【5】眠っている性衝動を起こすきっかけ - 性的な精神状態になるスイッチを見つける

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒きっかけで性的に激変する女性 >  【5】眠っている性衝動を起こすきっかけ - 性的な精神状態になるスイッチを見つける

【5】眠っている性衝動を起こすきっかけ - 性的な精神状態になるスイッチを見つける

 【4】からのつづきです。
 
 この後は、私がほとんど動かなくてもイキ続けるAさん。
 彼女が普段なら絶対に出さないはずの怪獣の様な声で「ぐぅごあら!」「ぎゃああああ」と大絶叫の状態から、やがて、舌を口から少し出しながら「ぁ゛が・・・ぁ゛が・・・」と雑音しか声にならなくなります。

 膣イキの激しい筋肉の緊張で、Aさんは脚で私を押し倒します。
 なんとか負けまいとするのですが、Aさんがイク度にとんでもない怪力で、蹴り出されるようにベッドの端まで私は飛ばされます。
 正常位ですが、Aさんの脚に力が入りにくい体勢を選んで、挿入をやり直します。
 
 とめども無くイキ続けるAさんに、
「まだイクなよ」と命じます。
 Aさんは顔をブルブルと横に振って「む゛・・・り゛・・・・む゛・・・り゛・・・」とつぶやきますが、
「ダメダメ、イクなよ。イッたらもうやめちゃうぞ。やめても良いのか? 抜くか?」と私が言うと、
「ヤ゛ダ・・・ヤ゛ダ・・・でも゛、ガマ゛ン゛でぎな゛い゛」とかすかな声でAさん。
 Aさんが、どんなに「イ゛キ゛だい゛」「ガマ゛ン゛でぎな゛い゛」「死゛ぬ゛」と言っても、
 「イキたいだろ? イキたいよなぁ。そかそか~。でもイクなよ」と言ってイカせません。
 それでも確実にイキたくなる点を刺激する様に私は腰をうごかします。
 ここで、彼女が望んでいた『ビンタされる』をします(力加減は軽いですけどね)。
 「イクな。ほら、イクな。イクなよ。ほら。」と言いながら、彼女の頬をペシ、ペシとビンタします。
 ですが、後からAさんから聞いてみれば、ビンタされた記憶はまったく残っていないとの事。
 
 身体が固まり、膣も締めつけます。Aさんは、目をカッと見開いて、舌を出しながら、あらぬ方向を見続けます。
 私はそれを見て「イッて良いぞ」と言うと、
 どこから出てくるんだという声で叫び、ジタバタしながら絶頂するAさん。
 そんな「ガマンさせて絶頂」を数回繰り返します。
 
 Aさんはこの様な状態ですが、私はずっと冷静でいます。
 私にはSMの趣味は無いので、あくまで終始冷静に彼女の望んだことをしているのです。 
 
 イキっぱなしが続くAさんに対して、
 絶頂感がさらに増すように微妙に位置を変えながら腰を動かしていると、
 さらなる絶頂の後、Aさんが全く動かなくなりました。
 失神です。
 それまでも何度も軽い失神はしていましたが、ハッキリとした失神。
 腰を動かそうが、乳首を触ろうが、何をしても無反応になります。
 顔は感情がなくなったかのように素の表情。
  
 最高のイキ方が「失神、気絶」だという人は良くいますが、私はそうは思いません。
 失神しやすい人はイク前から失神しますし、失神の上を行く絶頂感もあるからです。
 失神しやすい女性の中には、失神の連続のせいでセックス中の記憶を失う人もいるので「もったいない」と言って失神するのを嫌がる人もいます。
 
 失神した人の身体は普段よりとても重くなりますよね。眠っている人を重く感じるのと同じです。
 失神して動かないAさんの体勢を変えようとしますが重くてなかなか動きません。
 
 失神しているAさんの様子をしばらく見ていましたが、
 『ビンタをされたい』がAさんの希望なので、
 力加減して、ぺチン!とAさんの頬をビンタすると「ハッ!」と目を見開いてAさんが気づきます。
 私はまた腰を動かし始めます。
 Aさんはイキ、また失神します。
 またビンタして気づかせます。
 イク、失神、ビンタを何度も繰り返します。
 後で尋ねれば、このビンタのこともまったく覚えていないAさん。
  
 意識が戻っても、また失神寸前のAさんに、腰を動かしながら私は、
「白目をむけ、頭の裏側を見るくらい上を見ろ、眼を開けろ。そのまま頭の裏側を見ろ。白目だ」と指示します。
 イク時に白目をさせると絶頂感が強まる女性が良くいるのです。
 Aさんの閉じかけの瞼の間から白目が見えると、
「ぼげら゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」
 今日最大の声量で言葉になっていないスゴイ叫び声をあげると、激しい力でのけ反り、もがきながらイキ、また失神するAさん。
 
 うつぶせた後背位に体位を変えても、Aさんはイキ、失神します。
 尻をバシッと叩いて気づかせます。
 尻を叩かれるだけで悲鳴をあげながらイキ、そのまま失神するAさん。
 また尻を叩いて目を覚ます。
 尻や背中を手で揺らすだけでイキ、失神するAさん。
 
 正常位に戻しますが、
 そのうち、イク、失神から意識が戻っていてもAさんは動かなくなります。
 意識が戻っても舌を出したままで、話しかけても「う゛ぐぅ゛ぅ゛ぅ゛ぅ゛・・・」と、かすかに呻き声を出すばかりで、反応は返って来ません。
  
