【4】女性の性的自己開発 - 膣イキのため(中イキ)に骨盤内の筋肉の鍛え方

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒自己開発【4】膣イキ(中イキ)する >  【4】女性の性的自己開発 - 膣イキのため(中イキ)に骨盤内の筋肉の鍛え方

【4】女性の性的自己開発 - 膣イキのため(中イキ)に骨盤内の筋肉の鍛え方

 前の章【セックスでの膣イキを目指して】からの続きです。

◆骨盤内の筋力の鍛え方

 骨盤内の筋肉を鍛える方法として、
 他の記事にも書いていますが『ケーゲル体操』があります。
 「ケーゲル体操」とは、簡単に言えば肛門と膣を締めつけては緩めるを繰り返す運動です。肛門の奥にある骨盤底筋という筋肉を鍛えます。

    manzokuno_susume_kotsubanteikin2.jpg 
 トイレで小便をしていて、その排尿を途中で止める時に使うのが骨盤底筋です。
 骨盤底筋がどこにあるかわからなければ、トイレで便座に座って尿を出し始めてから、途中でその排尿を止めてみましょう。
 この時に、腹筋や大腿筋の筋を収縮させてはいけません。骨盤底筋の存在を意識して排尿を止めます。
 トイレで無くても、女性なら、膣に指を入れて、膣でギュッとその指を締めるようにします。この時も腹筋や大腿筋を使ってはいけません。

 これで骨盤底筋を意識できたら、
 床にあお向けに寝て、ヒザを曲げます、両脚の間隔はを30センチくらい開きます。
 頭と肩を、お好きな枕で少し高く、両手は身体の横で床の上に、力は抜きます。
 そして、骨盤底筋を締めます。なるべく長く、そのまま締め続けます。10秒ぐらいガマンしたら、ゆっくり筋肉を緩めてリラックスします。
 これを10セットで1日3回以上行います。慣れてきたら締める時間をのばしたり、セット数を増やします。
 この「締める、緩める」の「ケーゲル体操」は、立っている時でも、座っている時でもできます。
 読書中とか通勤の電車などでの移動中でも出来るということです。
 manzokunosusume_ke_gel_tore.jpg
 (トイレの排尿時でも出来ますが、排尿を繰り返し止めるのはやめてください。膀胱炎になります。繰り返し力を入れるのは排尿が終わった後にしてください。)
 
 さらに日常でも出来るものでは、
 立った姿勢で足を肩幅くらいに開いて、骨盤の中の筋肉を締めるイメージで膣を上げる、下げるを繰り返す運動をすると効果があります。
 もしくは、上げたまま5秒ほどキープしましょう。それを繰り返します
。上げた時につま先立ちになるのも効果があります。
 manzokunosusume_kotsubanteikin_tore.jpg

 この時、肛門を締める様に力を入れますが、骨盤の中心部の筋肉を締めるイメージです。
 膣と性器全体を吸い上げるイメージです。
 
 なお、『この上げ下げの運動をやっていると気持ち良くなってくるのですが、これはナゼ?』という質問が良く送られて来ます。
 その理由について解説している記事がコチラです⇒『気持ち良くなってしまうという女性からの質問の答え』

 次の章では、「膣内の快感の開発のため、膣イキのための自己開発する膣内のオナニーの方法」について書いていきます。
 次の章へ【自己開発する膣内のオナニーの方法】
 
【関連記事】
 さらに、セックスのための筋トレの方法は、この記事でも書いています。⇒『性行為のための筋トレ』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。