幼き自分を抱きしめて - 性的虐待の心の傷を乗り越えて

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の性交痛について◆◆  >  ⇒心の傷が痛みを作る >  幼き自分を抱きしめて - 性的虐待の心の傷を乗り越えて

幼き自分を抱きしめて - 性的虐待の心の傷を乗り越えて

 10年以上前から性に関する記事を書いてきました。
 
 その間に、いろんな人の相談や誰にも言えなかったという告白を聞いてきました。
 
 性的不感症や性交痛、性交への恐怖・嫌悪、などなど、
 性行為に悩みがある女性は多くいます。

 性行為をうまくいかせない原因に「心の傷」があります。
 心の傷のせいで思うように身体が動かない、心が冷える、快感がない、怖くて出来ない、…。
 どうして心の傷が出来たのかは人によって様々ですが、
 幼い頃の性的な虐待が大人になっても影響し続けている人は多くいます。
 


 
 その心の傷を無くし性行為をうまく出来るようにする良い方法というのは、なかなかありません。
 それでも、記事が何かのきっかけになればと書いてきました。
 
 以下の内容も、もうずいぶん前に書いた物です。


 私は、性癖というのは誰にでもあるものですから、互いの性癖になるべく寛容であるべきだと思っています。
 が、「幼児性愛」に関しては一切認めることが出来ません。

 人は幼い時の様々な経験がその後の人生を決めていくものだと思います。

 これはSNSで、日記としてたくさんの記事を書いていた頃の事。
 ある女性が私にメッセージをくれました。
 そのメッセージは以下のように始まります。
 『』内が女性からのメッセージの内容です。

『はじめまして、ここ数日足跡残しまくってて申し訳ありません。

むらさんの日記、コミュを拝見し色々と思うこと、聞いていただきたいことがありメッセージさせていただきました。

私は、私が参加しているコミュをみていただければわかるように、レズビアンです。』



 SNSをやっていて、レズビアンだという人からメッセージをもらったのは初めてでした(バイセクシャルだという女性からは他にもありました)。


『現在3×歳ですが、30過ぎるまで 好きになる人は普通に男の人でした。
でも、男性とのセックスの経験はありません。
それは、そうゆうふうになると(性の対象としてみられると)「気持ち悪い」と思ってしまうのです。

幼稚園か小学校低学年のころに、近所に住んでいた高校生くらいの男の人に「いいものみせてあげるからきてごらん」と人気のないところに連れていかれ性器を触られました。
良く見かけるお兄ちゃんという感じだったので、私も全く警戒もせずについていってしまいました。
触られて、なんかおかしいと思い、私が泣き出したため触られるだけで終わりましたが初めて「怖い」と思いました。

あとは小学校の用務員のおじさんと、何人かの友達と仲良しだったので用務員室に放課後遊びに行っていたのですが、そのおじさんに胸、下半身を触られたこと。

そのようなことがいくつかあり、男の人から、性の対象として見られることをを気持ち悪いと思ってしまうよになってしまいました。

そんなこともあり、パソコンなどで色々と見ているうちに自分が女の人に興味があることを気がつきました。
そう気がついてから、レズビアンの人と知り合い(ネットで)お互いに惹かれあい付き合うことになりました。』



 女性が、イカれた変態男達に出会わなくても、もともと同性愛の素養があったなら、レズビアンになったでしょうね。
 
 私は、子どもは躾(しつけ)とともに保護する対象であり、商業的であれ何であれ性の対象とするべきでは無いと思っています。
 幼少の時に性の対象で見られる事は、その子への否定だと私は考えます。


『今は、その彼女とも別れてフリーです。

レズビアンにも色々ありまして(笑)私が付き合っていた人は、男になりたいと思っている人ではなかったのですが、裸体を見られたり、触られたりするのを嫌がる人でした。7年付き合っていましたが、裸体は見たことがありませんし、もちろんお風呂に一緒に入ろうって言っても全く駄目な人でした。
私たちのセックスは、私は裸ですが、彼女は服をきたままのセックスでした。
私もセックスの経験がなかったので、身体が未熟な部分もあったと思うのですが、彼女とのセックスで気持ちいいと感じたことがありません。
(オナニーではイケます、クリトリスオンリーですが)
クリトリスを舐められても、指を入れられても全くなんにも感じなかったんです。
はじめは、回数をこなしていけばいつか感じるようになるだろうと思っていました。
でも、私も悪かったのですが感じたフリをしていまい、イッたフリをし早く終わらせたいと思うようになり、セックスするのが嫌になってしまいました。
一緒に暮らしてすぐに、セックスレス。
でも、性欲はあるので彼女のいない、一人の休みの時にオナニーで紛らわしていました。

