女性の性交痛の原因と対策 - 女性の意識が性交痛を造る

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  スポンサー広告 >  ◆◆女性の性交痛について◆◆  >  ⇒女性の性交痛の原因と対策 >  女性の性交痛の原因と対策 - 女性の意識が性交痛を造る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女性の性交痛の原因と対策 - 女性の意識が性交痛を造る

 前の章【女性の「性交痛」を起こす原因…「器質的な痛み」】からの続きです。

◆痛みを作るセックスの問題と女性の心の問題
 
 性交痛の原因には、セックスのやり方とセックスに対する女性の心理状態が関わっている事が良くあります

 セックスで、
 膣へ男性器を挿入する前の前戯の不足が原因というのは良くあります。
 充分に濡れる前に挿入してしまうので痛みが起こるのです。
 ただ、
 生まれつきにまったく濡れないという女性もいます。濡れる量がだいたい決まっていてその量が出ると、それ以降はまったく濡れないという女性もいます。
 
 膣の入り口にあって分泌液を出すバルトリン腺の炎症、またはバルトリン腺が詰まってしまって分泌液が出無くなっている場合もあります。
 バルトリン腺炎は膣の入り口辺りが腫れて痛みがあるはずなので、すぐにわかるはずです。
 
 
 男性側に原因がある例としては、
 男性器の挿入後、膣奥を激しく突くことで痛みが起きるのは良くあります。
 膣の柔軟性を充分に高めていない段階で膣奥への強い刺激は痛みを生みます。
 
 男性器と膣のサイズが合わないのが痛みを起こすこともありますね。
 膣に比べて男性器が大きすぎるとか、男性器の長さに比べて膣の奥行きが無さ過ぎるとか、男性器が大きすぎて膣に挿入しようとすると膣が裂けるという様な場合があります。
 
 
 また、ワギニスムス(膣痙攣)が起こっているのが原因の場合もあります。
 挿入をしようという際に、膣が無意識に強く収縮するので挿入が出来なくなるのです。そこに無理やり挿入しようとすると痛みになります。
 強く握ったコブシに指を刺し込もうとしても入りにくい状態に似ています。
 
 
 心理的な要因が性交痛を作りだしている例は良くあります。
 性行為の嫌な想い出、性行為に対する不安や初体験の痛みの記憶、トラウマや性行為を不潔に感じるなどの拒否感や過去に感じた性交痛の記憶、妊娠中の性行為への不安、出産後の精神的変化、性交痛のガマン、したくないのにしなければいけない、
 そういった事が無意識に痛みを作りだしているのです。
 
 ワギニスムス(膣痙攣)も、心理的な要因で起きることが良くあります。不安感や拒否感などが筋肉を無意識に強く収縮させるのですね。
 
 
 セックスをしない時間が性交痛を起こす事も良くあります
 数ヶ月ぶり、1年ぶり、数年ぶりにセックスをしたら痛かったというのが良くあるのはこの為です。
 わかりやすく書けば、セックスを長い期間しないでいた為に、膣内が硬くなってしまっていて、そこに男性器が侵入してくるので痛みが起こるのです。
 なかには、セックスをしない期間が1週間や2週間空くだけで痛みを感じるようになる女性もいます。 
 セックスをしない期間のせいで膣内が硬くなっているのも、膣内の柔軟性が無くなっている為の場合もあれば、期間が空いたことで女性に不安感があるなどの心理的要因が膣内を硬くする場合もあります
 
 久しぶりのセックスなのであれば、膣内の扱いはことさら丁寧にし、男性器はゆっくりと挿入する。挿入後も数分間は動かないでいるということをしてみると良いと思います。
 
 
 婦人科の診察によって性交痛の原因がわかり改善できる場合もあれば、
 原因が良くわからず潤滑剤だけもらって帰るということも良くあるようです。
 それでも大きな問題が潜んでいる場合もありますから婦人科の検診は受けるべきでしょう。 
 
 そして、なによりもセックスをする相手とコミュニケーションをとって、
 素直に「痛い」ということを伝えることは大事です。
 不安感を取り除くことが出来るだけで性交痛が消える事もありますし、
 痛みが無い体位を探す工夫や、
 膣からの潤滑液の量が増える性行為の内容にしていくことで痛みが軽減されることは良くあります。
 (終)
 
 【関連記事】
 『「外陰炎」が起こす性交痛 - 触れられるだけで痛い性交痛の原因』
 『「性交痛」の意外な原因 - 想定外なことが痛みを作ることがある。』
 『後背位の痛みについて』
 『「性交痛」の意外な原因』
 『濡れない女性が「濡れやすくなる方法」』
 『「優しくしてね」は魔法の言葉?』
 『初体験の痛みを緩和する』
 『性器の形状と位置を考慮する』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2011/06/11 23:30 ] ⇒女性の性交痛の原因と対策 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。