手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 膣イキにむけて、刺激のリズムの作り方について

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒手マンで膣イキする方法 >  手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 膣イキにむけて、刺激のリズムの作り方について

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 膣イキにむけて、刺激のリズムの作り方について

 前の章【手を使って膣内刺激するやり方 - 刺激の伝え方】からの続きです。

 ◆刺激のリズムの作り方について

 前の章でも、すでに書いているように、
 指を挿入し、膣内を刺激して、より多くの快感を与え、膣イキに導く時に、一番、気を使うべきは、
 「どの様に刺激を伝えるか」。
 次に「どこ」を刺激するか。
 そして、次に「リズム」です。

 どの様なリズムを作る刺激が良いのか。

 他の記事でも繰り返し書いているように、
 刺激は一定のテンポの繰り返しになります。
 
 どの様なやり方の刺激でも、同じ個所を、同じ強さで、同じ速度で、
 指は同じ動きを繰り返し続けます。

 
 例えば、
 指で膣壁を「圧迫、離す、圧迫、離す」も同じ強さ、同じテンポで繰り返しです。
 指で膣壁を圧迫したまま膣壁を前後左右に「移動」させる時も、同じ動きを、同じテンポで繰り返し続けます。
 
 女性とってベストなリズムと力加減を見つけるまでは、いろんな触り方や様々なテンポを試すのは良いと思います。
 快感を楽しむと言う事であれば、一定のリズムである必要はありません。
 ただ、『絶頂に導く一定の波』でも書いているように、一定のリズムである方が女性はイキやすいのです。
 
 「イキそうになってきた」時から、じょじょに早くしていくのが良い女性もいますが、
 それは「じょじょに早く」というのが、その女性にとっての一定のリズム(決まったリズム)になっているのです。

 「イキそうになってきた」という段階から、
 一定のリズムで刺激していても女性がイカなければ、
 その位置か、リズムか、力加減が間違っているのです。
 良い位置を探しなおすか、リズムか力加減を変えてみてください。
 
 次の章では、膣内を刺激する時の女性の体勢について書いていきます。
 次の章へ【女性の体勢について】

 【関連記事】
 ⇒『絶頂に導く一定の波』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2013/06/03 11:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。