簡単な体外式ポルチオ開発の方法【2】 -体内に振動を送る事をマスターする。男性器の挿入中にも体外式を使ってみる

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆ポルチオ性感について・・・◆◆  >  ⇒【元祖】体外式ポルチオ開発の方法 >  簡単な体外式ポルチオ開発の方法【2】 -体内に振動を送る事をマスターする。男性器の挿入中にも体外式を使ってみる

簡単な体外式ポルチオ開発の方法【2】 -体内に振動を送る事をマスターする。男性器の挿入中にも体外式を使ってみる

 簡単な体外式ポルチオ開発の方法【2】の紹介です。
 あらためて、ポルチオとは何か?については『ポルチオとは?』の記事を参照してください。
 そして、一般的な膣内からポルチオを開発する方法『ポルチオ開発の基本的な方法を参照してください。
 
 さて、ポルチオを開発する方法には膣内から行うものが多いですが、
 私流の身体の外からポルチオを開発する方法【その2】を紹介したいと思います。
 書いている事は、あくまで私オリジナルの『むら流「ポルチオ性感」』『元祖・体外式ポルチオ開発』です。
 
 ポルチオ性感のキーワードの一つに「揺らし」があります。
 女性に起こる「揺れ(振動)」が快感につながります。
 女性の身体、体内、脳(意識)を揺らすことを念頭に置いてください。

 まず、女性を性的に興奮が出来る状態、あるいは、性的に興奮している状態にしてください。
 実はこれが一番大事なことでもあります。
 その上で、
 
【1】女性にあお向けに寝てもらいます。
 実際には、女性は立っていても座っていても出来るのですが、あお向けに寝た姿勢がやりやすいでしょう。
 女性は裸が良いと思いますが、この方法は着衣があっても基本的に可能です。
 
 女性のヘソから恥骨の上にかけてを指先でトントンと叩き続けます
 お腹を指で叩くと言うことですね。
 恥骨の上というのは恥骨自体を叩くことも含まれます。
 トントン叩きながら、ヘソから恥骨の上までを往復します。
 が、女性の反応が良い位置を見つけたらそこを叩き続けます。

 叩く指は二本指か三本指が良いと思います。「人さし指と中指」、「中指と薬指」、「人さし指と中指と薬指」。
 【↓解説のイラストはクリックで拡大します】
manzokunosusume_kantan_portio_02_001.jpg
 叩く時間は数分から、女性が快感を得られるようになって来ればずっと叩き続けていても良いでしょう。
 
 叩く強さは、優しく叩いても効果がある女性もいますし、強めが良い場合もあります。
 振動を女性の体内に送り、その揺れ(振動)を女性が意識し、快感に変換出来る強さです。
 女性の皮膚の厚さや脂肪の厚さによって強さに違いが出るかもしれません。 
manzokunosusume_kantan_portio_02_001_B.jpg
 トントン叩きながら、ヘソから恥骨の上までを往復し、女性の反応が良い位置を見つけるわけですが、
 その場所は、恥骨と腹部の境からヘソまでの5センチ以内の位置になる女性が多いと思いますが、
 叩きながら、女性の反応を見ながら少しづつ位置を変えていきます。
 同じ女性でも叩く位置は日によって違います。さらにはセックスをしている最中にも変わってきます。  
manzokunosusume_kantan_portio_02_tenokatachi.jpg
 
【2】次に、女性にうつ伏せになってもらいます。
 これも、立ったまま、座ったままでも出来ますし、着衣のままでも良いですが、裸でうつ伏せがやりやすいでしょう。
 うつ伏せになった女性の「仙骨(せんこつ)」と「尾骨」をトントンと指で叩きます
 「仙骨」というのは、仙骨とは骨盤の中央にある手の平大の逆三角形の骨です。
 腰の下、尻の割れ目の上あたりにあると思います。
 「尾骨」は仙骨の先端になる骨です。
manzokunosusume_kantan_portio_02_002.jpg
 上記したあお向けの時と同様に、叩く指は二本指か三本指が良いと思います。「人さし指と中指」、「中指と薬指」、「人さし指と中指と薬指」。
 
 叩く時間は数分から、女性が快感を得られるようになって来ればずっと叩き続けていても良いと思います。
 
 仙骨を叩く強さは、優しく叩いても効果がある女性もいます、強めが良い場合もあります。
 上記したあお向けの時と同じで、骨を叩いた振動を女性の体内に送り、その揺れ(振動)を女性が意識し、その揺れ(振動)を快感に変換出来る強さです。
 
 叩く位置ですが、
 上記したあお向けの時と同様に女性よって違いますが、
 その位置は、【1】であお向けの時に叩いた位置の「真裏」であることが多いです
 正しい位置を叩けていれば女性の反応が他と違うはずなので、女性の様子を見ながら位置を探るのが良いと思います。
 
 やはりあお向けの時と同様で、同じ女性でも叩く位置は日によって違います。さらにはセックスをしている最中にも変わってきます。
 
【3】仙骨を叩き終えたら、
 仙骨を叩いていた、その位置から左右に横の位置。
 仙骨と尻の境目を、指で叩くか、指で押してください。押すなら親指でも良いでしょう
 仙骨をトントン叩くことで女性が既に快感を得られている状態なら、
 この尻との境目の位置を「叩く」、「押す」で強い快感を得られるはずです。
manzokunosusume_kantan_portio_02_003.jpg
 
【4】上記した「あお向け」や「うつ伏せ」で、女性が振動をなかなか快感に変えられない場合。
 正常位で男性器をその女性の膣の一番奥まで挿入し、腰を動かさない状態で、トントンと腹部を指で叩いてて、男性器に一番振動が来る位置を叩き続けてみてください(男性器が勃起時に5センチ以上あれば効果のある振動を感じられると思います)。
 これにより、女性が振動を快感に変えられる場合があります。
 ただ、これをしている時は「体外式のポルチオ性感」ではなくなるのですが。
manzokunosusume_kantan_portio_02_004.jpg

 
【※】……【1】から【4】の方法で、振動が快感なのだと女性が気づくことが出来れば、
 ポルチオへの振動だけでなく、
 身体のどこの揺れに対しても、それを快感に変換して膣イキできるようになるでしょう

 
 さて、女性によっては「あお向け」と「うつぶせ」でポルチオの快感の効果(の出かた)が違うだろうと思います。
 効果が良く出る女性だと差を感じないかもしれませんが、女性によっては「あお向けだけ」に反応するとか、「うつ伏せだけ」に反応する場合があります。
 これは、女性ごとに体内の状態が違うからですし、さらには揺れ(振動)を快感に変換するのに得意な体勢があるからです。
  
 「あお向け」でも「うつ伏せ」でも無く、まれにですが横向きが良い場合もあります。
 この場合は、出っ張っている腰骨の周辺をトントンと指やこぶしで軽く叩くと効果が出ます。

 
  『簡単な体外式ポルチオ開発の方法【3】』では、四つんばい(バックの体勢)の女性に行う別な方法をご紹介します。
 【3】へ⇒『四つんばい(バックの体勢)の女性に行う体外式ポルチオ開発の方法 -簡単な体外式ポルチオ開発の方法【3】』
  
【関連記事】 
 『簡単な体外式ポルチオ開発の方法【その1】』
 揺れを快感と認識させるためにクリトリスの快感を利用する -簡単な体外式ポルチオ開発の方法【4】
 『男性の言葉に反応させてイクように開発する。女性が呼吸するだけでイクようにする - 簡単な体外式ポルチオ開発の方法【5】』
 『簡単な体外式ポルチオ開発の方法【6】 - 手技としては最も簡単なやり方』
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。