思っているとイケない。

 【中編】からの続きです。
 
 さて、彼女を休ませることなく、またコンドームをして彼女に挿入します。
 今度は挿入した途端、彼女に大波が襲い始めます。
 何度も何度も膣イキを繰り返す彼女。
 深く長いイキっぱなしも経験します。
 膣イキに気づいてしまったら、いきなり最高潮が襲ってくるのです。
 危険水位を超えて満杯になったダムが決壊して、一気に大量の水が放水されたようなものです。

 こうなればイクのは止まりません。イキたくなくてもわずかな刺激でイッてしまうのです。
 イキ過ぎて、
「ダメ動かないで・・・」
と言われ、動かないでいたってイカせる波が身体の中ら勝手にやって来るのです。
「もう無理。 もう無理」と彼女は言いますが、イク寸前で腰を止めると、
「本当に止めるのか? イカ無くて良いのか?」と彼女に問えば、
 彼女は「イカせて・・・」と言うしか無いのです。
 
 そうやって2時間近く、体位を変えながら、私は腰を動かし続け、彼女はイキ続けました。
「ホントに無理。 これ以上したら死んじゃう」と彼女が何度も何度も頼むので、仕方なく終りにすることにしました。
 
 私は射精のタイミングをコントロール出来る体質なので、
 その日も「出すぞ。ホラぁ」と言って、腰を一度動かし射精しました。

 射精は脊髄反射なので、脊髄反射は我慢できないから、「射精をコントロールするなてウソだ」と言う人がいるのですが、
 その理屈は私も知っていますが、それでも理屈が何であれ出来ているのですからしかたがない事なのです。
 人は誰もが同じではありません。変わった体質の人はいくらでもいるものです。

 あまりの唐突なタイミングに、彼女は「え!?」と言い。
 驚いた顔で「ホントに出てる・・・」と、コンドームに溜まった精液を見ていました。
「(射精)出す時、気持ち良くないの?」と彼女が尋ねて来ました。
「射精の時は別に気持ち良くないね。挿れている時はそれなりに気持ち良い」と私。
「どういう感覚で出るの?」と彼女。
「ただ出るという感じ。蛇口を開いて水を出すのと同じ」と私は答えます。
 私の様な「無快感射精」についてはこの記事で⇒『射精しても気持ち良くない。男性の射精無快感症』
 
 そうやって、ベッドでしばらくまったりした後、Yさんと一緒に風呂に入りました。
 お子さん無し一人で出かけることはほとんど無いという彼女。
 風呂で「膣イキ出来たけど、戻ってもする相手がいない(笑)」と彼女。毎日大変だけど仕事が楽しいから、当分は再婚も男性と付き合うのもいらない、との事。
 この日の膣イキの体験は、仕事に子育てにとガンバっている彼女へのご褒美なのかもしれないと思いました。
 
 風呂から出ると、身支度を整え、ホテルを出ます。
 駅に行き、
 新幹線に乗って豊橋に帰る、方向音痴の彼女に、入念に行き方を教え、
「今日はありがとうございました」と彼女に言われ、
 改札の前で別れました。
 
 そして、 
 豊橋に帰りついたYさんから、こんなメールが届きました。
 『豊橋につきました。でも・・・・・・・オシッコ我慢するだけでいっちゃうのは、少し困ります。』
 
 Yさんと幼いお子さん2人に楽しい事がたくさんある事を願っています。
 
 膣イキとクリトリスでイクことが同じ感覚だと思い込んでいると、いつまでたっても膣イキ出来ない女性がいます。
 何の事でもそうかもしれませんが、思いこみが強いというのは正しい判断をさせなくしてしまうことがあるようですね。
 (終)
 
 【関連記事】
『【事例集】丁寧な刺激が膣イキをさせる - 『思っているほどイキ難くはない』ある女性の初めての膣イキの経験』
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。