女性向け風俗について - ある女性のプロ性感マッサージ体験記

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆心と身体の満足に必要な事◆◆  >  ⇒女性用風俗について >  女性向け風俗について - ある女性のプロ性感マッサージ体験記

女性向け風俗について - ある女性のプロ性感マッサージ体験記

 前の章【女性向け風俗 - 女性の気持ちと性的快感の関係】からの続きです。
 
 ◆ある女性のプロ性感マッサージ体験記
 
 その女性は関西に住む人で、
 愛しいカレの為に「膣イキ」が出来る様になりたいと考えました。
 自分でいろいろと努力してみましたが、どうしても膣イキが出来ません。
 そこで、その女性は「神の手を持つ」と自称している性感マッサージ師に膣イキ出来る様にして欲しいと頼んだのです。

 その関西の女性が、そのプロ性感マッサージ師と会ってどうだったかという顛末を書いてくれたメールがあります。
 女性の許可を得てそれを転載します。
 以下の『』内がその内容です。
 一部省略してあり、一部を××で伏せ字、文中の()は私の注釈です。

『むらさん、こんにちは。
 
かなり長文で…読むの時間かかっちゃうかもしれません。
ごめんなさい。
 
 
その日の朝、京都のとある駅で男性と待ち合わせしました。

第一印象は、服装、髪の毛、肌、体型、眼鏡の油膜…全てに清潔感の無い、くたびれた銀行員風…でした。
 
この時に「え?!この人??」…と思いましたが、メールではきちんとした対応でしたし、私も意を決して来たので、促されるまま、男性の車に乗りました。
 
車中で、ホテル迄の15分程、話をしましたが、ここでも、男性の無神経さが垣間見れました。
 
人の気持ちを考えられない性格の方でした。
 
人の気持ちが考えられないなんて、性行為でも、相手がどうして欲しいとか、どう思っているか…解らないはずですよね。
 
私の仕事について聞いて来ましたので、「××の仕事をしています」と答えると、「××なんていい加減なもので、資格無くても誰でも出来るし、女より男の方が上手いよ。」と言われてしまいました…
 
悪気はないようでしたが…
 
他にも色々…
 
 
ホテルに着き、ソファに座ると、肩を抱き寄せて来て、セックスに対する悩みを聞いてきました。
イケない事以外は、悩みが浮かばないので、その様に伝えました。
 
シャワーをする為に立ち上がったら、抱き寄せて来ました。
 
男性のあそこは既に固くなっていて、私の身体に当たりました…
当ててきた?のかなぁ?
 
『え?!』でしたが、まず私がシャワーをしに行き、その後、男性がシャワーしました。
 
その後、ベッドに座るように促され、肩を抱かれて「どうして欲しい?」と聞かれ、困ってしまいました。
 
私は男性の経験人数が3人と少ないのですが、今迄そんな風に具体的に聞かれた事がなかったので…
いつも自然でしたから、改めて聞かれると、なんだか興ざめしてしまいました。
 
その後も、男性の「どうして欲しい?」「どうされたら気持ちがいい?」「これは気持ちがいい?」は、常に続きます。
「そんな風に聞かれると萎えます」と何度か答えましたが…
 
癖なのでしょうか?不安だったのでしょうか?
ずっと続きました。
 
困ったあげく、「いつもされてるようにして下さい。」と言うと、身体を摩ってきました。

 
(これ以後、男性は性感マッサージ師のはずが、性感マッサージの様な事は一切しません)
 
フェザータッチでは無く、ただ撫でている感じだったので、感じません。
 
5分程撫で、抱きしめられた後、ベッドのお布団と、枕ひとつを、乱暴に、雑に、ベッドの下へ掘り投げた後、ベッドに仰向けになるように言われて、仰向けになりました。
 
ホテルのガウンを脱がされ、添い寝の体制で、全身撫でてきます。
やはり、気持ちよくはありません。
 
無反応の私に、「キスしたらリラックスして感じるようになるよ。」と。
その男性とキスするのは抵抗がありましたので断りました。
 
「どうしたら気持ちがいい?」と聞いてきたので、「そんな風に聞かれるのが嫌で、少し強引に攻められる方が好きです。」と言いました。
 
すると「女性を攻めるのは苦手やわ…」と呟き、しばらく「んー…」と悩んだ後、「Mかぁ…。じゃあ…お尻叩かれたら気持ちいいのかな?叩いてもいい?」と。
 
私は「普通の人に、お尻をただ叩かれるだけでは感じません。お尻を叩かれた事で、恥ずかしそうにする私を見て、それに喜びを感じている男性を見ると興奮します。演技ではダメです。」
と言いましたら、
 
「深いんやなぁ…難しいもんやなぁ…」
と。
理解はできないようでした。


「じゃあ、縛ってみる?」と言って、大きな汚いボストンバッグから、赤い縄を出してきました。
 
一度、縛られてみたい願望はありますが、この男性では嫌だったので、断りました。
 
 
次に、「痴漢されると興奮する?」と言ってきて、「え?!」と戸惑っていると、紙ショーツを出してきて、「これ履いて?痴漢するには、パンツ履かなきゃダメでしょ?」…と。
 
