【3】イッていることに気づかせるコミュニケーション - 『何かをしなければいられない』ある女性の初めての膣イキ。

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒女性に膣イキを気づかせる事例 >  【3】イッていることに気づかせるコミュニケーション - 『何かをしなければいられない』ある女性の初めての膣イキ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【3】イッていることに気づかせるコミュニケーション - 『何かをしなければいられない』ある女性の初めての膣イキ。

 【2】からの続きです。
 
 そして、数日後、Tさんからメールが届きます。
 
『むらさん
 
体って 記憶するんですね。
車運転中 なんだかじわっとこみ上げてくるものがあります。
椅子に 性器を垂直に当たるように座っていると
性器のそばの筋肉が動き それが 下腹部に伝わるかんじが すごくします。
 
体が2日前の記憶を思い出してるのではないかと 思ってしまいます。

むらさん
わたしの体や 癖 ものの考え方 で
アドバイスしていただけることは ありませんか?』

 
 
 それに対する私からの返信に、Tさんからのメールがまた届きます。
 
 
『むらさん
 
 
> それに、この男とならセックスしていいという相手とセックスするべきでしょうね。
> 身体の性欲にまかせるのでは無く。
 
 
とても痛い。
 
そうですね。 
 
そうなんです。
 
人間関係を作ることが 私の課題なんです。恋愛にかぎらず。
 
他人にやさしくされたいのに
自分から先にやさしくできない。
 
結果として、やさしくされることはない。
 
だから、たまにとても愛情深い方から
やさしくしてもらっても、受け入れきれなかったり、懐疑的になるのでしょう。
だったら 恋愛も性欲ベースのほうが、わかりやすくて、
そういう相手に流されていると言い訳しながら 付き合ってきたのかもしれません
 
 
わたしに 改心する日がやってくるかどうかわかりませんが、
誰かに 一歩踏み出したいという
前向きな気持ちがでてきたようにも思います。
 
いい 報告ができるといいなー』

 
 
 何かはわからないけど、何かしなければいられない、
 損得は抜きで、たとえ愚かだと言われようとも、しなければいられない事があるという時期が人は生きているとあるようです。
  
 そんなことがあった数ヵ月後とさらに数年後、Tさんからメールが届きました。
 どちらも彼女の近況を知らせるものでした。
 Tさんからのそのメールの一部を転載して、この記事を終わりにします。≪≫内は私の注釈です。
  
 まず数ヵ月後のメール。
 
『最近 「定期的に逢ってセックスする男性」ができました。
 
好きですが、わたしにとっては恋愛ではないみたいなので、これがセフレというものか 彼氏と言っていいものか 悩みますが…
 
いっしょにいて すごい楽しいです。
 
わたしの「逢いたい」と思う気持ちの本質が『セックスしたい』なので、すこし申し訳ない気持ちがあります。
 
まだ、
≪その彼氏とのセックスで≫いったことはなく、「わたし自身逝きにくいよ」と伝えました。
それでも「すごく感度がいい」などと言ってくれます。
 
 
逝くことの憧れより 幸福感のほうが今は勝っているかんじです。
 
 
いまさらだけど ありがとうね、むらさん!
 
むらさんとの出会いが、わたしの女の部分を自分で大切にしてあげようという気持ちにさせてくれたんです。
コンプレックスでアタマでっかちになってガチガチだったなあって 思いますもん!
40歳になってしまいましたが、すこしづつ素敵な女性になりたいと 思います。
プライベートも仕事もすごく変化してきましたし!
 
 
また、会いましょう!むらさん。
 
セックスのお願いもしてしまうかもしれませんが(笑)』
 

 
 そして数年後のメール。
 
『ご報告。
 
むらさん以外で初めて挿入でいくことができました!(笑)
 
以前からお付き合いしてる方と、最近頻繁にsexするようになり、わたしが騎乗位で好き勝手に動いて自分が気持ち良くなってるときに
乳首を摘まれ、
かなり動物みたいに性器を擦り付けるようにしていってしまいました。
 
こんなにはっきり わかったのははじめて!
 
すごく嬉しかったけど、
体力が…
 
毎回いけるわけではないので、まだ2回しか経験してませんが
ぎゃくに 逝くことに執着しなくなったみたいです。
 
彼の影響もありますが、男性やsexに対する苦手意識コンプレックスが ずいぶん軽くなったみたい。
 
むらさんと会った頃はたぶんここ一番 暗黒の時代だったように思えます。
 
むらさんから気づかされたこともいっぱいありましたし…
 
 
なんか ちょっとだれにでも言えないこと(中でいけたこと)ですが、
どうしても聞いてほしくて…ひとまずご報告まで
  
 
むらさんも 変わりなくお過ごしですか?
 
お元気で!』

 (終)
 
 【関連記事】
【事例集】『イキやすい体勢を見つける - 『得意な体勢が結果を出す』ある女性の初めての膣イキ』
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。