『オーガズム障害について』 - イケないという悩み。どうすればイケるのか。

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆女性が絶頂感を得るには◆◆  >  ⇒オーガズム障害について >  『オーガズム障害について』 - イケないという悩み。どうすればイケるのか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『オーガズム障害について』 - イケないという悩み。どうすればイケるのか。

◆オーガズム障害とは

 性的な快感には、その快感の高まりの絶頂点とされる状態があります。
 その快感の絶頂点の感覚「絶頂感」の事を「オーガズム」とか「イク」「アクメ」と言います。
 日本では「イク」という表現が一般的だと思われます。
 
 男性の「イク」は射精という外見的にもわかりやすい反応を見せますが、
 女性の「イク」には、男性の射精の様な外見的にわかりやすい反応はあまりありません。
 
 女性の「イク」の状態には個人差があって、「こうなればイッている」というのは言いにくいのですが、
 良く言われるのは、
 絶頂感の様な強い快感を得ている女性の「肌が紅潮」してくる「セックスフラッシュ」と呼ばれる現象や、
 女性がイクと「手足や全身の筋肉が緊張したり、脱力する」という変化や、
 女性がイケば「呼吸が乱れ、脈拍が増える」という変化があげられます。
 「頭が真っ白になる」「電気が突き抜ける」「浮き上がったような感覚」「沈んでいくような感覚」などの状態になる女性もいます。

 そんな、女性の「イク」ですが、誰でもが経験できることではありません。
 イクことがたやすい女性もいれば、イクことが出来ない女性もいます。

 セックスを「子作りのための行為」だと考えれば、射精という男性の「イク」はセックスに無くてはならないものですが、女性の「イク」は必要な事ではありません。
 ですから、イクことが出来なくても女性はセックスが出来ますし、
 イケなくても、それが問題だということではありません。
 
 ですが、「イク」と感覚を求める女性は多くいて、
 そうできない事を悩む女性が多くいるために、
 イクことが出来ない女性の状態を『オーガズム障害』と言います。

 「障害」という字が付いていると、とても大きなハンデを背負っているかのような印象になりますが、
 イクことがたやすい人に比べると、イクために「障害」が立ちふさがっていてる人なのだと解釈すると良いと、私(筆者)は思います。
 立ちふさがった障害を越えることが出来ればイケる人ということです。
 「イク」ということを求めていない人(イケなくても気にしない人)にとっては、イケなくても、それは「障害」ではないのです。

 『オーガズム障害』が示している「イク」という状態は、
 クリトリスでイクのも、膣でイクのも、どちらも合わせて一つのオーガズムと言っています。
 
 女性のイクには、主に、クリトリスへの刺激でイクという絶頂感と膣への刺激でイクという絶頂感があり、同じ絶頂感でも、それぞれは別な感覚なのが普通です。
 イクことが出来る女性の中でも、クリトリスでイケる女性は多いのですが、膣でイクことが出来る女性は少なくなります。
 
 さて、改めて女性の『オーガズム障害』というのは、どの様な事かというと、
 
1…一度もイクというオーガズム(絶頂感)を感じたことがない人、オーガズムという感覚がわからない人。
2…もともとはイクことが出来ていたが、ある時期からイケなくなった、という人。
3…オナニーではイケるがセックスではイケない、という人。
4…セックスをする相手によってイケなくなる、という人。

 
 こういった状態の人のことです。

 次の章では、オーガズム障害に対して、どのように対処していけば良いのかを書いていきます。
 次の章へ⇒【オーガズム障害への対処】
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2012/11/13 08:00 ] ⇒オーガズム障害について | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。