こんなこと、言われても困ってしまうと思うんですが、、、、。
なんだか、むらさんに聞いてほしくなってしまって。 』



 私は、旦那さんがセックスの際に絶対に服を脱がないという夫婦の話を知っていますが、
 レズビアン同士のセックスも、男女のセックスと同様に当然いろんな形があり、性癖があるものですね。


『特に今日のコミュに書いてあった「巡り逢う偶然」「互いに過ごしてきた時間が違うから」を読んでいて、いつか私にもコミュニケーションがとれて、幸せだと思うセックスを共有できる人が現れるのかなって思い、それをむらさんに聞いてほしくてメッセージしてしまいました。訳わからないメッセージですいません。

でも今日のお話は、ズドーンときました。
これからも、日記、コミュを拝見させていただければと思います。

長々と申し訳ありませんでした。ありがとうございました。』



 SNSのコミュニティで書いてた私の記事を読んでくれたこの女性が、読んだ感想から思い立ってメッセージを送ってくれたようでした。

 私は、このメッセージへの返信の最後に以下【】内の様に書きました。

【私自身は同性愛者では無く、同性愛を肯定も否定もしない考えですので、
 私なりのお答しかできませんが、

 いつか、また、××さんが男性に魅かれて、もし、その男性とセックスが出来たなら、
 「私は、女性とも、男性ともセックスが出来て、得した人生だったな」と思っていただけたら良いなと思います。

 そして、幼少の時の程度の低い男性では無く、
 「真っ当な男もいるもんだ」と思っていただけたら、一人の男性である私としては良いかなと思うのです。】


 これを書いた私は、この女性が「レズビアンを止めるべきだ」などとはもちろん思っていません。
 無理に男性とセックスしろなんて思ってもいません。
 ですが、同性愛の感情が無い男性の私としては、
 幼児に手を出すような頭のイカれた変態男達のせいで、この女性の中の男全部の価値が下がってほしくはなかったのです。
 私の勝手な理屈でしょうけどね。 
 

 それに対して、女性から以下『』の様な返信のメッセージをもらいました。

『メッセージへの返信、ありがとうございます。

むらさんの言葉で気がついたことがありました。
私は、全ての男の人を一くくりにしてしまってました。

そんな人は一部であって、全てではないのに。
私の中に偏見があったんだなと反省しました。
失礼な言い方をして申し訳ありませんでした。

すぐにどうこうなる訳ではありませんが、男性、女性にかかわらず これから心寄り添える人に巡り逢えたらと思います。


突然のメッセージにもかかわらず、返信していただけたこと感謝します。


これからも、日記、コミュともに楽しみに拝見させていただきます。

ありがとうございました。』 



 女性は素直に自分の経験を書いてくれただけなので、
 私は女性のメッセージに気分を害していませんでしたし、女性に説教をしたわけでもありませんから、『失礼な言い方をして申し訳ありませんでした』なんて言わせてしまって恐縮しました。
 それでも、この女性が「自分にとっての本物に出会えた」と思えるような誰かに出会ってくれたら良いなと思いました。
 その誰かが、女性か、男性かは、私にはどちらでも良いことです。
 女性が幸福であればそれで良いのですから。 

 
 ある経験で、何かに対する評価や価値観が決まってしまうことってありますよね。
 わずかな経験なのに、その対象の全てを知った様な気になることは私にも良くあります。
 幼い頃の経験だと、その刷り込みを変えることは容易ではありません。

 大人同士の性体験でも、その内容次第で傷ついて、二度とセックスがしたくないと思う人もいます。
 幼い子供に向ける愚かな性衝動の為に、誰かの一生の性体験を台無しにするかもしれない、
 そんな大人が現れないことを願います。
 
 
 過去のメッセージを引用して日記を書くことを女性に告げたところ、女性からメッセージをもらいました。
 それを以下の『』内に転載して、この記事を終わります。


『この話は、今まで誰にもしたことがありません。
誰かに話そうとも、誰にも話さないとも特に思っていたわけでもありませんでした。

でも、やっぱりむらさんに話してみてよかったです。

うまく自分の感情を説明できませんが、幼かった頃の自分を抱きしめているような感じです。


もしも、同じような経験をされた方が 少しでも心が軽くなれれば・・・。

また、そのようなことが少しでもなくなれば・・・と思います。


ありがとうございました。』

 

 (終)
 
 
【ブログ版注釈】
 記事内で女性が読んだと書いている『互いに過ごしてきた時間が違うから』は、このブログにも掲載していますが、『巡り逢う偶然』という題名の記事の方は、このブログの記事としては掲載していません。
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2012/08/01 10:00 ] ⇒心の傷が痛みを作る | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。