かかとをあげおろしする運動『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』 - 快感を強め、イケるようになる自己開発【2】

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒イケる身体を作る筋トレの方法 >  かかとをあげおろしする運動『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』 - 快感を強め、イケるようになる自己開発【2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かかとをあげおろしする運動『もっと気持ち良くなるセックスのための筋トレ』 - 快感を強め、イケるようになる自己開発【2】

 【筋力と性的快感の関係、腰をあげおろしする運動】からの続きです。

◆かかとをあげおろしする運動をしてみましょう。

 主にふくらはぎの筋トレになります。

    manzokunosusume_ashi_agesage.jpg

 
 壁の前で壁に向かって直立します。
 脚は肩幅くらいに開きます。
 
 壁に両手をあてます。
 壁に体重をあずけてはいけません。あくまでバランスをとりやすくするためです。
 壁に手をあてなくてもバランスが取れる人は、手をあてる必要はありません。
 
 バランスを取りながら、
 両脚のかかとをあげます。
 
 息を吐きながら、真上にあげます。
 
 これ以上あげられないという自分の限界まであげます。
 限界までしっかりとあげたら、
 息を吸いながら、かかとを床に着くギリギリまでおろします。
 
 かかとは床には着きません。
  
 床に着くギリギリまでおろしたら、
 また、真上にあげます。
 
 ギリギリというのが無理な人は床に着いてもかまいません。
 
 あげおろしの動作はゆっくりなほうが負荷が高いです。

 この、かかとのあげおろしを、
 あげておろすで1回。20回~50回を1セットとして、1日に2,3セット行います。
 
 次のに、脚を開いて、腰を落とす運動に続きます。
 次の章へ⇒【脚を開いて、腰を落とす運動】
 
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。