身体への接触なしでもイクことは可能 - 性器への刺激ばかりが性行為ではないということ

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆心と身体の満足に必要な事◆◆  >  ⇒触れられることなくイク >  身体への接触なしでもイクことは可能 - 性器への刺激ばかりが性行為ではないということ

身体への接触なしでもイクことは可能 - 性器への刺激ばかりが性行為ではないということ

 オリンピックや世界選手権などを見ていると、一般人にはとても無理な身体能力で活躍する選手がたくさん出てきます。

 どんなことにも、それをうまく出来る人もいれば、そうでない人もいますし、
 普通の人から見たら、理解できないような能力を発揮する人もいます。

 私の書く記事の中に、性行為で「イケ」という指示を聴いただけ女性がイクとか、指示が書かれた文字を見た(読んだ)だけでイクとか、手を叩いた音だけでイクとか、
 身体に触れなくても絶頂感に達するという女性の事例が書かれていることがあります。
 
 この様な女性の事例を信じない人もいますし、信じたいけれど半信半疑だと言う人も良くいます。
 普通はあまり起きない事の様なので、半信半疑でもしかたないと思います。

 アメリカ合衆国ニュージャージー州のラトガーズ大学名誉教授のWhipple氏(Whipple氏は1970年代に「Gスポット」を普及させるのに貢献した)他2名が、
 『Science of Orgasm』(オーガズムの科学)でまとめた、MRIスキャナーを駆使した研究成果についてのインタビューで、
 「われわれの研究所では、女性は身体への接触がなくてもイメージだけでオーガズムに達し得ることを実証した。
 重要なことは、女性がさまざまな形の刺激からオーガズムや性的快感を得ることができるということだ。生殖器への刺激は必須のものではない。」と答えています。

 さらに「さまざまな人が、イメージや鼻や膝からオーガズムを得ると語っている。奇妙に思えるかもしれないが、これらの報告はみな信用できるものだ。
 生殖器によらないオーガズムがどれほど普通に存在しているかはやがてわかるようになるだろう。」
 と答え、さらに
「脊髄が切断されている女性でもオーガズムを経験できることがはっきりわかった。
 女性がオーガズムを感じている間は、脳内の同じ部位に活発になる部分が生じる。
 自分であれ他人であれ誰も身体に触れておらず、想像力だけでオーガズムを感じている場合でも同じだった。」とも答えました。
 
 ちなみにインタビュー記事の元は⇒http://wiredvision.jp/news/200706/2007060822.html
 
 オーガズムとは性行為の絶頂感のことですね。イクと表現されるものです。
 いろんなことを研究している人がいるもんですね。
 
 記事の内容を簡単に言えば、身体のあらゆる場所への刺激でイク女性がいて、身体への接触が無くてもイク女性がいるということです。

 身体への接触無しで絶頂感を得るという状態には、
 いくつかパターンがあると思いますが、
 「コレがあるとイってしまう」という条件反射の様に絶頂が起こる人もいると思います。
 
 女性のイクためのスイッチは、セックスの最中に男性からされる事によってスイッチが作られる場合もあれば、
 女性がイメージ(妄想)でイクというように、女性が自分でスイッチを作り出しそれを押す場合もあります。
 愛しい相手が目の前にいるだけでイッてしまうというのもそれでしょう。
 「イケ!」と命令されるとイッてしまうのもそうです。 

 オーガズムだけでなく、
 性行為には「潮吹き」という現象がありますが、
 身体にまったく触れなくても「吹け」という指示で潮吹きをする女性もいますから、
 身体への接触が無くてもセックス中に起こる様々な現象は引き出すことが出来ます。

 
 この様に身体に触れなくてもイケるように出来るわけですから、
 身体に触れる場合でも、
 クリトリスや乳首の様な一般的な性感帯ではない、
 鼻や二の腕など全身どこを触ってもイクようにすることは当然出来ます。

 条件反射に似ているので、
 イク時に腰が浮くのが癖の女性であれば、男性が腰を支えて浮かせてあげるだけでイケる場合がありますし、
 また、
 イキにくい女性ならば、その姿勢(その女性がイク時に決まってする姿勢)にしてあげることでイキやすくなる場合があります。
 

 連続イキや強烈な絶頂感を得たことがある女性だと全身が痙攣するのを経験したことがあると思います。
 ビクン!ビクン!と止まらない痙攣です。
 この時の痙攣は腹筋の緊張で起こっている事が多いのですが、
 この様な経験したことがある女性に対して、腹筋の緊張を無理やり起こしてあげることでその女性をイカせることが出来ます。
 やり方は簡単です。
 腰骨の上あたりの脇腹をグイッとつかむだけです。
 この位置の脇腹をつかむと、大抵の人はビクッ!と腹筋に力が入るはずです。
 そうやって腹筋がビクッ!となるたびに女性はイキます。
 事前に快感があるかどうかは関係ありません。ビクッ!となった瞬間にイクのです、

 人間の身体はおもしろいものです。


 セックスで、性器の摩擦ばかりに意識を向ける人は良くいます。
 射精やストレスの発散を主な目的にしているならそれでも良いでしょうが、
 より良いセックスを求めるなら、そればかりではうまくいかないものです。

 人は、脳(心)でセックスしています。

 身体に触れなくてもイクという状態が本当にあることをわかってもらうと、単純な性器の接触ばかりがセックスのあり方では無いことを感じてもらえる一例になると思います。

 (終)  
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2012/08/11 09:00 ] ⇒触れられることなくイク | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。