【1】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒イクきっかけを見つける事例 >  【1】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

【1】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

 「イケない」とか「性交痛がある」とか「不感症だ」とか、様々な理由で性行為に悩みがある女性がいます。
 そんな悩みの「イケない」という状態も、どの様にイケないかは人によってまったく違うものです。
 
 オナニーならクリトリスでイケる(クリイキ)けれどセックスではクリイキが出来ない状態や、
 クリイキは出来るが膣イキは出来ないとか、逆に膣イキは出来るがクリイキは出来ない場合もあります。
 一般的にはクリイキは出来るが膣イキは出来ないと言う女性が一番多いでしょう。
 さらには、クリイキも膣イキも出来ないという、イクことをまったく知らない状態。
 イケるけどボンヤリとしかイケないと言う様な女性もいます。
 
 セックスやオナニーで、疲れるくらいにとっても気持ちが良いけれどもナゼかイケないという女性には、身体はイクという反応を見せているけれども、それを頭(脳)で認識出来ない状態という場合が多くあります。
 そんな女性は、自分がイケている事に気づいた途端に絶頂感を得られるようになる場合があります。
 男性側からすれば、相手の女性にイク感覚、イッていることに気づかせる(体験させる)きっかけを作るのも、その女性にごとに何をきっかけに気づくかわかりませんから、きっかけ作りに試行錯誤するものです。
 気づくきっかけになる事は、身体への刺激だけでなく、言葉であったり、音であったりと様々です。
 
 そんな「気づくきっかけ」の例として、ある女性の事例を書きます。

 さて、みなさんの覚えている「一番最初の記憶」とは何でしょう?思い出せる一番古い記憶。
 その女性の一番最初の記憶は「4歳か5歳くらいの頃の椅子を使ってのクリトリスオナニーをしているところ」だそうです。
 その女性をMさんと呼ぶことにします。
 
 Mさんは自分の年齢は21歳と言っていました。
 Mさんが幼い頃にオナニーを覚えてから、2日に一度くらいのペースで椅子にクリトリスを擦りつけてのオナニーを繰り返しています。その刺激で毎回軽くイクのだそうです。
 19歳の時にMさんは当時交際していた外国人の男性と初体験をします。
 これまでの男性経験は4人の交際相手だと言うMさん。
 どの男性とセックスを何度しても、Mさんの思い描いていたような膣での快感を得ることができないのだそうです。オナニーではイケるクリトリスも、男性から触られれば気持ちイイのですがイクことができません。
 クリトリスはオナニーの時に自分の指で触ってもみてもイケずに、結局イスに擦りつけて軽くイクのだそうです。
 膣はオナニーの時に触ってもあまり感じず、男の人に触られると少しは気持良いのですが、指を激しく動かされると痛くて、男性器を挿入している時もやはり同じく少し気持ち良い感覚で痛くなるのだそうです。
 今交際しているカレ(日本人)は、優しい人だが、セックスでは挿入することだけが重要な行為になっていて、さらに、カレの男性器は交際して来たどの人よりも大きいそうで、
 それを挿入されている時、強く突かれると膣の奥が痛くてMさんは叫んでしまうのだそうです。
 カレはその叫びをMさんが気持ち良いから叫んでいると思っている様子。
 
 カレから「前のカノジョはイッていた」と言われると、Mさんは女として前のカノジョより自分が劣っているように思ってしまうそうです。
 Mさんは椅子オナニーもペースを変えずに続けていて、カレとセックスをしても満足したことが無いそうです。
 自分の性に対する自覚が早かったせいか、性欲が強いせいか、常に頭に性があるというMさん。
 そんなMさんは「膣イキ出来るようにしてほしい」「お願いします。私を解放して下さい」と言って、私に頼んできたのでした。
 Mさんの椅子を使ったオナニーは「してはいけないオナニーのやり方」の一つです。
 してはいけないオナニーのやり方についてはこの記事で⇒『してはいけないオナニーのやり方 - セックスでイケなくさせるオナニー』
 
 私は会う事を承諾しました。
 Mさんは新幹線でやって来ました。
 午前中の駅で待ち合わせです。
 細身の体形のMさん。軽い挨拶を交わし、ホテルへ向かいます。

 ホテルに着くと、Mさんはコンビニで買ったパンを食べながら、アレヤコレヤと話をします。
 暗示(催眠)の話題になったら「かかってみたい」とMさんが言うので、腕が曲がらないとか口が開かなくて話せなくなると言う様な暗示をかけます。
 
 【2】へ続きます。⇒【2】へ
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。