女性からの質問『男性は「いきなり」を喜びますか?』への答え

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆男性を虜にしたい女性に◆◆  >  ⇒男性は「いきなり」を喜びますか? >  女性からの質問『男性は「いきなり」を喜びますか?』への答え

女性からの質問『男性は「いきなり」を喜びますか?』への答え

 セックスで『どんな事をすると男の人は喜びますか?』という女性からの質問を受けることがあります。
 答えの幅が広い質問です。
 
 『男性は、女性にいきなりされたら喜びますか?』、『マンネリの打破にサプライズは効果ありますか?』という質問もあります。
 男性は「いきなり」というサプライズに反応します。
 セックス中に、女性が「いきなり」なにかをする事に、喜ぶ人とそうでない人がいます。

 「いきなり」というのは、例えば、
 
●いつもは着ないような下着を着ている。
●いつもとは違う場所でセックスをしたがる、
●いつもは男性が頼んでからしているフェラチオを、女性が自らはじめた。
●フェラチオのなめ方や身体の触り方など、今までしたことがないやり方をしてきた。
●いきなりアナルをなめてきた。
●予告無く、女性がまたがってきてシックスナインをはじめる。
●ホテルの部屋に入るなり、女性が自ら裸になり、男性の服を脱がしてフェラチオをはじめる。
 
 と、この様なことなどです。
 
 女性の「いきなり」を喜ぶかそうでないかは、
 『「床上手」な女性とは』の記事に書いているように、普段の女性とのギャップだったり、
 それをするまでの男性と女性の関係性と、
 男性の性格によります。
 
 セックスの時、男性は大きく4つに分ける事ができます。
 それは、
「受け身の男性」
「女性と対等な男性」
「コントロールしたい男性」
「処女性を求め続ける男性」

 です。
 
 この記事を読んでいる女性は、ご自身のパートナーが、どれにあてはまるか考えてみてください。
 manzokunosusume_ikinari_map.jpg

 「受け身の男性」は、セックス中、自分が女性に何かするより、女性から喜ばせてもらいたいと考える男性です。
 「女性と対等な男性」は、女性も喜ばせたいし、自分も女性から喜ばせてもらいたいと考える男性です。
 この、「受け身の男性」と「女性と対等な男性」のタイプの多く人は、
 女性からの「いきなり」をサプライズとして喜び、強い性的興奮を覚えます。
 女性の「いきなり」が、とても効果がある男性ということです。

 

 「コントロールしたい男性」というのは、
 女性から自分が何かされるより、女性を喜ばせることを重視する男性のことです。自分がすることによって、女性が思い通りの反応を示す事をよしとする男性です。
 このタイプの男性の中には、セックスで女性を「調教する」という意識がある人がいるので、
 女性が「いきなり」をすると、「自分の調教がうまくいってエロい女になった」と素直に喜ぶ人もいますが、
 
 このタイプの男性の中には、「許せるいきなり」と「許せないいきなり」がある人がいます。
 「許せるいきなり」というのは、自分が教えた事を「いきなりする」のは許せるのですが、
 自分が教えていない事を「いきなりする」のは許せないのです。
 
 例えば、フェラチオは女性からすすんでやる様にと教えてあって、そのフェラチオをいきなりするのは教えてある通りなので良いが、
 教えていない何かすると「どこか他の男としてきたのでは?」、「前にどこかで仕込まれたな」と考えます。
 「喜んでもらおうと思って、ネットで勉強してきたの」なんて、女性が言ってもダメです。
 「ネットの情報」も他の男に仕込まれたのと同じなのです。
 このタイプの男性の全員とは言いませんが、自分が管理した中でのサプライズだけ許せるのが、このタイプには多くいます。
 

 「処女性を求め続ける男性」というのは、
 男性が、自分が許容する以上の反応を女性にしてほしくないタイプの男性です。
 
 実は、日本には、このタイプの男性が一番多いと考えます。
 男性は、男性がすることに女性も喜んでいるはずで、自分を喜ばせることに女性は喜んでいるはずだ、と考えるので、
 自分のセックスの内容に疑いの無い満足感があって、現状に大きな変化を望まないのがこのタイプです。
 
 女性経験は奥さん(カノジョ)一人だけというような、若くない年齢で女性経験が少ない男性にも、この「処女性を求め続ける男性」のタイプは多い傾向にあります。
 
 このタイプの男性に、女性が「いきなり」をすると、
「前のオトコの影を感じる」とか「どこかで浮気して仕込まれてきたな」とか、
「この女、風俗の経験でもあるのかな」とか、
「なんか、今日、こいつ、やる気マンマンだな。どんだけ盛りがついてんだよ。ウザイな」
 などと考えて、
 女性の「いきなり」が良い効果を出さないことがあります。
 中には、女性に対して恐怖感を覚える男性もいます。
 
 
 さて、
 初対面の男性といきなりセックスするような機会には、女性の「いきなり」は男性をかなり喜ばすかもしれませんが、
 交際期間がある程度あると、このようにセックスで女性のする「いきなり」には、効果がある男性とそうでない男性がいます。
 マンネリを打破しようとして「サプライズ」を仕込んでみても逆効果な男性もいるのです。
 「いきなり」や「サプライズ」は考えなく「いきなり」しないで、お相手のタイプを見きわめてからしてみてください。
 (終)

 【関連記事】
 ⇒『「床上手」な女性とは - パートナーと末永くセックスをする関係であるために』
   
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif


トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。