膣イキの為の動き。膣内開発の為の動き - 一定のリズムの効果と変化のあるリズムの効果の違い

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒イカせる挿入後の運動のリズム >  膣イキの為の動き。膣内開発の為の動き - 一定のリズムの効果と変化のあるリズムの効果の違い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膣イキの為の動き。膣内開発の為の動き - 一定のリズムの効果と変化のあるリズムの効果の違い

 『セックスの極意』と言われるような文献や研究のアレコレは、大昔から存在します。
 インドの『カーマ・スートラ』や中国の『房中術』。アメリカの『キンゼイ・レポート』。などなどです。
 
 古くから日本で言われる事に『三浅一深』や『九浅一深』や、
 『「の」の字を書いて、こねまわす』、『「8」の字を書く』というものがあります。
 
 いずれも、セックスで、男性が性器を膣に挿入した後の男性の腰の動かし方を表したもので、
 男性が、その様に腰を動かせば女性が喜ぶということです。
 
 『三浅一深』は、3回浅く出し入れした後に1回深く挿入するというサイクルを繰り返すという意味のことで、
 『九浅一深』は9回浅く出し入れした後に1回深く挿入するというサイクルを繰り返すという意味です。
 『「の」の字を書く』、『「8」の字を書く』は、挿入後、腰の動きで男性器の先が膣内で「の」や「8」の字を書くように動くということです。
 『「の」の字を書く』は腰を押す引く動きで「の」を書くという解釈もあります。
 
 どれも古くから言われている事ですが、
 現在では、言葉の解釈を変えて、これら動きをすれば女性が膣イキしやすくなると言っている人もいます。
  
 「単調な腰の動きよりも、複雑な動きや変化を加えた動きの方が女性は膣イキしやすい」と言う人は良くいます。
 それを言う人の経験の中では、それでうまくいっていたという事ですし、
 私(筆者)も、その女性に適した腰の動きさえ出来れば、どんな動きでも女性は膣イキをすると思います。
 ですが、
 比較的に多くの女性が膣イキしやすいのは『単調な腰の動きの繰り返し』です。

 『一定な動きの繰り返し』がイクことに向いていることは『絶頂に導く一定の波 - イクための引く動き、オーガズムを得るための動きの法則』にも書きました。
 
 一定の動きの繰り返しがナゼ良いかを簡単に書けば、
 一定の動きの繰り返しは絶頂をむかえる為の快感への集中がしやすく、一定のリズムに身をおくことは心身の状態を変えやすいのです。
 
 女性が「これならイケそう」と感じる腰の動きを繰り返す事が出来れば、膣イキを得やすいのです。
 
 とはいえ、『九浅一深』や『「の」の字を書く』も、
 それをずっと同じペースで繰り返す事が出来れば、それはそれで一定のリズムの繰り返しと言えなくもありません。
 その女性にとっての「これならイケそう」のリズムがどの様な繰り返しの動きなのかは、その女性しだいなのです。
 ただ、「複雑では無い、単調な動きの繰り返し」、「大きくは無い、短めのストロークの繰り返し」である方が効果が高い場合が多いと思います。
 
 男性の腰の一定の動きの繰り返しと書いてきましたが、
 一定の動きの繰り返しは、女性が騎乗位などで、女性自ら腰を動かす場合でも同じです。
 

 さて、
 『三浅一深』や『九浅一深』や、
 『「の」の字を書いて、こねまわす』、『「8」の字を書く』
 と言う様な動きや、
 バリエーションが豊富な動きは、
 絶頂を感じ始める前の段階、
 「男性が膣内の状態を知る段階」、「女性が膣内の快感を楽しむ段階」や「膣内の性的開発を進める段階」には効果があると思います

 
 女性の膣内は日々状態が違います。
 「いつもはイケるのに今日はイケない」とか、
 「いつもは気持ちが良い部位が今日はそうでもない」とか、「微妙に位置が違う」ということがありますし、
 「今まで気持ち良さが無かった所が、今日は気持ち良い」ということもあります。
 
 ですから、腰の動き方に変化をもたせることで、
 膣内状態を探ったり
(性交痛を感じる部位を見つけることもあります(※))、
 どの程度の力加減が良いのかを探ったり、
 膣内の新しい快感部位を発掘したりすることも可能なのです。

 
 とはいえ、複雑な動きは、性交痛がある女性には、性交痛を激しくさせることもあるので注意が必要です。
 ですが、その動きの変化で、性交痛を感じない動きを見つけられることもあります。
 
 ※…性交痛とは、セックスの際に女性器の外部内部に痛みを感じる事です。詳しくは性交痛に関する記事『性交痛の原因と対策』で。
 
 他にも、
 動きの変化は、絶頂感を高めたりする効果もあります。
 膣イキしやすい身体になっている女性であれば、
 浅い動きの間に深い挿入が来ると言う様なバリエーションがあった方が、より深くイケる(より強くイケる)ことがあるものです。
 ズン!と奥まで挿入された時に、絶頂感のピークが高くなる(深くなる)のです。
 
 
 変化やバリエーションのある動きは、
 女性に膣内の快感を楽しませたり、膣内の性的開発を進めたり、
 男性に膣内の情報を教えます。
 そして、
 挿入した後の腰の一定の動きの繰り返しは女性を膣イキしやすくするのです。

 (終)
 
 【関連記事】
 『絶頂に導く一定の波 - イクための引く動き、オーガズムを得るための動きの法則』  
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。