してはいけないオナニーのやり方 - イケなくさせるオナニーの癖と改善法

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆女性の自己開発のやり方◆◆  >  ⇒してはいけないオナニーの方法 >  してはいけないオナニーのやり方 - イケなくさせるオナニーの癖と改善法

してはいけないオナニーのやり方 - イケなくさせるオナニーの癖と改善法

 前の章【セックスでイケなくさせるオナニーのやり方】からの続きです。

 ◆イケなくさせるオナニーの癖とは何か。その改善法
 
 前の章で書いた様に、
 セックスで再現できない癖が付くオナニーをすることが、
 セックスでイケなくさせることが多くあります。


 癖のつくオナニーをすると、セックスでは男性に触られてもイケない(イキにくい)、膣でイケない、という状態になるのです。
 そうならないように、セックスを意識したオナニーをすることが望ましいわけです。
 
 「イク時に脚をピンと伸ばすオナニー」をする女性は非常に多くいます。
 俗に「脚ピンオナニー」と呼ばれる方法です。
 
 イクために身体に力を入れるのは不可欠なことなので、
 脚をピンと伸ばしながら力を入れた方がイキやすくて、それをしなければイケない女性が生まれるのです。
 
 ところが、セックスでは脚をピントと伸ばす体勢は、一部の挿入体位を除いて、なかなか再現できません。
 セックスで再現できない体勢のオナニーは悪い癖が付くのです。
 
 ですから、
 (まずイク事を経験するのが大事なので)
 オナニーでイクことを覚えるまでは脚を伸ばすのも仕方がないのですが、
 イケるようになったら、脚を曲げたり、いろんな体勢でイケるようにしましょう。

 
 ところが、「脚を曲げっぱなしオナニー」「イク時に足を曲げるオナニー」もイケなくさせる癖がつく原因のオナニーです。
 オナニーをしている間、ずっと脚を浮かせて折り曲げたままでないと気持ち良くなれない、とか、
 イク時は脚を浮かせて折り曲げないとイケない
 という女性がいます。
 
 この様な女性の場合、脚ピンよりも良い様に思えますが、
 「イク瞬間に脚を曲げられない体勢だとイケない」とか、
 「決まった形の曲げ方になっていないとイケない」という癖が決まっていることが多く、
 その曲げ方をされていると、男性にとっては脚がジャマで、触りにくかったり、挿入しずらかったり、腰を良い様に動かしにくかったり、と互いに「やりにくい」「イキにくい」という事になり、それでイケないということになります。
 
 体勢の癖があるとこの様な問題が起こる可能性がありますから、そうならない為に、
 セックスをしている時を意識して、
 セックスをしている状態に近い色々な体勢でオナニーすることで、
 セックスでイキやすい癖が付きます。

 どの様な体勢になるかイメージをしてみましょう。
 
 癖が付いている似た症状に、
 シャワー・オナニーや電動マッサージ機(電マ)などの振動刺激によって「振動イキの癖」が付いている女性がいます。
 シャワーの水流も電気振動も人間には再現出来ない動きです。
 「振動イキの癖」がついているなら、電マなどを使うオナニーの回数を減らして、別な方法のオナニーの回数を増やしましょう。
 電気振動のオナニーでイケなくなるについては、この記事で。
 ⇒『振動する大人のオモチャのオナニーのせいでイケない?』
 

 
 女性から『オナニーを毎日していると、セックスでイケなくなりますか?』
 『オナニーを頻繁にしているのがエッチでイケない原因でしょうか?』

 という質問は良くあります。
 
 これに対して、セックスでイキにくくさせる「オナニー癖」が付くから頻繁にオナニーをするのはやめましょう。という男性の意見も目にします。
 確かに、オナニーのせいで、自分好みの刺激にしか快感が起きない条件反射が付いている女性はいます。
 男性がいくら触っても、「いつもの(オナニーの)刺激と違うから」身体も脳も反応しない女性です。

 
 ただ、この様な「オナニー癖」のある女性は確かにいますが、
 多くの女性の場合は、オナニーをしない時期やセックスをしない時期がある程度続くと、
「気持ち良さの感じ方を忘れる人」が出てきます。

 しない時期が「ある程度続く」というのは、1週間の人もいれば、1ヶ月の人、3日でそうなるも人もいます。
 
 しないことにより、「セックスで、どうやって気持ち良くなったらいいのか忘れてしまった」
 「久しぶりのセックスで気持ち良くなかった」

 この様に快感を得る能力が弱くなってしまう女性がいるので、オナニーはなるべく長い日にちは開けず定期的にする方が良いと考えます。
 能力は使ってこそ、向上し、維持されるもので、使わなければ衰えたり、忘れたりするのです。

 
 しかし、オナニーをしない期間を空けることで、イキにくいのが治る女性がいるのも確かです。
 なので、オナニーをしない期間を作るのを試す場合は、長くて2週間くらいにしておくのをおススメします。
 それ以上長い期間だと感じるのを忘れる人も出てくるはずです。
 最大2週間の中で何日間オナニーをやらないでおくかは自分で決めて、その期間の後、正しいやり方のオナニーを再開してください。(イキにくいのが治る可能性があるのであって、イケない女性がイケるようになるのではありません)
 
 また、
 オナニーを毎日行うのは「癖」が付きそうだと考えるなら、2日か3日に一度にしたら良いでしょう。
 ただ、上記した様な、セックスを意識したオナニーする、
 さらには、同じやり方を繰り返さない、同じ体勢のオナニー繰り返さない様にしていれば、
 毎日でも、頻繁でも、癖は付きにくいと思います。

  
 「すでに、私にはオナニー癖が付いている」と考える女性で、それでも毎日のオナニーがどうしてもやめられないという女性は、
 毎日しても良いので、今までのしていたオナニーの方法は一切やめるか、毎日違う方法のオナニーをセックスを意識しながらやってみてください。
 
 さらには、こするだけ、とか、振動させるだけで気持ち良くなる等の刺激だけのオナニーもしないでください。
 なにかしら、性的な興奮をさせる動画や漫画を見るとか、想像をしながら行ってください。
 刺激だけのオナニーの繰り返しは、ある日突然にイケなくなったり、だんだんと快感が弱くなったりすることがあります。
 
 さて、
 性欲やストレスの発散のためなら、どんなオナニーのやり方でもかまわないのですが、
 『女性の自己開発のためのオナニーの方法』でも書いているように、
 セックスでより多くの快感を得るためには、セックスを意識したオナニーをすることが大事になります。
 セックスのための条件反射を脳と身体に植えつけるのです。
 
 【関連記事】
 ⇒『振動する大人のオモチャのオナニーのせいでイケなくなるのか』
 ⇒【事例集】『してはいけないオナニーをしている女性がイクために叫ぶ言葉とは - イケるようになる為のきっかけを見つける』
 
 
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。