手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 手マンをする時に注意したいこと。バルーン現象と子宮後屈への対応

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒手マンで膣イキする方法 >  手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 手マンをする時に注意したいこと。バルーン現象と子宮後屈への対応

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 手マンをする時に注意したいこと。バルーン現象と子宮後屈への対応

 前の章【女性の体勢について】からの続きです。

 ◆バルーン現象への対応

 膣内を刺激していると、
 「バルーン現象」あるいは「テンティング」と呼ばれる状態になることがあります。

 「バルーン現象」とは、
 快感によって膣口に近づくように降りてきていた子宮口が、
 女性のイク(オーガズム)により、
 膣口から膣奥までの膣壁の3分の1が締まり、3分の2が広がり、子宮の傾きが変わり、子宮口が収縮し引き上がり、膣奥に空間が出来る(膣内が膨らむ)現象です。
 念のため、バルーン現象の様な「膣口が締まり膣内が膨らむ」状態は、オーガズムの一歩手前、女性が継続的に快感を得ている時にも起こる現象なので、膣奥が広くなることがイコール『イッている』とは言えません 

 「バルーン現象」の様な膣内の広がりが起きている事を女性は(指を挿れないと)自覚できないもので、
 膣内の広がり方には個人差があり、あまり広がらない女性もいれば、女性によっては膨らんだ先の膣壁や子宮口に指が届かない程に広がる人もいます。
 manzokunosusume_balloon_tenting.jpg
 この様に大きく広がった膣内だと指では刺激がしにくいものです。
 指を広げて膣壁の狙いの位置まで届けば、そのまま刺激をしても良いと考えますが、
 届かなかったり、刺激しにくい場合には、
 クリトリスの刺激によって「バルーン現象」を起こした直後であれば、やがて子宮は位置を変えるので状態の変化を待つのも良いですし、
 女性の体勢を変えると「バルーン現象」のまま刺激が出来る事があります。
 あるいは、
 膣イキによって「バルーン現象」を起こしている最中ならば、
 挿入している指を膣口まで戻して、子宮口を揺らす事で膣奥に刺激を送るのも効果的ですし、
 『簡単な体外式ポルチオ開発の方法【その1】』の記事にあるような方法で、女性の身体の外側から刺激を与えるのも効果があります。
 manzokunosusume_yubi_chitsunai_yurasu.jpg
 
 ◆膣内を刺激する時に注意したい事
 
 膣内を刺激する時に注意したいのは、
 膣内の形状や状態に個人差がかなりあるということです。
 
 特に、子宮後屈の女性の中には、一般的なセックスがやりにくい人がいます。
 
 子宮が腹側に向いているものを子宮前屈と言い、
 背中側に向いているものを子宮後屈と言います。

 
 前屈の子宮が一般的で、後屈の子宮は女性全体の20パーセントとも言われます。
 子宮後屈であること、それ自体は病気ではありません。
 【↓解説のイラスト:クリックで拡大】
manzokunosusume_shikyuu_koukutsu.jpg
 他にも、子宮が左右に傾いている女性や(子宮左屈、子宮右屈)、
 子宮が途中で折れ曲がっている人など、状態は様々で、
 
 子宮後屈のかたむきの具合が特に大きい人の中には、膣の奥行きが極端に短く、さらに膣の柔軟性がほとんどない人がいます。
 
 膣に指や男性器を挿入すると、
 本来、膣壁は、指や男性器の形に合わせて伸縮します。
 ですから、膣には奥行きがあるように感じられるのです。
 膣のトンネルの最深部にある子宮口にたどり着くまでの深さではなく、トンネルの奥行きです。
 
 しかし、子宮後屈の一部の人の中には、この柔軟性がほとんどなく、膣の奥行きが極端に無いのです。
 指を挿入すれば、すぐに行き止まりの膣壁が立ちはだかります。
 伸縮性が無いので、まっすぐ奥に進むことが出来ず、硬い壁に触れたように感じます。
 膣壁が伸びることによる奥行きがありません。
 (あお向けに寝ている女性ならば)本来、斜め下にゆるやかに伸び下って行くはずの膣のトンネルが、真下に伸びています。

 この様に、膣壁の伸縮がほとんどない女性だと、指で膣壁を圧迫して恥骨の裏を刺激すると言うような事は出来ません。
 圧迫するような刺激には「痛みや不快感」しか感じないのです。
 
 当然、男性器の挿入でも同様で、
 一般的な挿入体位では、女性は「痛みや不快感」しか感じないのです。
 
 子宮の位置によって膀胱の位置も変わってくるので、
 膣内の刺激に尿意ばかりが起きるという女性もいます。
 
 この様に、膣内の状態は女性によって大きく違い。
 誰でも同じ事が出来るわけではありません。
 やれる事とやれない事を見きわめましょう。 

 出来ない事は無理にやろうとすると、セックスに対して嫌悪感が出来て、不感症や性交痛の原因になります。
 
 やれない事を、どうやれば出来るかを探りながら、
 やれる事で快感を増やしていくのが良いと考えます。
 
 【関連記事】
 ⇒『Gスポットを刺激する時の指の動かし方 【恥骨の裏を性感帯に変える手マン】』
 ⇒『簡単な体外式ポルチオ開発の方法【その1】』
 ⇒『イッているとは?イッている事に気づく - 女性がイッているかを判断する基準』
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


[ 2013/07/11 12:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。