手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 女性の体勢の違いに合わせた刺激のやり方について

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒手マンで膣イキする方法 >  手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 女性の体勢の違いに合わせた刺激のやり方について

手マンで膣内を刺激し膣イキ(中イキ)するやり方 - 女性の体勢の違いに合わせた刺激のやり方について

 前の章【刺激のリズムについて】からの続きです。

 ◆刺激する時の女性の体勢に合わせた刺激の方法ついて
 
 ポルチオの開発方法の記事などでも書いているとおり、
 女性をどのような体勢にして刺激を与えるかは大事な要素です。
 
 同じ事をするのでも、体勢の違いで効果は違ってきます。
 

 指を膣に挿入して刺激する時、
 女性はあお向けになっている事が多いと思われますが、
 
 女性が体勢を変えると膣内の様子は変わります。
 子宮などが移動する事で膣の傾きも変わります。
 
 あおむけでは快感を得られなかった部位も、
 姿勢を変えると快感が得られるようになることがあります。
 
 うつぶせ。
 横向きに寝る。
 座った姿勢、壁に背をもたれた姿勢。ヒザ立ち。
 よつんばい。
 などなど、姿勢が変われば、女性の感度も変わります。
 
 「うつぶせ」になると、
 あおむけの時とは真裏になるわけで、膣内の様子も大きく変わります。
 うつぶせの方が身体に力を入れやすい女性もいます。
 「恥骨裏のゾーン」、いわゆるGスポットのあたりには、あおむけの時とは違った刺激を与えられ、女性もあおむけとは違った快感を得られます。

 解説のイラストでは、
 うつぶせの体勢の時に、「恥骨裏のゾーン(Gスポットあたり)」を刺激する時に、男性は膣内でどの様な指の形になるかを載せています。
 【解説イラスト】
 manzokunosusume_utsubuse_yubi.jpg
 
 「横向き」になると、女性の両脚が身体の前面で交差する(重なる)ようになるので膣を締めることになり、膣で快感を得る助けになります。
 女性が、脚をやや抱える姿勢になれば、膣奥まで指を挿入しやすくなるでしょう。

 解説のイラストでは、
 横向きの体勢の時に、恥骨裏の一帯、いわゆるGスポットのあたりを刺激する時に、男性は膣内でどの様な指の形になるかを載せています。
 manzokunosusume_yokomuki_yubi.jpg
 
 「座った姿勢」や「壁に背をもたれた姿勢」や「ヒザ立ちの姿勢」は、
 上半身の重さで内臓が下がってくるので膣奥までの距離が短くなりやすい体勢です。
 これらの体勢が腹筋に力が入れやすい女性には膣イキするのに効果的な体勢です。
 ですが、これらの体勢は潮を吹きやすい体勢のひとつです。
 膣イキより先に潮吹きを覚えてしまって、潮を吹きやすくなっている女性には、
 この体勢だと潮吹きの感覚が膣イキのジャマをすることがあります。
manzokunosusume_suwata_shsei_hizadachi_yubi.jpg
 
 「よつんばい」や「胸は床に着けまま、尻だけ浮かせた体勢」は、
 うつぶせと似ていて、「恥骨の裏のゾーン(Gスポットのあたり)」にあおむけとは違う快感を得られるほか、
 「膣奥のゾーン」を刺激しやすくなります。
 特に、直腸と膣を隔てた膣壁と子宮口(ポルチオ)の間(窪み)を刺激しやすくなります。
 しかし、この体勢だと身体に力が入れにくい女性も多くいます。
 力が入れにくい女性だと「気持ちは良いけどイケない」という状態になりやすい体勢でもあります。
 さらに、この体勢で、指で膣内を刺激していると、空気が膣内に入り込んで、膣内が膨れてしまうことがあります。
 こうなると多くの女性は快感を得にくくなります。
 さらには空気が入って膣が膨らむと、膣内が乾きやすくなる事もあり、そうなった場合は指との摩擦で女性に痛みが出ない様に注意が必要です。
manzokunosusume_shiridake_ukase.jpg


 さて、
 この様に体勢の違いで指の刺激の効果は大きく違ってきます。
 一つの体勢にこだわらず、より良い体勢を探してください。
 
 次の章では、膣内を刺激する時に注意したいことについて書いていきます。
 次の章へ【膣内を刺激する時に注意したいこと - 子宮後屈とバルーン現象への対応】
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

[ 2013/07/11 07:00 ] ⇒手マンで膣イキする方法 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。