膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ - 膣奥の痛みの軽減。膣内の性的開発。ポルチオ開発の為にも

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒挿入後の男性の動き方 >  膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ - 膣奥の痛みの軽減。膣内の性的開発。ポルチオ開発の為にも

膣奥を「突く」のでは無く「押す」「引く」だけ - 膣奥の痛みの軽減。膣内の性的開発。ポルチオ開発の為にも

 前の章【痛み無く膣奥を性的に開発する動き方】からの続きです。

◆膣奥の刺激を快感に変える動き方

 『膣奥を性的開発する方法』、『痛み無く、膣奥で感じられるようにする方法』を紹介します。
 膣奥で起こる刺激や揺れを快感だと受けとめられる段階まで性的に開発する方法です。


 ただ、痛みには病気など色々な要因がありますし、女性の身体は千差万別ですから、完璧な方法など存在はしませんから、この方法も一例でしかありません。
 完璧なテクニックなど存在しません。
 相手に必要な事を感じてそれを実行するのが本当のテクニックだと考えます。
 
 この方法は
 膣奥の痛みを防ぎたい女性や、膣奥の性的快感を増やしたい女性にも向いています。

 まずは、膣への挿入角度を探ってください
 いつもの挿入の仕方が良いのかを疑ってください。
 セックスであれ、オナニーで何かを挿入するのであれ、
 挿入される角度によって、女性の快感が増減します。
 また、挿入される角度によって、
 膣奥だけで無く、膣内のどこかに(膣の入り口にも)痛みを感じる女性がいます。
 挿入角度を調整するだけで痛みが消える場合があります。
 
 前の章で書いたように「突く」と痛いのです。
 手の平を指で突くと痛くても、指を「押し込んだ」時には痛くは無かったはずです(爪があって痛いとか、痛いほどに押し込む人もいるかもしれませんが)
 
 ですから、「突く」のでは無く「押せ」ば良いのです。
 男性器を膣に挿入したら突かずに膣奥を押すのです。
 壁から一旦離れるのが「突く」、壁からずっと離れないままなのが「押す」です。
 
 さらに、意識するのは「引く動き」です
 女性に快感を与えるのはあくまで「引く時の動き」だと考えます。

 
 男性器の先の亀頭には「カリ」と呼ばれるエラのような出っ張りがありますから、本来、突くより引く時の方が快感を与えやすいのです。
 さらには、「引く動き」を意識することで、女性の「膣奥を突かれて痛い」という問題を回避できます。
 
 男性器を挿入し、膣奥に到達します(そのまま腰を震わせるのも効果的なのですが)、
 ピストン運動がしたい場合、
 この膣奥の位置がスタートです。
 そこから、膣奥を押す様に腰を前に出し、男性器の先で押される事で膣が伸びて、男性器は膣奥からさらに深い最深部に達します。
 そして、最深部から腰を引き、
 男性器をスタートの膣奥の位置に戻します。
 そして、また男性器の先で膣奥を押して最深部へ。
 この繰り返しです。
 
 手の平に指を当て、指先が手の平から離れ無いまま「押す引く押す引く」を繰り返す様な感じです。
 手の平に指を当てた位置が「膣奥」、手の平を押した時が「最深部」です。
 
 腰はわずかにしか引かなくて良いのです。
 腰を大きく引いてから奥に到達すると痛いのですから、
 腰はほんの少しだけ引きます。
 
 ↓【押す引くを意識する2パターンの動き方を解説したイラスト:クリックで拡大】
 manzokuno_susume_sounyu_ugoki_02.jpg

 【↑その1の解説の動画;観られない場合は⇒http://youtu.be/_n04K8i2G2Q
manzokuno_susume_sounyu_ugoki_03.jpg

 【↑その2の解説の動画;観られない場合は⇒http://youtu.be/DTT93k0Minw
 
 日本人の一般的な男性器のサイズの人(全長12センチから15センチ)であれば、膣に男性器を根元まで挿入した後に、そのまま「もう少し奥まで挿れてやる」という意識で押す動きをすると良いです。
 そして、腰を引くのはごくわずか。
 くれぐれも腰は大きく引かないでください。
 男性器がとても大きなサイズの人では根元まで挿入してさらに押すと痛みが起こる場合もあると思います。加減してください。
 
 この時、挿入の体位は正常位が良いと思います。
 男女の密着感が多い体位が良いです。
 後背位(バック)でも要領は同じです。
 
 パンチでも大きく振りかぶる方が当たった時に痛そうですよね。
 この方法は、動きが小さいぶん、女性の恐怖心を減らします。
 密着が多い体位であれば女性の安心感が増すでしょう。
 この方法によって、膣内の柔軟性を高めながら、膣内の性的開発を進めます。
 
 これを読んでいるのが女性であれば、
 パートナーの男性にやってもらってください。
 
 さらに出来るなら、
 なるべく男女の恥骨同士がこすれる様な体位を選び(主に正常位などです)、
 恥骨同士がこすれる様に互いに動いてください。
 恥骨同士が重なりこすれる様に男性器を押し込んでください。
 
 慣れればこの動きはそんなに難しくありません。
 
 恥骨がこすれる様に動けると女性の快感はかなり高まるはずですし、そう出来ていれば膣内の性的開発が進みます。
 
 さて、
 『膣奥なんて痛いだけ』『ガンガン突かれたら痛くてたまらない』
 そんな風に言う女性も、
 開発を進めることができれば、
 『奥が好き』な女性に変える事も出来るはずです。
 男性が望むような『激しいセックス』は、女性がそうなってからする方が良いと思うのです。
 (終)
 
【関連記事】
 『膣イキに恥骨を起点とする動き』
 『性交痛の原因と対策』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

[ 2011/06/13 01:00 ] ⇒挿入後の男性の動き方 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。