膣イキ(中イキ)するためのクリトリスの快感 - ブリッジ法と女性の自己開発

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒膣イキに必要なクリトリス快感 >  膣イキ(中イキ)するためのクリトリスの快感 - ブリッジ法と女性の自己開発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膣イキ(中イキ)するためのクリトリスの快感 - ブリッジ法と女性の自己開発

 前の章【膣イキ(中イキ)しやすい膣口付近の快感】の続きです。

◆ブリッジ法と女性の自己開発

 男性が男性器を膣に挿入したまま、女性のクリトリスを刺激するのも膣イキ(中イキ)を起こしやすくする方法です。
 あるいは、男性に挿入されたまま女性自身がクリトリスの刺激します。
 これは、他の記事で『ブリッジ法』として紹介しいます。

 男性が刺激するのか女性が刺激するのかは、
 やりやすいかどうか、どちらがより気持ち良いか、で選択します。
 
 クリトリスを刺激している間も、男性は腰を動かし続けます。
 
 男性が腰を動かしながらクリトリスを刺激し続ける。
 あるいは、
 そのクリトリスの刺激によってクリトリスでイキそうになったら、イク直前にクリトリスへの刺激をやめて、その高まりのまま膣イキするという方法です。

 
 もし、クリトリスへの刺激を止めた後に膣イキ出来なくても、またクリトリスへの刺激を始めます。あせらず、何度も繰り返すのです。
 これが「ブリッジ法」です。 

 この様に、膣イキにはクリトリスで快感を得る事が重要であることがわかります。
 
 前の章で、
「クリトリスに上手に刺激をあたえてから、
 あるいは、クリトリスに刺激をあたえながら、
 Gスポットを刺激すると、Gスポットによる膣イキが起こりやすくなります。」
 と書きましたが、
 「クリトリスでイカせてから、Gスポットを刺激する」のが良い女性もいれば、
 「クリトリスで何度もイカせながら、Gスポットを刺激する」のが良い女性もいれば、
 「クリトリスでイカせないように刺激しながら、Gスポット刺激」した方が良い女性もいます。
 
 このタイプの違いは、クリトリスでイッてしまうと、その後、体力の限界、集中力の限界から、もうセックスが続けられないようになる女性がいますから、その様な女性にはクリトリスでイカせないようにするわけです。
 何度もクリイキ出来る、あるいは、クリイキした後もそのままセックスが継続できるという女性には、イカせてから、何度もイカせながら、という方法になるわけです。
 
 どの方法であれ、クリトリスにたっぷりと快感を与えておく必要があります(誤解の無いように書きますが、セックスの開始からいきなりクリトリスを触れば良いという意味ではありません。)
 
 ただ、どのタイプの女性でも
 「イク寸前で刺激をやめるのを繰り返しながら、Gスポットを刺激する」のが効果が高い場合があります。
 クリイキの寸止めを繰り返すということです。
 これにより、寸止めの最中も継続して刺激を続けられているGスポットでイクようになる場合があります。
 
 
 さて、
 これらの方法は、セックスだけでなく、
 女性のオナニーでも自己開発として行うことが出来ます。
 
 さてさて、
 どんな方法が、どの女性に向いているかは、やってみなければわかりません。
 書いてある通りにやってみれば良いというものでもありません。
 書いていないやり方が良い事もあります。
 女性の違いに合わせて変えていく事が大事です。
 
 (終)

 【関連記事】
 『ブリッジ法について』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。