【3】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒イクきっかけを見つける事例 >  【3】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

【3】してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける

 【2】からの続きです。
 
 指でクリトリスを触っていきます。軽い刺激です。
 それなりにMさんの全身の感度を上げてあるはずですが、それでもクリトリスへの指の刺激はやはりそこそこ気持ちが良い程度の様子のMさん。
 指から感じる様子とMさんの反応を見ていて「なるほど、やはりか」と思った私は、指の刺激を強くします。
 他の女性には絶対にしない、ありえない程の強さです。
 強いですが動きを早くはしません。

 「あーーー!」とMさんの反応が変わります。あきらかにスイッチが入ったのがわかります。アエギ続けるMさん。時々、叫びます。
「痛く無いだろ?」と尋ねると、「気持ち良いーー」と叫ぶMさん。
 椅子に擦りつけるオナニーをして来たMさんには、この様な強い刺激で無いと脳まで届かないのです。
 Mさんの場合、「クリトリスの包茎」であることが、包皮の上からの強い刺激を望むようにさせて来たことが推測できました。
 
「男性からこれくらいの刺激をされたことは?」と尋ねると、アエギながら「ない」と答えるMさん。
 普通の男性であれば、こんな強い刺激はしないものです。大人のオモチャのローターや電動マッサージ機(電マ)でも、これよりは弱い刺激のはずです。
 激しい声を上げ続けるMさん。
 やがてイク反応を見せるMさん。ですが、ずいぶんと軽いイキです。おそらくこれが椅子オナニーでイク時の状態でしょう。「ボンヤリとイク」のだと後で彼女は言っていました。
 ですが、私はクリトリスを刺激を続けます。
 意識の向け方や力の入れ方などを指示します。
 やがて強烈なビク!という動きを見せたMさん。
 その後に「もう(クリトリスに)触らないで・・・くすぐったい。刺激が強い・・・」と言うMさん。
「今のはずいぶんとハッキリわかっただろ。いつものより激しくイケた感じ。普段のイクのでは、触らないでと言う状態にはならないだろ?」と尋ねると、うなずく彼女。
「それがイッた後のクリトリスの反応。多くの女性はクリトリスでイッた後には、それ以上触られたくない状態になる」
 それでもMさんのクリトリスを触り続ける私。
「やめて、やめて・・・」と彼女は言います。
「一度でもイッてしまえば、あとはイキやすくなる・・・だから、(指の感触からイキそうなのを感じて)ほら来た。もうすぐイクだろ」と言うと、Mさんは声を上げ大きくビクんとしてイキます。
 そうやって何度もクリイキさせます。
「やめて、やめて、これ以上はもうクリが痛くなる」と言って、逃げるようにうつ伏せになるMさん。
「大丈夫。そこまで何度もイケば、もう軽く触ってもイク」と言って、尻の方から指を指し込みクリトリスを軽く刺激します。「ほら・・・来た」と私。
 ビクン!と尻が浮かんで跳ねあがるMさん。
 オナニー慣れしている女性は、コツさえわかればいくらでもイケます。
 刺激を続ける私。イクたびに跳ねあがります。
 逃げるように、ベッドから胸から先が落ちた状態の彼女。そのままビクン!と尻が跳ねあがります。
 後で「(跳ねる)魚みたいだった」とMさんは自分を様子を言っていました。
 
 クリトリスへの刺激を止めます。
 
「でも、俺は普段はあんなに強く触らないぞ。あれは特別」と私が言うと、
「え? そうなんですか? 他の人はもっと弱くて感じるんですか?」とMさん。
「そう」と私。さらに「さっきの状態が、本当の自分のクリイキの反応。叫んで、跳ねる」と私が言うと、
「どうしよう。あんなの彼に見せられないよ~」とMさんは言っていました。
  
 今度は、彼女の膣内に指を挿れていきます。
「入れるぞぉ」と言いながら、指を一本沈めていきます。 
 指を入れてすぐに「あ~、これは眠ったままだ」と思う私。
 彼女の膣は緩いのでは無く、彼女の膣が快感を得たことが無いので本来の動きが出来ない眠った状態なのです。本来であればもっと強い圧迫感のある膣のはずです。
 「膣が緩い」と言われる女性の中には、膣で快感を得たことが少ない為に緩みっぱなしになっている人が多くいます。
 
 指を入れてまもなく痛みがある個所を見つけます。
「ココは痛い? ここは?」とMさんに尋ねると、「痛い」と答える彼女。
「これは奥が突かれるから痛いと言うよりは、痛みが出る場所があり、そこに何かが触れて出る性交痛だね」と私は言います。
 
 痛みの出る場所は避けて私は膣内を刺激していきます。
 
 挿れる指を二本にします。
 膣内の指の動きにMさんは快感の反応を見せ、膣内はやや膣イキの反応をしますが、Mさんはそれを認識出来ない様子。気づかせなければなりません。
 
 【4】へ続きます。⇒【4】へ
  
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

[ 2012/03/07 13:00 ] ⇒イクきっかけを見つける事例 | TB(-) | CM(-)
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。