快感への集中とセックスのセンス - イクための集中力を導き出すには

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆女性が絶頂感を得るには◆◆  >  ⇒イクための快感への集中とは >  快感への集中とセックスのセンス - イクための集中力を導き出すには

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

快感への集中とセックスのセンス - イクための集中力を導き出すには

 前の章【セックスに集中出来ない女性について】からの続きです。

◆イクための集中力を導き出すには

 快感に対して集中が持続出来ないから快感が散漫になって、散漫だから快感の高まりが起きないのでイケない。
 もうすぐでイケそうなんだけれど、あとチョッとが集中しきれない。

 集中が出来ない女性の中には、ワザと集中しない女性もいます。
 もうすぐでイキそうだというところで、急に怖くなって、ワザと意識をそらしてイカない様にするのです。
 この様に「集中出来ない」という問題も単純ではありません。

 集中に導く手段には様々な方法がありますよね。
 ただ、誰にでも効果があるという万能なものはありません。
 その手段のいくつかを紹介していきます。 

 集中できない女性を集中させる為に「集中しろ!」と命令しても解決出来ない場合がほとんどです。

 余計な事を考えさせないように『言葉責め』するのが効果的な女性もいます。
 恥らっているところを、いやらしい言葉を言わせると言うのもこれの一部です。

 ただ、『言葉責め』というのも、集中出来ない女性の中にはジャマになるだけのことがあります。
 「ゴチャゴチャ、うるさい!」「むしろ、さらにしらける」と思われるような言葉責めや話しかけるのはしない方が賢明です。
 
 集中を導くために、アイマスクを使った『目隠しプレー』をする場合が良くありますよね。
 タオルなどを代用して目隠しする場合もあるでしょう。
 
 目隠しされることで非日常な状態になり、それが快感を高めることがあります。
 視覚を奪われることで集中力が増して快感を高めることもあります。
 
 普段は集中出来ない女性が目隠しによって快感に集中出来るようになるという場合もあります。

 しかし、逆に、目隠しのせいでもっと集中できなくなるという場合もあるのです。
 視覚を奪われたせいで「今、どうなっているんだろう・・・」とか、見えている時よりももっとまわりが気になってしまうのですね。
 見えないせいで余計な事を考えやすくなる場合もあります。セックスに集中しないで余計な事に集中出来るようにしてしまうのです。
 
 私(筆者)の使う方法の一つに「集中させない」という方法があります。 
 集中させないと言っても、あえて快感には集中させないで別な事に集中させるという方法です。
 これは、主に、あと少しでイケそうなくらい快感の高まりはあるがイクというところまで集中が出来ない、
 イク直前に集中が途切れる、
 イケるが絶頂感が小さい、という様な女性に有効だと思います。
 
 やり方としては、例えば、
 男性は、女性に対して男性器の挿入ないし女性の身体に性的な刺激をあたえながら、自分(男性)の目(瞳)をジッと見るように指示をします。
 女性に快感の高ぶりが起こっても決して自分の瞳から目を離さないようにと繰り返し指示します。快感に集中させるのではありません。
 むしろ感じる事は忘れさせて、目を見ることだけ考えさせるのです。
 やる事はそれだけです。
 例では目をジッと見るやり方ですが、目で無くてもかまいません。
 
 この方法は、無意識の集中を作るとでも言いましょうか。
 人間というのは何かしながらでも別な事が出来るものですよね。
 もともと集中できないのなら別な事に集中させてしまうのです。
 そうしながらもその裏で快感は起こっているわけで、意識していないのにそれに集中しているという状況にしているのです。
 ただ、この方法をするには、男性側が女性の意識をコントロール出来る優位性を持っていなければなりません。
 女性がジッと目を見続けているのに、先に射精をしてしまったとか、女性よりも男性の方が気持ち良さそうにしているという様なことではダメなわけです。
 男性が優位に立っているから意識を女性がコントロールされるのです。
 
 とはいえ、この方法も誰にでも成功するわけではありません。
 「これが正解のセックスだ」とか、絶対に成功する方法なんて存在しないのです。
 
 どんな方法がその女性に向いているかは、やってみなければわからないのですね。
 方法を考えて、その女性に合わせて実践してみるわけです。

 「センス」は、どんなことにもあるものですよね。
 ファッションに関する「センスがある、ない」というのが一般的に一番良く使われると思うのですが、
 「この人には、どんな服が似合うかな」という様な、より良い物を選ぶセンスは、ある人、無い人が存在すると思いますが、
 「寒そうにしている人に温かい服を選んであげる」というセンスなら誰でも持っているはずです。

 どんな女性でもその女性に合わせたセックスが出来る、そんなセンスがある男性だと良いのでしょうが、
 それが無くても、心を込めたセックスなら誰にでも出来るはずだと思うのです。
 
 【関連記事】
 ⇒『セックスに集中するということ - 自分の内面に意識を向けることが出来れば大きな快感になる』
 ⇒『女性がセックスでイクためのリラックス法【自律訓練法のやり方】【女性の性的自己開発】』
 ⇒【事例集】『セックス中に冷静になってしまう女性 - ある女性の始めての膣イキの経験』
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。