『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』腰をあげおろしする運動 -快感を強め、イケるようになる自己開発【1】

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒イケる身体を作る筋トレの方法 >  『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』腰をあげおろしする運動 -快感を強め、イケるようになる自己開発【1】

『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』腰をあげおろしする運動 -快感を強め、イケるようになる自己開発【1】

◆筋力と性的快感の関係。腰をあげおろしする運動

 性行為の快感と筋力には関係があります。
 
 イクという表現をされる、性行為の絶頂感を得るためにも基本的には筋力が必要です。
 性行為の絶頂感にもいろんな種類があり、その中には筋力をほとんど必要としないイキかたもあるのですが、
 基本的には、全身の筋肉の緊張、特に、腹筋や下半身の筋肉の緊張が必要です。
 
 さらには、絶頂感を得るには快感への一定の集中が必要ですが、筋肉が緊張することが快感へ集中しやすくさせます。
 また、絶頂感を得るまで時間がかかる女性であれば、性行為をやり続けるためにも集中の持続と体力の持続が必要です。
 
 身体を使って楽しむことには、どんなことにも体力や筋力がいるということですね。
 ただ、子作りの為の性行為であれば、体力はほとんどいらないと思います。

 この記事では、性行為のための筋トレとストレッチを紹介したいと思います。
 筋トレとストレッチの効果によって、主に膣で、性的快感が増えたり、絶頂感を得やすくなったり、絶頂感が強くなったり、濡れにくい女性であれば濡れやすくなるのを目指します。

 私(筆者)が性行為についてSNSやブログで記事を書くようになって10年以上になりますが、
 当時から性行為のための筋トレやストレッチを紹介していましたが、
 書き始めた当初は、性行為のために筋トレをするというのは、他ではあまり書かれていなかったように思います。
 書かれていても「ケーゲル体操」についてくらいでした。
 現在は、雑誌や本で「膣トレ」などとも呼ばれて、女性の性的な自己開発の一つの方法として紹介されています。その様な本なども合わせて参考にされると良いと思います。
 ※「ケーゲル体操」については『【4】女性の性的自己開発の為に - セックスでイケるようになる為のオナニーのやり方 』の記事を参照。
 
 この記事では、
 主に、骨盤内と尻、脚、腹筋の筋トレとストレッチについて書きます。
 これらの部位の筋肉が特に性行為で絶頂感を得る時に使われるはずで、
 膣圧を上げる効果。血流を良くし濡れる量を多くする効果が狙いです。

 
◆腰をあげおろしする運動をしてみましょう。
 
    manzokunosusume_koshi_agesage.jpg
 【↓解説の動画;観られない場合は⇒https://www.youtube.com/watch?v=2oyCO_UX8tA

 
 
 あお向けに寝ます。
 やや脚を開き、ヒザを曲げます。足の裏は床に密着。
 
 息を吐きながら腰を真上にあげます。
 肩は床に着いたままで、背中と腰を浮かせ、真上にあげます。
 
 背中と腰とヒザまでが直線になるまであげます。
 身体が反るまで上げすぎてはいけません。
 が、直線の状態まであげるのが苦しい人はあげられるところまでで良いです。
 
 最もあがった所で、1秒から5秒静止します。
 この時、尻の筋肉をギュッと締めても良いです。
 
 息を吐きながらゆっくりと腰をおろします。
 
 あげおろしに上半身や腕の筋肉は使わないでください。
 尻と太ももの筋肉を効かせる事が大事です。
 
 このあげおろしで1回。これを10回から20回を1セットとして、1日に2、3セット行います。
 
 次に、かかとをあげおろしする運動に続きます
 次の章へ⇒【かかとをあげおろしする運動】
 

関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。