【3】女性の性的自己開発 - イクためのスイッチを入りやすくする自己開発

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒自己開発【3】イキやすくなる >  【3】女性の性的自己開発 - イクためのスイッチを入りやすくする自己開発

【3】女性の性的自己開発 - イクためのスイッチを入りやすくする自己開発

 前の章【イキやすい体勢を知る】からの続きです。

◆イクためのスイッチを入りやすくする
 
 「オナニーだとイケるけど、セックスだとイケない」とか、
 「セックスだとイクまでに時間がかかる」とか、
 「強い刺激だとイケない」逆に「弱い刺激だとイケない」
 という女性は良くいます。
 
 セックスの刺激は自分の思い通りにならないので不安定ですし、環境的な要因や気持ちの問題などもあって、オナニーの時とは違ってセックスの間は快感に集中がしにくいものです。
 
 上手に快感に集中することが出来ないと、なかなかイケないのです
 また、無駄にリキんでいるのもイキずらくさせます。
 イキやすい女性というのは、イクための集中と身体の使い方が瞬間的に苦も無く出来るということです。

 セックスで、男性がしてくる不安定な刺激でもイケるように、
 イクための集中力を養い、自由に身体のリラックスとリキみが出来て、
 自分でイケるスイッチを入れられる様に自己開発をしましょう

 
 その開発方法ですが、
 【1】【2】と書いてきた自己開発の為のオナニーを行います。
 あるいは、
 自分がいつもしているオナニーを行います。これはクリトリスでイクことができるオナニーのことです。
 
 その時、
 なるべく電マやローターの様な振動する道具は使わないでください。
 自分の指や手、もしくは振動しない物で刺激してください。
 
 【練習方法1】
 やり始めたらイカないでください。
 イクまでの時間を長くしてください。なるべく長くです。
 その間、その快感に集中して、快感を楽しみ続けてください。

 出来るなら、イキそうになる手前くらいの快感の状態を維持します。
 もし、イキそうになってもイカないでください。何度もイクのをガマンしてください。
 そうやってから、
 なるべく長い時間をかけたら、急にイクためのスイッチを入れてください。
 イこうとする意識、イクためにしているいつもの指の動き、いつもの体勢などをすることで一気にイクのを目指すということです。
 自動車で言えば、急激にギアを変えてアクセルを一気に踏んで加速するのです。
 長い時間かけた後だとナゼかいつもの様にはイケ無い人もいると思いますが、それを自分のタイミングでイク様にするのがこの自己開発の為のオナニーの目的です。
 
 長い時間、継続的に快感に集中出来ると、セックスの不安定な刺激でもイク為に意識を集中しやすくなります。  
 スイッチの入れ替えで一気にイケる様になったら、
 今度は、スイッチを入れた後のイクための刺激を強めにしたり、弱めにしたりしてください。
 
 こうする練習で、いままではイクことが出来なかった強さの刺激(強い刺激、弱い刺激)でもイケるようになります。

  
 イクのをガマンしてからイクことで、セックスで男性がイカせようとする刺激に敏感に反応が出来る様になります。
 
 ゆるやかな快感の状態から、自分のタイミングでイクためのスイッチを入れられるようになると、セックスでも刺激の不安定さに左右されないで、イク事に集中しやすくなり、イクために身体が使いやすくなります。
  
 【練習方法2】
 イクまでに時間がかかる女性の中には、刺激している間、ずっと身体に力が入っている人がいます(無意識にでも)。
 ですので、クリトリスを刺激しながら全身の力を抜いてください。脱力です。
 クリトリスを刺激する指だけを動かしながら、身体から力を抜いてください。
 この時の意識は、妄想をしていても良いですし、アダルト動画などを観ていても良いです。
 「余分な力が抜けているから、クリトリスと脳とのやり取りがスムーズだ」というイメージを持ってください。
 
 そして、イキそうな段階から、もしくはイク瞬間から全身に力を入れてください。
 この練習を繰り返すうちに、イクまでの時間が早くなります。

 また、多くの女性はクリトリスで1度イクと、クリトリスが敏感になりすぎて、しばらくはクリトリスに触れられたくなくなりますが、
 このイク瞬間だけのリキむのに慣れると、クリトリスで連続でイケるようになったりするので、
 そうなると、ますますイクまでの時間が短くなります。
 さらには、いままでは強すぎた刺激、弱すぎた刺激でもイキやすくなります。
 
 【リラックスする練習】
 イクためには無駄に緊張していない状態になることも大事です。
 イクまでの時間を短くするには、セックスを楽しめるリラックスした状態に速やかになって、イクことに集中(自分の内面への集中)ができる事が必要です。
 「いろいろな事を考えてしまう」とか「緊張する」なので、リラックス出来ないという女性は、リラックスする練習もしましょう。
 練習法の記事へ⇒『女性がセックスでイクためのリラックス法【自律訓練法のやり方】【女性の性的自己開発】』
 
 女性の性的自己開発の為のオナニーの方法【4】へ続きます。
 【4】では、膣イキが出来る様になるための自己開発の方法を書いていきます。
 【4】へ⇒『女性の性的自己開発の為のオナニーの方法【4】』
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。