男性器を挿入してポルチオを開発する基本的な方法

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆ポルチオ性感について・・・◆◆  >  ⇒男性器を使ったポルチオの開発方法 >  男性器を挿入してポルチオを開発する基本的な方法

男性器を挿入してポルチオを開発する基本的な方法

◆男性器を挿入してポルチオを開発する方法
    mannzoku_no_susume_Portio.jpg

    manzokunosusume__portio_cg_image.jpg

 前の章で書いた【指を使ったポルチオの開発の方法】に続いて、
 男性器を使っての基本的な開発方法の例をいくつか紹介します。

●「男性器をポルチオの根もとの上下左右(ポルチオの上下左右のいずれかの側面)に押し当て、腰をブルブルと振るわせる要領で動かす」
    manzokuno_susume_portio_kaihatsu_danseiki_01.jpg

●「男性器をポルチオの根もとの上下左右(ポルチオの上下左右のいずれかの側面)に押し当て、腰を(前後ではなく)上下左右に動かすことでポルチオを繰り返し押し上げる。ポルチオを上下左右に揺らす」

 「ブルブルと震わす」に比べて、こちらは動きがやや大きくなります。
 ポルチオを「震わす」と「揺らす」の違いです。
 指でポルチオを押し上げるなら、指の曲げる動きで押し上げますが、それを膣口を支点として、男性は腰を上下左右に動かすことで、男性器の先でポルチオの押し上げを繰り返すわけです。
    manzokuno_susume_portio_kaihatsu_danseiki_02.jpg
 
●「膣に挿入した男性器の先でポルチオの表面を繰り返しこすったり、ポルチオの周辺の膣壁を繰り返しこすったり、繰り返し押したりする」
 「震わす」「揺らす」のと違い、これは「押す」動きの繰り返しになります。
 「突く」のではなく、あくまで「押す」動きです。

膣イキしやすいと言われる挿入体位を行う。体位の解説はそれぞれの記事へ、
 ⇒『屈曲位』、⇒『寝バック』、⇒『騎乗位』、⇒『対面座位』、⇒『伸長位(伸展位)』、⇒『松葉くずし』
 
●「正常位で、男性器を膣奥まで挿入し腰を動かしながら(あるいは、動かさないまま)、男性が女性の脚を揺らす。」
 女性の開いた(あるいは揃えた)両脚を、男性が掴んで前後左右に揺らしたり、
 開いた女性の左右の脚を、それぞれ掴んで前後左右、あるいはベッド(床)に押しつける様に揺らします。
   manzokuno_susume_portio_taii_A.jpg
   manzokuno_susume_portio_taii_B.jpg

 などなどの方法が基本的で一般的にも知られる方法です。
 
 補足で、
 上記の『女性の開いた(あるいは揃えた)両脚を、男性が掴んで前後左右に揺らしたり』のやり方で、
 女性が両脚を「開く」か「揃える」かの選択は、女性がどちらの方が脚に力を入れやすいかどうかです。
 女性は、前後左右に身体を揺らされながら、脚を伸ばしたままで維持するように力を入れなければなりません。
 脚を揃える方も、揃えて脚を伸ばしたまま、左右の脚の間隔が開かない様に女性は力を入れ続けなければいけません。
 この脚に力を入れ続けている事がイキやすさにつながります。
 
 『開いた女性の左右の脚を、それぞれ掴んで前後左右、あるいはベッド(床)に押しつける様に揺らす』のやり方については、
 脚を押し付けるという動きそのものが重要ではなく、
 押し付けることで骨盤内が揺れる事が重要です。
 
 この様に、男性器を使ったポルチオ開発は、
 男性が腰(男性器)を動かすパターン。
 女性の身体を動かして揺らすパターン。
 男性が腰(男性器)を動かしながら女性の身体も動かすパターンになります。


 さらに腰(男性器)の動かし方について説明していきます。
 
◆男性の腰(男性器)に動かし方
 
 上記して来た様に、男性の動きは細かな動きで振動を与える他に、
 それよりも大きな動きで膣奥を刺激していく事になります。
 その動き方については、
 『膣イキに恥骨を起点とする動き』の記事で、挿入後の男性器(腰)の動かし方について解説していますが、
 『女性の騎乗位の動き方について』で解説している女性が腰を前後して動かす騎乗位や、
 上記している脚を持つなど女性の身体を動かす方法は、『膣イキに恥骨を起点とする動き』のにある男性器(腰)の動かし方を女性の身体を動かすことによって同じ様な効果を出るようにしています。
 【↓腰(男性器)の動きの解説イラストと動画】
 manzokuno_susume_sounyu_ugoki_02.jpg

 
 manzokuno_susume_sounyu_ugoki_03.jpg

 
 ↑解説のイラストや動画を見てわかるように膣奥をナデ上げ下げする動きを行います。
 
 女性は体勢によっても感じ方が変わって来るので、この動きにもバリエーションが必要になります。
 例えば、
 女性があお向けで、女性の尻と足が浮いている挿入体位の時、
 男性は挿入しながら、左右のどちらかの足を前に出し、もう片方の足をやや引いてください。
 こうすることで、女性に対して斜(ナナメ)の位置になり、女性におおいかぶさるような状態になるはずです。
 
 この体勢で上の解説にあるようなナデる動きをすると、
 膣奥の背中側を横断するようにナデるようになります。
 ただ、
 実際は、多少ナナメの動きになっているだけで真横にナデることは出来ないですし、膣奥を縦にナデ上げ下げしているのと大きな違いは無いのですが、
 わずかな動きの差や刺激している膣奥の部位の違いが女性の脳に大きな影響を与えます。
 
◆女性の体勢・体位の違いによって効果も変わる
 
 さて、
 上記した基本的な方法をする前に、クリトリスへの刺激で女性を(1回から複数回)イカせておくと効果が良く出ることがあります(イクことで疲れきってしまう女性には逆効果です)。
 クリトリスでイクことで子宮口の位置が変わってやりやすくなる場合や、
 事前にクリトリスでイクことの大きな快感が、ポルチオの快感を引き出しやすくする場合があります。
 
 manzokunosusume_chitsunai_p.jpg
 
 ↑上の解説イラストは膣内の男性器とポルチオの位置関係の例です。
 実際は、女性の「快感の状態」や「肉体的な個人差」や「女性の体勢」などによってポルチオの位置は変わるので、
 男性器との位置関係も変わります。
 イラストの様に、男性器に押されることで子宮の傾きや位置も変わります。

 

 男性が上手に動いて刺激出来ているつもりでも、
 この位置関係によっては効果が出ない場合もあります。
 とはいえ、膣内の様子を目で見ることは出来ないので、
 やりたい刺激法を狙った位置で行うには、
 男性は挿入角度を変えたり、動き方を変えたり、体勢を変えるなどの工夫が必要です。
 
 次の章では、基本的な開発を進める上で、女性の体勢の調整とバルーン現象など、その他の注意点について書いていきます。
 次の章へ【女性の体勢の調整とバルーン現象など、その他の注意点】
 
 
 【関連記事】
 ⇒『男性器を挿入する開発法を、さらに詳しく解説します』
 ⇒『膣イキ(中イキ)させたい男性の為のポルチオ開発ハウツー 【男性器を使ったポルチオ開発方法】』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。