膣イキしやすい体位について - 膣イキ(中イキ)しやすいには理由がある

◆医学的事実、人間心理、多くの女性の声と経験をもとに心と身体の満足がある、より良いセックスを求める女性とカップルのセックスの悩みや疑問を解消する参考になる記事を書いています◆「イケない」「不感症と言われる」「性交痛がある」など悩み解決の一助になります◆女性の自己開発の方法、膣イキ(中イキ)の方法、ポルチオの開発の方法などを紹介。『記事のカテゴリ』から関心のある記事へ◆ブログ内のすべては無断転載禁止
心と身体の満足するセックスのススメ TOP  >  ◆◆膣イキ(中イキ)するには◆◆  >  ⇒膣イキしやすい体位について >  膣イキしやすい体位について - 膣イキ(中イキ)しやすいには理由がある

膣イキしやすい体位について - 膣イキ(中イキ)しやすいには理由がある

 ◆膣イキしやすいとされる体位とその理由

 セックスの挿入体位の数々を、俗に「四十八手」とまとめて呼んだりします。
 その中のいくつかの体位は、女性に膣イキをさせやすいとされます。
 
 それら体位と理由とやり方を紹介します。

 膣イキしやすいとされる体位と良く知られているのは、『屈曲位』『寝バック』『騎乗位』『対面座位』『伸長位(伸展位)』『松葉くずし』『背面側位(横臥位)』です。
 
 manzokunosusume_ikiyasui_kukyokui.jpg
 『屈曲位』…正常位のバリエーション。折り曲げた女性の身体に男性が覆いかぶさるように挿入し、女性の脚を男性の肩に乗せる。
 manzokunosusume_ikiyasui_shikikomata.jpg
 『寝バック』…女性がうつぶせになり脚を伸ばした体勢で、男性は背後から挿入する。
 manzokunosusume_ikiyasui_kijyoui.jpg
 『騎乗位』…あおむけに寝た男性の上に女性がまたがり挿入する。
 manzokunosusume_ikiyasui_taimenzai.jpg
 『対面座位』…座った男性に抱き合うように女性はまたがり挿入する。
 manzokunosusume_ikiyasui_shigarami_A.jpg
 『伸長位(伸展位)』…脚を伸ばしてあおむけに寝た女性の身体に、男性はまたがるようにし、女性の脚の間から挿入する。
 manzokunosusume_matsuba_1.jpg
 『松葉くずし』…男女の脚が交差するように挿入する。
 manzokunosusume_sokui_1.jpg
 『背面側位(横臥位)』…男女は身体の側面が床に接するように寝て、男性が女性の背後から挿入する。

 これらの体位は、女性と相性が良ければ膣イキしやすいと考える事に私(筆者)も異論はありませんが、
 しかし、
 これらの体位のどれもが良いということではなく、
 どれが良いかは、その女性の体格によっても違い、男女の対格差によっても違い、
 男女の身体の柔らかさによっても違い、
 女性の膣の位置によっても違い、
 男女に腰痛があるかないかによっても違う、などなど、
 膣イキできるための体位はその男女によって違ってくることがあります。
 『松葉くずし』と『背面側位』は特に、この体勢が出来ない人や女性の好みがわかれやすい体位だと思われます。

 
 これらの体位は、膣イキをするための条件のいくつかをクリアしているので膣イキしやすくなっています。
 「膣口付近の快感を得やすい」、「力みやすい」、「女性が位置を調整しやすい」、
 などなどの条件のどれかをクリアしています。
 
 あらためて、膣内の快感と膣イキの仕組みについて説明しますが、
 膣内、特に膣奥や子宮口は、本来、ほとんど無感覚な部位です。
 ですから快感は得られない「はず」なのです。
 
 しかし、その無感覚な膣奥で快感を得て膣イキするには、
 膣奥の摩擦や振動を全身のどこかで受けて、それを女性の脳が「これは快感なんだ」として処理してくれなければなりません。
 他にも、膣からの振動が間接的にクリトリスに伝わって、「これは膣内からの快感だ」として脳が処理してくれなければなりません。
 そして、自分では制御する事のできない神経系が、膣イキ特有の絶頂感を起こしていきます。
 膣奥で起こる快感のほとんどは脳が作っています。
 膣奥の快感は脳が作り出し、膣イキは迷走神経などの神経が条件反射のように起こし、脳がそのイキ具合を味付けしている現象なのです。
 
 膣イキしやすいといわれる体位の多くは、
 クリトリスや膣口から快感を得やすいので、それが「膣内からの快感」として脳の処理をさせやすくなっています。
 そして、
 膣イキしやすい体位の多くは、イクために身体に力を入れやすいのです。
 
 女性が、「快感の調整がやりやすい」という利点がある『騎乗位』については、こちらの記事で解説しています。
 ⇒『騎乗位について』
 
 次の章では、『伸長位(伸展位)』の体位のやり方と膣イキしやすい理由についてを解説していきます。
 次の章へ【伸長位(伸展位)のやり方と膣イキしやすい理由について解説】
関連記事
 
ブログランキングに参加しています。クリックで投票
manzokuno_susume_blogRanking_banner.gif

 
↓ブログ管理人のツイッターへ飛びます
manzokunosusume_twitter_icon.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL

◆◆ 記事のカテゴリ ◆◆
 「+」「-」を押すと開閉します
◆ ブログ内検索フォーム ◆
過去の記事の検索ができます。