射精しても気持ち良くない。男性の『射精無快感症』

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆【男性の悩み、質問】◆◆  >  ⇒無快感な射精について >  射精しても気持ち良くない。男性の『射精無快感症』

射精しても気持ち良くない。男性の『射精無快感症』

 男性は、性的興奮が高まり、男性器が勃起し、
 やがて興奮が頂点に達すると、精液が筋肉のケイレンとともに尿道から放出されます。
 これを「射精」と言い、この時に強い快感を得ることが出来ます。
 この射精の時の強い快感が男性の「オーガズム」です。
 
 しかし、この射精の時にオーガズムがない男性がいます。
『射精無快感症』と呼ばれる状態です。

 勃起もするし、射精もするが、射精の時の快感が無いのです。

 『射精無快感症』は、女性の性的不感症と同じで、「性障害」や「性機能不全」の一つに分類されます。
 
 男性の一時的な「射精の無快感」は、珍しいものではありません。
 
 トラウマや過度なしつけ、ストレスや肉体の疲労、オナニーのやりすぎ、「生きている気がしない」と言うような日常への漠然とした虚無感、普通のセックスでは性的な興奮をしない、
 そういた心身の状態によって、
 一時的に、射精をしても気持ち良くない、射精の気持ち良さが少ないという状態を起こします。
 一時的な「射精の無快感」は、
 心身の問題が改善されれば、やがて快感は戻ってきます。
 
 「セックスがめんどくさい」「セックスをしたいと思わない」
 と言う様な感情も、射精の快感を無くします。
 この様な男性が女性に、
 「オナニーはするけど、セックスはしたくないから」、「セックスは他の男としてきて」
 と言ったりするのです。
 
 ちなみに、
 私(筆者)は『射精無快感症』です。
 トラウマや何かの問題の影響があるわけではなく、生まれつきのものです。
 勃起しますが、射精に快感はありません。
 射精しても「男性器から精液が出た」という感覚があるだけです。
 さらに、私の場合は、男性器を膣に挿入して動いている時も快感はありません。
 
 性的快感が高まりが起きない代わりに、
 私の場合は、膣に挿入していて「射精しよう」と自分で考えると、射精が起きます。

 ただ、射精は、射精中枢からの信号によって起きる身体の反射の現象です。
 反射は、動物の生理作用のうち、特定の刺激に対する反応として、意識することなく起こります。
 つまり、意識して射精はコントロールできないのです。
 
 本来はコントロール出来ないはずなのですが、
 私の場合は、膣に男性器が挿入されていて「射精しよう」と考えると射精中枢が働き出すようです。
 ありえない事のようですが、私の場合は実際にそうなのです。
 
 さて、私の生まれつきの『射精無快感症』は、何かのきっかけで改善されるかもしれませんが、改善しないだろうと思っています(はじめからこの状態しかしらないので改善したいと思っていません)。
 男性器を膣に挿入して動いていても快感はありませんから、
 私にとってセックスは快感を得る行為ではありません。
 
 それでも、セックスで、私のすることに対する女性の反応を見るという楽しみを見つけましたから、私にとってセックスは不要なものではありません。
 
 私のような体質の人は、きっと他にもいると思います。
 快感がなくてつまらないと思っているかもしれませんが、
 セックスの楽しみ方はきっと他にも見つけられると思います。
 
 この体質の男性に快感が無い事に「自分の身体がダメだからかもしれない」と考える女性もいると思いますが、
 快感が無いのは女性のせいではありません。
 
 
 さてさて、『射精無快感症』の様な「射精障害」は、慢性の疾患、何かしらの手術の後遺症、薬の影響、糖尿病の影響でも起きますから、
 『射精無快感症』になったら、
 その原因の解明と改善のために、
 自分の心と身体の健康に注意する事をオススメします。
 (終) 
 
 【関連記事】
 ⇒『早漏を改善する方法 - 挿入して、ガマンせずに動けるようになる』  
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2013/05/21 10:00 ] ⇒無快感な射精について | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。