【前編】イキやすい体勢を見つける - 『得意な体勢が結果を出す』ある女性の初めての膣イキ

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒適切な体勢を見つける事例 >  【前編】イキやすい体勢を見つける - 『得意な体勢が結果を出す』ある女性の初めての膣イキ

【前編】イキやすい体勢を見つける - 『得意な体勢が結果を出す』ある女性の初めての膣イキ

 同じ事をするのでも、力の入れやすい体勢というのは、みなさんそれぞれ違うものですよね。
 「窓ガラスを、片手に持った濡れた雑巾で左右に動かして拭く」という動作でも、
 左右で、身体の外側に動かす時の方が力が入りやすいという人もいれば、
 左右で、身体の内側に動かす時の方が力が入るという人もいると思います。
 セックスでも、力の入れやすい体勢というのは関係してきます。
 快感を得やすい体位も、当然、人それぞれに違います。

 「イケない」とか「性交痛がある」や「不感症だと言われる」とか、セックスに悩みがある女性と私はとても多く関わってきたきました
 
 その女性は、千葉県に住む23歳の特別支援学校で先生をしている女性でした。
 特別支援学校とは、かつて「盲学校・ろう学校・養護学校」と呼ばれていた学校のことです。
 
 彼女をRさんと仮に呼ぶことにします。
 
 挿入による快感を得にくい女性の中には、「自分が気持ち良くなるよりも、相手の男性が気持ち良くなってくれるかの方が大事だ」と考える人がいます。
 Rさんもそうです。
 挿入によって気持ち良いと思うこともたまにあるが、どちらかといえば男性が気持ち良くなってくれる方が嬉しいと考えるそうです。
 
 Rさんは男性から「膣内が狭い」って言われるようで、そのせいか挿入されて間もなく痛みを感じ始めます。
 ですがRさんは痛い事を男性には言えない。
 Rさんにとては、「前戯」イコール「セックス」です。前戯で満足してしまうのです。
 
 Rさんは、自分も男性と一緒に気持ち良くなれるようになれば、自分のセックスに対する考えも変わってくる気がしていて、
 男性は女性がイクと喜ぶから、自分がイキやすい身体になればもっと男性に喜んでもらえて、自分もセックスが好きになれると彼女は考えて、
 「男性と一緒にイケるようになりたい」と私に頼んで来たのでした。
 
 Rさんと駅で待ち合わせをします。
 Rさんは良いスタイルのかわいらしい女性です。
 ホテルに着くと、Rさんは途中で買ったティラミスを食べながら、しばらく談笑します。
 Rさんが別れたカレシの事や、仕事の事などが話題です。
 互いにシャワーを浴びます。
 Rさんの希望で、部屋の照明を消していきます。残った照明は、ベッドの中央だけを照らすライトだけ。
 シャワーから出て、ホテルのガウンを着た彼女はベッドでうつ伏せになります。
 彼女の、肩から背中、腰、骨盤を軽く触っていきます。
 
 指先から、足先や全身へのマッサージを行います。
 Rさんの指を触っていると、私の手の温度に「手があったかい・・・」と彼女がつぶやきます。
 
 ホテルに来るまでに買った、「ベビー・パウダー」や「ベビー・オイル」を使ってRさんの身体に触れていきます。
 ベビー・パウダーを使って彼女の足先から触っていきます。
 触っている間の彼女の尻の反応を見て、彼女が「うつ伏せの方が膣を締めやすいタイプ」である事を私は確認します。
 女性の中には、あお向けや、うつ伏せ、横向き、など、人によって膣を締めるのに力を入れやすい体勢が違います。
 彼女の女性器から滝の様に液体が流れ出ているのが見えますが、Rさんからは濡れてもすぐに乾いてしまうのだと聞いていました。
 緊張からか、私が身体に触れて、そこから快感を得ている事を素直に表現出来ていない様子だったので、彼女にキスをしてみます。
 すると「ブルブル」痙攣する程の反応を見せます。
 キスに対して「ああ・・・あああ・・・」とアエギ声をもらします。
 しばらくキスだけを続けますが、痙攣がたびたび起こる程に感じる彼女。
 どうやら、キスがRさんのセックスで快感を得る「スイッチ」のようです。
 セックスモードに入るスイッチが何なのかを男性は探し、女性はそれを知っておくことは大事です。
 性的興奮についてはこの記事で⇒『自分の性的な特徴を知ることも「女磨き」』
 キスを織り交ぜながらRさんの身体に触れていきます。
 
 彼女の陰毛が長くてジャマだと判断したので、風呂場に行き股の部分だけ剃りました。
 ベッドに戻り、ベビー・オイルのマッサージに移行していきます。
 オイルの伸びた全身に手を滑らせて行きます。
 ポルチオ性感は効きにくいと判断していたので、それに合わせたマッサージをした後、イクという感覚を得る練習をさせようと思い、あお向けの彼女のクリトリスを刺激します。
 事前に彼女から、クリトリスではイケると聞いていました。
 ただ、より強いイク感覚を得る要領を教えるために、
「イキそうな感覚が来たら、膣を締めて、足を突っ張ってみて」とRさんに指示します。この動作によって、よりハッキリとイクという感覚を得るはずです。
 そうやって、クリトリスによって数回イッた彼女。
 彼女は、指示どおりする事で、今までよりもハッキリとイク感覚がしたと言います。
「膣でイクのも要領的には同じ事」と彼女に説明しました。  

 【後編】に続きます【後編】へ
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/08/05 07:00 ] ⇒適切な体勢を見つける事例 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。