自分の性的興奮を知る - シンデレラのセックスからの脱皮

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒自分を性的に興奮させましょう >  自分の性的興奮を知る - シンデレラのセックスからの脱皮

自分の性的興奮を知る - シンデレラのセックスからの脱皮

 前の章【ナゼ、女性はムードに弱いのか】からの続きです。

 ◆シンデレラのセックスからの脱皮

 「好きな彼とのセックスで幸せなのに気持ち良くはなれない」
 「愛する人とのセックスで、心は感じているのに、身体が感じない。濡れない。イケない。」という悩みがある女性は良くいます。
 女性はセックスを心でするものですが、シンデレラのお姫様の姿のままでセックスは出来ません

 セックスをする姿は動物的です。

 優雅でキレイな踊りでは無く、性的に興奮しながら絡み合うものです。
 普段の自分では出来ないはずの姿です。
 心でセックスをしながらも、快感や興奮を得るのはあくまで脳や身体です。
 
 自分の脳や身体が、どの様な刺激に性的興奮し性的な快感を得る(欲する)のかを知っておくことは、セックスで興奮し快感を得るための基準になります。
 好きな男性に抱かれる事で自然と性的に興奮する女性は多いですが、
 抱かれても幸せなだけで性的には興奮できない(快感を得られない。快感が少ない)女性もいるのです。

 「好き、愛している」イコール「性的に興奮。気持ち良い」になるとは限らないということです。

 人は、普段の自分モード、仕事モードなど、その時々に合わせて自分の脳を使い分けられるはずなのですが、
 脳がセックスをするモードにならないのです。
 そう言った女性は自分の性的な興奮(快感)の基準がどこにあるのかを探すことで、セックスの時も興奮出来るようになる場合があります。
 「理性が弱まる普段の自分では無くなる要素」を見つけることです。

 それを探す手段の一つがオナニーであったりするわけですが、
 「オカズ探し」も手段の一つです。
 
 男性がオナニーをする時に性的興奮を得る対象のことを「オカズ」と言ったりします。
 
 「オカズ探し」とは「性癖を探す」ことでもあるのですが、
 アダルトビデオ(AV)やエロ漫画(レディースコミック)、エロアニメ、官能小説、妄想、そういった物を見る中で自分が性的に興奮する内容を探すのです。
 
 オカズを知らない女性は、自分がどの様な内容に興奮するかはわかりません。
 ごく普通な男女の絡みかもしれないし、肉体美の男性との絡みかもしれないし、女性同士の絡みかもしれないし、SM的な内容かもしれないし、乱交の様な複数の男女の絡みかもしれない。
 
 その映像や文章や世界を「読んだり、見たり、聞いたり、考えたり、その場にいたり」すると、
 セックスやオナニーがしたくなる、あるいは普段よりも膣が勝手に濡れる、身体が熱くなる、という状態になる対象や内容やシチュエーションを探すわけです。

 
 それがどんな事であれ、オカズは自分の中だけ楽しみのことですから悪いことではありません。
 
 アダルトビデオは男性目線で作られている物が多いでしょうが、
 「アイドル歌手と抱き合う」という様な自分の心が喜ぶものではなく、
 自分の脳や身体が興奮する内容を見つけることで(アイドルで興奮するならそれでも良いです)、普段の自分とは違う状態を知ることが出来ます。
 脳に性的な興奮を覚えさせることで、脳をセックスをする為のモードにさせます。 
 
 自分が興奮する内容をみつけたら、そのアダルトビデオや漫画などを見ながらでも良いですし、その世界に自分を置く妄想をしながらオナニーなりセックスをしてみると、今までには無かった快感と興奮が得られるはずです。
 その興奮する内容を実際にしてみるのも良いと思います。
 例えば、SMの世界に興奮する人であれば、実際に身体をロープで縛ってみるなどです。
 
 その興奮する世界(プレー)が自分にとってのセックスのスイッチであり、性癖なのであれば、それによって普段の自分では無い自分になれるので、大きな性的興奮と快感が得られるはずです。
 
 マンネリや恥ずかしいなどの、性的に興奮しにくい相手とのセックスでも、
 自分の興奮のツボを知ることで、そのオカズを思い浮かべて自分をセックスするモードに導く事が出来れば、自分をセックスする状態に変えることが出来ます。

 
 オナニーが嫌いな女性もいますし、アダルトビデオやエロ漫画を見ることに抵抗がある女性もいるでしょうが、
 セックスをより楽しむというのは、普段の自分という理性の壁をいかに壊せるかということです。
 シンデレラもセックスをする時は王子様と全裸でしたはずです。
 「心の満足だけ」ではなく「心も身体も満足するセックス」は、心身ともに丸裸の自分だから出来ること
なのです。
 (終)

 【関連記事】
 ⇒『もっと気持ち良くなるための筋トレ - 快感を強め、絶頂感を得やすくする自己開発【1】』
 ⇒『濡れない女性が「濡れやすくなる方法」』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。