女性向け風俗について - 女性の気持ちと性的快感の関係

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆心と身体の満足に必要な事◆◆  >  ⇒女性用風俗について >  女性向け風俗について - 女性の気持ちと性的快感の関係

女性向け風俗について - 女性の気持ちと性的快感の関係

 ◆女性向け風俗 - 女性の気持ちと性的快感の関係

 男性向けの風俗店は、その数も種類も多くあるのは常識です。
 女性向けの風俗店も存在します。
 店舗営業している物から、ネット上で個人営業している物までありますが、
 男性に比べれば数も種類も多くはありません。
 
 女性が風俗を利用する理由は、性欲の解消もありますが、
 イケるようになりたい、とか、不感症を治したいと言うような悩みの解決法として利用する事も多いようです。
 
 私(筆者)は、ネットで、セックスに関する記事を書いてきて10年以上、
 それよりもずっと前から多くの女性の話を聞いてきましたが、
 その中で、プロの性感マッサージ師に性的な悩みの解決を依頼して、良い経験をしなかった女性の話を私はたくさん聞いています。

 たとえば、
 ハワイに伝わるロミロミマッサージをするという、関東のプロの性感マッサージ師に『イケるようにしてほしい』と頼んだある女性は、
 マッサージ師と会うなり、「他の女性客の悪口」や「ネット上で自分の悪い評判が書かれているがみんなウソだ」と、尋ねてもいないのに聞かされたそうです。
 そして結果、女性の望む良い結果にはならず、さらに、性感マッサージなのに、どういうわけか、マッサージ師にフェラチオをする事になり、セックスもすることになり、最悪な事に、女性はそのフェラチオのせいで性感マッサージ師から性病を移されたのです(このエピソードも女性から記事にする許可を得ました)。
 ネット上で『頻繁に性病検査している』と書いている性感マッサージ師は良くいますが、信用してはいけません。
 
 こういった話は他にもたくさんいます。
 施術料として何万円も取るのに、女性があきれるほどに効果の無い出張ホストや、
 約束を守らない出張ホストをしているAV男優。
 他にも、有名なセックス・カウンセラーに頼んで会ってセックスしたが、良い結果にならなったという女性も数名知っています。
 
 ここに書いたどのプロや出張ホストやカウンセラーもそうですが、
 女性の望みに対する成果うんぬんよりも、
 病気を撒き散らしていたり、無駄に大金をふんだくったり、女性に後悔させている点が問題だと私は思います。
 
 スポーツでも、料理でも、会話でも、どんなことでもそうだと思いますが、
 セックスも、テクニックは無いよりはあった方が良いかもしれません。
 ただ、
 ハッキリと言える事は、「誰に対してもセックスが上手い」という人はいません。
 Aさんに対しては上手い男性も、Bさんにも上手いとは限らないのです。
 誰にでも有効なセックス・テクニックや、誰もが喜ぶセックス理論は無いのです。
 
 ですから、プロだろうと、自称テクニシャンだろうと、
 その男性のテクニックが女性に通用する保障はまったくないのです。
 
 「良く知らない男性に身体を触られる」、「初対面の男性とのセックス」、
 この様な、ある意味で特殊な状況でも十分に性的な快感を得られる女性もいます。
 そのような「普通ではない関係」が、女性の性的な興奮を高めることは実際にあります。
 ですが、そううまくいくかどうかはわかりません。
 
 そして、良く「女性は心でセックスする」なんて言われる様に、
 基本的には、女性は自分の心、あるいは無意識の感情が求める相手としか性行為をする喜びを見出せないのです。
 
 リスクを覚悟で性欲の処理として使うのであれば別ですが、
 悩みの解決の手段として女性が風俗を使うのは止めておくのをオススメします。
 
 次の章では、実際にプロ性感マッサージ師を経験した、ある女性の体験記を紹介したいと思います。
 記事へ⇒【ある女性のプロ性感マッサージ体験記】
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2012/08/20 10:00 ] ⇒女性用風俗について | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。