 すでに残り時間も無くなっていたので、
「じゃ、終わりにするぞ」と言うと、Aさんがかすかに頷いた様な気がしたので、
 生まれつきの体質で射精を自由にコントロール出来る私は、頭の中の射精のスイッチを入れます。

 射精は脊髄反射なので、脊髄反射は我慢できないから、「射精をコントロールするなてウソだ」と言う人がいるのですが、
 その理屈は私も知っていますが、それでも理屈が何であれ出来ているのですからしかたがない事なのです。
 自由にイケる女性もいれば、なかなかイケない女性もいる。
 人は誰もが同じではありません。人とは違う体質の人はいくらでもいるものです。

 私が少し腰を動かすと、Aさんは獣の様な叫びの後にイキ、またAさんは失神。その間に「ホラ出すぞー」と笑って言いながら、私は終了しました。
 
 終わってもAさんは動きません。
 話しかけても何も返事をしません。目は空いていますが焦点があっていません。
 しかし、残り時間は全く無いのです。
 彼女なら、この様な状態になることがわかっていたから「時間が足りない」と会う前から言っていたのです。
「おい、ガンバって風呂に行くぞ」と、Aさんを動かそうとしますが動きません。
 目も虚ろで、何も話さないAさん。
「ガンバレ、ガンバレ」と言いながら、力が抜けて重たくなっているAさんの上半身をベッドの上に起こします。
 Aさんが何か言っています。
「なんだ?」と私は耳を近づけます。
「・・・頭がしびれる・・・」と、かすかに言うAさん
 腰が立たず、エビの様に前屈みでフラフラしながら風呂に行くAさん。
 湯船に入れさせるのも一苦労です。
 目の焦点が合わず、湯船に沈みそうなのを「しっかりしろ」と声をかけて支えます。
 
 風呂から出ても、まともに歩けないAさん。「帰れないかも・・・」とつぶやきます。
  
 Aさんは自分の携帯電話を見ると、旦那さんから大量のメールと着信。「最悪だ・・・」とつぶやきます。
  
 Aさんが決めた制限時間をオーバーしてようやく支度が終わり、「ヒザがガクガクする」と言うAさんとホテルを出ます。
 駅に向かって歩いていると「まだ頭がしびれている」と言うAさん。
  
 駅に到着、改札で別れますが、帰宅ラッシュが始まる時間、フラフラと歩くAさんが人混みにまぎれ階段に消えるまで見送りました。
 
 翌日、Aさんからいくつかメールが届きます。
 
『お腹がものすごい筋肉痛だよ。
 
特に下腹がやばい。』
 
『昨日むらさんと別れてからも常に半分イキかけてる状態が続いてるから。』
 
『イってる間は、深くず~っと沈んでいく感じ。
 
気持ちいいよりももっと上の快楽?
って感じかなぁ
 
イきっぱなしで狂いそう
イクのがずっと長く続いたのは初めて
幸せだったよ。
死ぬ時はあのまま死ねたら最高だと思う
むらさんに抱かれながら首絞められて幸福感のまま死にたいな。』
 
『昨日のセックスはなんか記憶が断片的だよ。
気を失ってたのかな?』
 
『うそっ
私気を失ってたんだ…
どんなふうになってたのかなぁ
その間はセックスしてたの?
そういえば最後は覚えてないかも。
 
オナニーでイク次元じゃないよ。
 
種類が違うよ。
昨日のはイクのがずっと続いて頭がおかしくなりそうだったもん。』

 
 会う前から普通の女性とはレベルが違うはずだと言ってあったことを、Aさんに言うと、
 
『嬉しいけど複雑な気分。
 
だから他が基本的にダメなのかな笑
 
むらさんとセックスするためだけに生まれてくればよかったな。
 
する前から見抜いてるむらさんはホントにすごいよ…』

 
 翌々日になっても余韻の状態が続くAさん。
 
『お腹の下の奥が熱い
 
むらさんに会いたいよ
 
ずっとイキそうな状態なのもツライかも…(;∇;)』

 
 
 普段の状態と性衝動のスイッチが入った後の差が大きい人としてAさんの例を紹介しました。
 Aさんの状態の描写を読んで「怖い」とか「ウソだろ」とか思った人もいるかもしれませんが、念のために私の妄想ではありません。
 普段の対人恐怖症のAさんからは想像できない姿です。
 ただ、性的なスイッチが入れば誰でもがAさんの様な状態になるわけではありません。
 良く言う「エッチな気分になった」という程度もスイッチが入った状態です。
 
 性衝動の激しさに程度の違いはあれ、セックスで性的な衝動のスイッチが入る事は「心と身体の満足」を得るために必要になる要素です。
 
 どんなに愛し合っていても、どんなに好きと思っていても、どんなに信頼し合っていても、
 セックスがうまくいかないことはあります。
 「愛」や「好意」は、「心の満足」を得るには充分な要素ですが、それだけでは「身体の満足」には繋がらないことがあるのです。
 理想的なことが書いてあるセックスのハウツー本のテクニックを試してもうまくいかない問題が、スイッチを見つけ出し、それを入れるだけで解決してしまうことがあります。
 人間の脳は誰でも似た様な反応をするものの、まったく同じではありません。
 「イケない」という悩みを解決する方法も、同じ方法が誰にでも通じる物ではありません。理想の通りにはいかない事がたくさんあります。
 ただ、万能な解決策は無くても、その女性に合わせた方法がきっとあるものです。
  
 (終)
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。