イッているとは?イッている事に気づく - イッていることを自覚するには

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒女性がイッている自分に気づく事 >  イッているとは?イッている事に気づく - イッていることを自覚するには

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イッているとは?イッている事に気づく - イッていることを自覚するには

 前の章【イッていることに気づかない女性】の続きです。

◆膣でイッていることを自覚するには
 
 女性のイクという反応には、クリトリスでイク「クリイキ」の他に、膣内快感でイク「膣イキ(中イキ)」があります。
 
 この膣イキが出来ない女性はとても多くいて、
 性について記事を書いていると「私はイケているんでしょうか?」という質問は良くされます。
 「なんとなくイケている気がする。けど、わからない」とか、
 「自分がイケているのかどうか疑問だ」という女性は良くいます。

 クリイキは、意識と身体の緊張というハッキリとした反応が出るのに対して、
 膣イキの場合は、クリイキと似たような身体と意識の反応はするのですが、クリイキの時とは違う人がほとんどです。
 
 ですから、「(クリイキとは違うので)イケているのか良く分からない」という女性が多くいるのです。
 
 その様な、「イケているのか自信が無い」とか「イケそうでイケない」とか「イッているのか疑問だ」という女性は、
 自分は「イケているんだ」と考え、それに自信を持ってください。
 
 本来は男性が気づいて「イケてるよ」と言ってくれて、それを信じることが出来れば良いのですが、
 上記した様に気づかない女性の例もありますから、
 女性は、セックス中に、

1、「快感の強い高まりを感じ」、
2、「呼吸が荒くなる」あるいは「呼吸が止まる、苦しくなる」、
3、「手足や腹部、尻、股の筋肉の強い緊張を感じる」

 という3つの状態を感じたなら、自分は「今、イッているんだ」と思ってください。
 あるいは、終わった後に「さっきのはイっていたんだ」と思ってください。
 特に3です。
 自覚できると絶頂感を完全につかみ取れる様になります。

  
 さらに、3つ状態の最中に声を出す余裕があったら「イクー!」と声を出してみてください。
 『アエギ声を出す意味』という記事で書いたように、声を出すことで、その状態に脳がなろうとします。
  
 どんなに良いムードや恋心や上質な性的刺激があっても、
 脳が気づかなければ刺激も興奮も幸福感も快感には変わりませんし、絶頂することもないのです。
 
 
 さらに、特に膣イキに関してですが、
 実は、膣内、特に膣奥や子宮口は、本来、ほとんど無感覚な部位です(神経が無いという事でありません)。
 自然分娩の出産の事を考えれば、赤ん坊の通り道になる膣内が鈍感に出来ているのも理解出来ます。
 鈍感ですから、快感は得られない「はず」なのです。
 
 しかし、その無感覚な膣内で快感を得て膣イキするには、
 膣内の摩擦や振動を全身のどこかで受けて、神経系が脳に伝えて、それを女性の脳が「これは快感なんだ」として処理してくれなければなりません。
 他にも、膣からの振動が間接的にクリトリスに伝わって、「これは膣内からの快感だ」として脳が処理してくれなければなりません。
 
 すなわち、膣内で起こる快感のほとんどは脳が作っているのです。
 そして、迷走神経などの、自分では制御する事のできない神経系が膣イキ特有の絶頂感を起こしていきます。

 ですから、
 膣内の快感と膣イキへの「気づき」さえ出来れば(脳の処理が出来る様になれば)、
 膣内の快感はいくらでも大きな物になりますし、膣イキが出来るのです。


 ≪関連記事≫
 ⇒【事例集】『クリトリスとは違うんだね - 膣イキしていることに気づけない女性の事例』
 ⇒『アエギ声を出す意味』
 
 記事への質問は⇒『メールフォーム』  
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。