断りました。
 
 
「じゃあ、仕切り直し」と言って、また、気持ちよく無いタッチ。
そして、乳首や耳を舐めて吸ってきました。
 
私も、なんとか気持ちをもり上げようと、目を瞑って、これは付き合っている彼にされているんだ!と想像し続けました。
 
「普通やったらここらへんで、声漏れたり、息が荒くなったり、反応すんねんけどなぁ」と。言われました。
 
色々と空想をし、なんとか、気持ちを盛り上げました…私は妄想や空想するのが得意なので。
 
男性が、ふと、私のあそこを触ったら、とても濡れていたようで、男性の息が一気に荒くなり、興奮し始めたような感じになりました。
 
「なんや。こんなに濡れてるやん。声出すの、我慢してたん?」とニヤニヤ笑いながら言い、私の両脚を肩に掛けて持ち上げ、私のあそこを舐めて来ました。
 
私はその姿をやはり、見ないようにしましたが、「ほら、見て。舐めてるよ。よくみえるやろ?目開けて」と。
 
その後、指を入れて、高速で出し入れして来ます。
 
 
私は、実は今迄セックスして来た人に指を入れられたことがありません。
 
好きな人を見るだけで、濡れるので、挿入時には、かなり濡れており、濡れているか確かめる必要がないからでしょうか?よく分かりませんが…。
 
自分自身では、お風呂や、オナニーする時に指を入れたりしますが…
 
 
男性のwebページには、自分の手のことを『神の手』だと書いてありましたが、自分で触る方が気持ちよく、ただ乱暴で痛いだけでした。
 
小陰唇を捲らず、一緒に乱暴に動かす為、引っかかり痛かったので、「痛いです。」と言いました。
 
「こんなに濡れてるのに」と不服そうです。
 
指を離して貰いました。
 
 
「もっかい仕切り直し。」と言い、また、撫でてきましたので、
わたしは、「こんな風にもっとやさしく触ってみてください」と、フェザータッチを男性にしました。
男性は、「おおー。じゃあ、今度は僕を感じさせてみて」と言うので、私も、自分の気持ちをなんとか盛り上げる為に、フェザータッチで、男性を触ったり、乳首を触ったり、男性のあそこを触ったり。
 
男性は、「あん。イっちゃう。やさしくして」と言ってきました…
 
男性は、ローションを洗面器に作って持ってきました。
 
「これでして」と。
 
疑問を感じながらも、これも、気持ちを盛り上げる為の手段だと決意し、ローションで男性のあそこをマッサージしました。
 
興奮した男性は、私を押し倒して、キスしてきました。
そして、もう一度、私のあそこに指を出し入れしました。
 
演技したら、興奮するかも知れないと思い、声を出して、感じようとしました。
 
 
腰を動かして、自分が気持ちいいと感じる場所へ、指を誘導しました。
 
少し気持ちいいかもしれない?
とも思いますが、付き合っている彼の挿入の気持ちよさには程遠い感触でした。
 
私が声を出しているので、気持ちがいいと勘違いしている男性は、より激しく指を出し入れします。
 
 
ついに傷みに負けて、「もうやめて下さい」と言いました。
  
涙が溢れて来ました。
 
男性は、私が気持ちよすぎて泣いていると勘違いしているようで、「そんなによかった?彼の挿入とどっちがよかった?」とニヤニヤしていました。
 
また、動かし過ぎて痙攣している右手を「こんなに頑張ったよ」と見せて来ました。
 
 
「痛かったし、イケないことや、色々と悲しくて、情けなくて泣いています」と言うと、
「何回か通うと、イケるようになるわ。また、SMプレイのこと、研究しとくわ。だから一緒にがんばろ?」と。
 
「××さんの施術で、イケなかった女性って、実際のところ、何人いらっしゃいますか?」と聞きいた所、
「えー…そういう人は、みんな途中で諦めちゃった子やから…だから、がんばって!あきらめんときや。」と。
 

シャワーを浴びに行こうと立ち上がったら、シーツのあちこちに、薄い血がついていて。
それを見た男性は「ゴメン」と言い、抱きしめてきましたが、私は振り払ってシャワーを浴びに行きました。
 
シャワー中、洗うとあそこがヒリヒリと傷みました。
 
帰り支度を整えた後、約束の12000円とホテル代を払い、駅迄送って貰い、別れました。
 
以上です。
 
ほんとうに、賢くない、情けない行動でした。』 

 
 
 これを読んで私がまず思った事は、
 マッサージ師の男性の行動のひどさと、待ち合わせの京都の駅で男性の顔を見た段階で女性は帰れば良かったのに、ということです。
 
 文中にはありませんが、女性によると性感マッサージ師の男性は年齢も誤魔化しているだろうという老けた容姿で清潔感が無かったそうです。
 
 普通なら、生理的に受け付けない風貌であればそこで帰りそうですが、
 女性は膣イキしたいと必死だったので帰れなかったわけです。

 女性が望んだイケたかどうかという結果も大事ですが、
 それ以上に、女性に後悔させるような内容だったという点が、この男性の最大の問題だと私は思います。

 さて、
 メールの女性も文中で書いています。
 
『好きな人を見るだけで、濡れるので、挿入時には、かなり濡れており』
 
 他の男性相手では濡れもしないものが、
 好きな男性に対してであれば、何の苦も無く身体は反応することが多いのです。
 もちろん、濡れの量と性的喜びの大きさはイコールではありませんが、身体の反応に違いは出るのです。
 女性の身体は気持ちに正直なのです。

 (終)
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

[ 2012/08/20 11:00 ] ⇒女性用風俗について | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。