【後編】ゆるい・性交痛・不感症・快感恐怖の改善 - 女性の「心と身体」のアンバランス

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【経験談】初めての膣イキ(中イキ)の事例集◆◆  >  ⇒ゆるい・性交痛・不感症・快感恐怖がある女性 >  【後編】ゆるい・性交痛・不感症・快感恐怖の改善 - 女性の「心と身体」のアンバランス

【後編】ゆるい・性交痛・不感症・快感恐怖の改善 - 女性の「心と身体」のアンバランス

 【前編】からの続きです。
 
 膣内で快感を得る事と膣イキを覚えたYさんの膣は今後は勝手に締まるようになります。 
 膣内が「ゆるくない」と私がYさんに教えると、
 それを聞いて安心したのか、Yさんはティッシュの山を作りながらしばらく泣いていました。
 
 泣いた後、Yさんは、「ゆるい」と言って傷つけた男達を「殴ってやりたい」と言って、また泣き笑いしていました。
 
 Yさんは男性器や指を膣に挿入されると痛みを感じると言っていたのですが、
 コンドームをした私の男性器を挿入した時には、「あれ? ぜんぜん痛くない」と言っていました。

 私は、やや柔らかい勃起状態で挿入し、膣内で硬くするという方法を使ったのですが、それを事前に説明するなどのコミュニケーションが、Yさんに安心感を与えたのだと考えます。
 
 Yさんの性交痛は、Yさんの心が作りだしていた物で、傷などの痛みを起こす何かがあったわけで無いのです。
 「ゆるい」と言われた事などの「セックス」「挿入」に対するマイナスのイメージが痛みを作り出したのでしょう。
 それが消えたのです。
 
 Yさんの様に「心が作り出す性交痛」を持つ女性はとてもとても多くいます。
 
 Yさんに「ゆるい」と言った男性達よりも、たぶん私の方が女性経験がかなり多いと思いますが、その経験から言ってもYさんの膣内は「きつい」と思いましたし、 
 私の男性器のサイズは長さも太さも普通ですが、その私の男性器を挿入して、Yさんの膣内は「きつい」と感じました。
 快感を得られるようになったYさんの膣は、もう「ゆるい」と傷つけられることは無いはずです。
 あの後から、もし、そう言う男性がいたなら、その男性の感覚が麻痺しているか男性器が極端に小さいだけです。
 
 快感に没頭するのが怖いと言っていたYさんですが、
 コミュニケーションの中で、安心出来たり、感情を開放できて痛みが消えたことで、
 結果的には、
「もう無理。もう無理」「はじめてでイキまくりってスゴイ」「腰が立たない」と言うまで何度も膣イキを経験し、
 身体が揺れるだけでイクという様な経験もして帰って行きました。
 
 Yさんが『』内の様なのメールをくれました。
 
『むらさん!
お疲れさまです。いま家つきました!
 
本当初めての体験でびっくりとか戸惑いだらけでしたら付き合って頂いて感謝です。
あたしあまり声が出ないものだと思ってたんですがあんな大きな声だしていったの初めてです。
すごい解放された感じで超気持ちよかったです。
帰りの新幹線で横のおじさんがくしゃみしてびくっとなったらいきそうになりました。
 
ゆるくないって言ってもらって安心しました。
自分で自分の体知らなすぎですね。
セックスしたあとけっこう女性器痛いんですがそれがなくてびっくりしました
 
泣いたり騒いだりで本当子どもでしたがいい1日でした。
ありがとうございます。』 

 
 私はYさんに対して媚薬や大人のオモチャ等の道具は一切使っていません(そもそも道具を使うのは私は好きではありません。)。
 私が出来たYさんの改善事例は特殊なものでは無く、「ゆるさ」や「性交痛」「不感症」「セックスへの恐怖」に悩んでいる女性の解決の参考になるはずです。
 
 
 人の心も身体も不思議なものです。
 自分が感じている事と身体の反応が違う。
 
 Yさんの様に、男性にとって「ゆるい」はずの膣なのに、女性自身には圧迫感があって痛みを感じる例は珍しくはありません。
 
 気持ち良くないのにたくさん濡れる。
 濡れているから男性は「気持ちよがっている」と思い込む。
 よがっているのだから「もう充分」という思い込みが適当なセックスをさせる。
 適当なセックスだから「痛い」。
 「痛い」から気持ち良くない。
 気持ち良くないけど生理的な条件反射で「濡れる」。
 濡れているから男性は「気持ちよがっている」と思い込む。
 よがっているのだから・・・・・・。
 そんな悪循環になっている女性は多くいるはずです。
 
 でも、安心出来たり、感情を開放できるだけで痛みが消える。
 コミュニケーションしだいで無かったはずの快感が現れる。
 
 自分の良い思いのままに身体が反応してくれる。
 「心と身体のバランス」がとれるほどに、女性は本人の望む形の「良いセックス」に近づけるのだと思います。
 
 (終)
 
  
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。