ジラすと快感はアップするのか? - 万人に有効なテクニックなど存在しないということ

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の性感帯と性的快感、性的不感症について◆◆  >  ⇒ジラシの効果について >  ジラすと快感はアップするのか? - 万人に有効なテクニックなど存在しないということ

ジラすと快感はアップするのか? - 万人に有効なテクニックなど存在しないということ

 セックスのハウツー物や自称・達人が書いている事に、

『ジラすと快感がアップする』

 と言う類の内容があります。

 女性が求めている部位に触れるようで触れないでいるとイザ触れた時に大きな快感になるとか、
 触れるようで触れない、入れるようで入れない、をしていると女性の方から求めてきて、
 ジラされている間に女性の興奮が高まっているから快感が大きくなると言う理屈です。
 
 この理論は多くの女性に当てはまる効果ですよね。
 ジラシは男性に対しても有効だと思います。
 確かに、ジラシによって興奮が高まる。快感が増すという人は大勢います。
 
 ただ、人の好みが十人十色であるように「ジラシ」がまったく有効では無い人。逆効果な人もいます。
 
 特に『セックスに集中できない』タイプの人には効果が少ない人が多いと思います。
 集中できないから、快感が持続しない、絶頂感が得られないというタイプの人です。
 セックスの最中に、集中しなければと思うのだけれど、ついつい余計なことを考えしまうとか、相手の男性がどうしているか考えてしまう、どう動いたらいいのか気になる。手をどこに置いたら良いのか気になって集中出来ない。
 もう一の自分がいる様な感じに「客観視」してしまう為に集中出来ない女性もいます。
 
 「ジラシ」が効果ある人にとっては、
 「ジラシ」をされている間は、ジラされていることで快感に対していつもより集中しているのですね。
 ジラされ続けて集中が高まっている段階で肝心な部位に触れられるから大きな快感になるのです。
 もともとある程度以上の快感が得られる人、もともとセックスにある程度は集中出来る人には「ジラシ」はとても有効な方法なのですが、
 
 『集中出来ない人』にとっては、ジラしの動きが「あ~あ、なんかやってるな~。ジラシてるつもりだろうけどさ~」と、ただ客観的に考えせるだけになったり、
 ジラシの動きがますます快感に集中出来なくなる人もいます。
 ジラされると無駄なことをやられているようでイライラしてくる人もいます。
 
 『集中出来ない人』でも、前段階で快感に集中出来る状態に導いてあれば「ジラシ」が効果を出す事もあると思いますが、
 そうでもなければジラされても白々しい空気が流れて、ジラしている方がマヌケになるだけです。
 
  
 セックスに絶対有効なテクニックはありません。
 世の中で良く知られている性行為のテクニックの多くは、何の苦もなく快感をある程度は得られる女性を前提に考えられています。
 しかし、実際はアダルトビデオに登場する様な分かりやすい反応をする女性ばかりではありません。
 
 セックスでは、相手が教えてくれないことに気づけるコミュニケーション能力が必要だと思います。
 ジラしているつもりがジラされていたではカッコ悪すぎると思います。 
 
 (終)
 
[ 2011/08/17 11:00 ] ⇒ジラシの効果について | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。